エックスサーバー/Xserver申込み方法(まを式アフィリ専用)

公開:2018/07/29 更新:2018/09/30

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

このページでは、エックスサーバーの申込み方法について解説しています。

ページを読み進める前に、「エックスサーバー・WADAXの徹底比較!あなたにベストな選択は?」の記事をよく読んで、あなたが「まを式アフィリ」を実践する際に、最適なサーバーはどちらかをしっかりと決断しておいてください。

・・・さて、準備はよろしいでしょうか。

では早速ですが、申込みを進めていきましょう!

「まを式アフィリ」専用:お申込み方法

まずは以下のリンクより、エックスサーバーのお申込みページをお開きください。

お申込みページを開いたら、画面右側にある「サーバー無料お試し 10日間」という部分にある「お申込みはこちら」をクリックしてください。

すると、お申込フォームという画面が開きます。

「お申込みフォーム」画面にて

エックスサーバーの利用には「会員ID」が必要なので、

  1. 会員IDを持っていない方は「新規お申込み 10日間お試し」をクリック
  2. 会員IDを持っている方は「ログイン」をクリック

このいずれか該当する方をクリックしてください。

まあ、当然ながら初心者の方は、会員IDをお持ちではないと思いますので、「新規お申込み 10日間お試し」をクリックして次に進みましょう。

※会員IDを持っている方は、すでに色々ご存知だと思いますが、ログインしてサービスの追加お申込みにて対応すればOKです。

「お申込みフォーム」①お客様情報の入力画面にて

  • サーバーID(初期ドメイン)

半角英数字(3文字以上12文字以内)でご自分の自由に設定しましょう。まずは適当に入力してみてください。他にその文字列が使われていなければ、「●●●は申し込むことが可能です!!」と表示されます。

  • プラン

一番安い「X10」で必要十分です。1年払いなら月額1000円、3年払いならば月額900円と料金的にもかなりお得ですが、エックスサーバーの標準的なサービスは全て受けることが可能です。このX10プランでもマルチドメインや無料SSLなどにも対応しているため超お得です。

  • 会員情報

あなたの個人情報です。法人でお申込みされる場合は登録区分で法人を選び、法人情報を入力しましょう。ただ、ほとんどの方は個人名義で契約すると思います。個人名義で契約する場合は登録区分で個人を選び、個人情報を入力していきましょう。

  • 規約等

「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意する にレ点を入れて「お申込み内容の確認」をクリックし、次の画面に移動しましょう。

「お申込みフォーム」②入力内容の確認画面にて

入力した内容に全て目を通し、間違いないようでしたら、ページ最下段に表示されている「お申込みをする」をクリックしましょう。

すると、申込の際に入力したメールアドレス宛てに「サーバーアカウント設定完了メール」が送信されます。(最大24時間以内)

この「サーバーアカウント設定完了メール」が届けば、お試し期間がスタートとなりサーバー自体は利用できますが、このままだと契約は完了していません。

すぐにお支払いを済ませ、独自ドメインを取得してしまいましょう。

※今後「まを式アフィリ」で独自ドメインでの運用をするため、「お試し期間」でのテスト運用はムダです。すぐに本契約を済ませて「独自ドメイン」を取得し、「まを式アフィリ」のノウハウを勧めていくのがベストです。

※お試し期間では「独自ドメイン」での運用ができません。このお試し期間中に色々な設定をしてしまうと、後でムダな作業が増えてしまいます。

※独自ドメインを取る際の注意事項については、初めてでも簡単!「WADAXサーバー」への申し込み方法 の記事内で解説しています。どんな独自ドメインしていいか迷ったら、この記事を参考にして取得されてください。

分からないことは迷わずサポートへ!ネット検索も便利!

マニュアルを見ながら、本契約からサーバー設定までを行っていきます。

時間をかけながら着実に設定を進めていけば、サーバー設定からサイトのアップまでは、比較的スムーズに進むはずです。

ただ、分からないことがあったら、サポートに問い合わせを行いましょう。エックスサーバーのサポートは親切・丁寧なので、困ったら迷わずにサポートを使うことが大事です。(特に初心者は重宝します)

ちなみに、エックスサーバーは利用者がダントツに多いので、自分がつまずいたキーワードでネット検索を行えば、その症状の解決策が色々とヒットします。

こうしたスキルを身につけておくと、今後のネットビジネスには大きな戦力になりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ