儲かるホームページのアクセス数は?その目安と具体的なポイント

公開日:2020/07/22

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

自分のホームページにおける「アクセス数の目安」って、あなたは熟知されていますか?

質問者のイメージ画像 「アクセス数の目安?」

そう。まあ、これってジャンルによっても、ビジネスの手法によっても変わるものですが、自身のサイトで大きな収益を実現させるための「アクセス数の目安」や、それに関連した数値的な重要データの把握は、ネットビジネス成功において重要ポイントとなります。

質問者のイメージ画像 「ヤバい。言ってる意味が全然分からない。」

確かに、今回解説する内容って、ちょっとだけ難しいかもしれません。

でも、もし「あなた」が今後ネットビジネスで大きな成功を狙っているのなら、これら数値を把握して活用するのは超重要です。・・・だって、「収益のケタを変える」ことにも繋がってきますからね!

そこで今回は、アフィリエイトなどのネットビジネスで大きな成功を達成するために知っておかなければならない「ホームページのアクセス数目安」と、それに関連する重要なデータの活用方法について、詳しく解説しようと思います。

ホームページのアクセス数、そしてその目安とは?

今回も詳しく解説します!

まず最初に。

あなたが今やっているネットビジネスが何であったとしても、アクセス数に対する購入率などの数値を出し、その数値を細かくデータ化しておくことは物凄く大事なことです。

できれば、購入率だけでなく、ホームページの直帰率や滞在率、そして滞在時間や新規ユーザーの比率などの様々な数値を出しておきましょう。

特に、キラーページ(購入の要となっているページ)は、どこでどうユーザーが離脱しているのかを確認して、改善ポイントを“あぶり出す”ことが非常に重要。

これらの数値を改善していくことで、あなたのホームページにおける「様々なポイント」ごとの重要データを知ることができますからね。

購入率を把握しよう!

質問者のイメージ画像 「よくわからないから、もう少し詳しく教えて。」

じゃあ、上記で書いた「購入率」について、もう少し細かく説明しましょうか。

・・・といっても、実は購入率ってそんなに難しく考える必要はなく、本当に「そのまま」の意味で考えていただければOK。

購入率って単純に、あなたのホームページに訪問した客(ユーザー)の何割が購入に至ったかの確率を指している数値なんです。

・・・で、この購入率データの活用方法ですが、これも簡単。

例を挙げると、単純に200アクセスで1件の購入率を持つホームページで、SEO経由にて1日200アクセスを獲得しているとすれば、「1日に1件の購入」が得られていることになります。

そして、これを月に換算すると・・・「月に30件の購入」が発生しているという計算ですね。

1件あたり2万円の商品であれば、30件×2万円で、月当たり60万円の売上

そして、この売上から固定費を差し引くことで、純利益が分かるんです。たとえば、固定費が月に20万円かかっている場合、純利益は「40万円」という感じです。

質問者のイメージ画像 「そういうことか!単純だね。」

ねっ?凄く簡単でしょ?こうやっていろいろな数値データを把握するんですよ。

・・・でも、これで終わりじゃありません。ここからがもっと重要。

実は、ここで挙げた数値データを活用することで、さらにビジネスを大きく発展させることができるんです。

細かい数値が把握できれば大きなビジネス展開も可能

質問者のイメージ画像 「ビジネスを大きく発展させる?」

そう。たとえば先ほどの例なら、すでに200アクセスで1件という購入率のサイトを持っており、現状はSEOだけで月30件の成約を得ているワケです。

でも、アクセスが増えれば、もっと収益を大きく出来ると思いませんか?

そこで考えるのが、すぐに結果が出る「広告出稿」という手段です。

質問者のイメージ画像 「広告出稿か。」

はい。PPC広告・ツイッター広告・FaceBook広告など、ネットには様々な広告手段がありますので、広告を最適化して、クリック単価30円で1日2000アクセスを集めたなら・・・

  • 広告費:2000アクセス×30円=6万円
  • 売上:2000アクセス÷200=10件・10件×2万円=20万円

売上20万円に対して広告費が6万円なので、単純計算だと1日あたり14万円の利益が期待できるってことです。

1か月だと420万円という高額収益!

・・・お分かりでしょうか。自分のサイトの購入率を知って、関連データを把握し、それを元にビジネス展開をすれば、こうした大きなビジネスも狙えるんですよ。

その他ポイントとなる重要な数値は?

なお、ポイントとなる数値は、購入率だけじゃありません。

ホームページの直帰率が高ければ、それだけ見込み客を逃しているという意味。

だからこそ、ユーザーの悩みに対して「メリットが明確に伝わる」ホームページ構成にすることで、その直帰率を大幅に改善することができます。

直帰率が改善すれば、それだけ購入率も上昇しますので、さらに収益は上がりますよね!

また、滞在時間が少ないのであれば、もっとコンテンツの魅力をユーザーにPRできる構成に改良しましょう。

こうなると、さらに購入率が上がり、超効率的にお金が儲かるようになります。

効率が高い仕組みを作り、トライアンドエラーで改善

ここで大事なことを言っておきますが、ホームページにおけるアクセス数の目安って、ジャンルごとに平均となる数値なんてありません。

本当にやり方次第で全然変わりますから、ハッキリ言えば「アクセス数の平均」を考えること自体、あまり意味がないんですよ。

だって、ここまで解説した手法でホームページの最適化を図れば、1日たった100アクセスのホームページでも、月50万円ぐらいの収益なら十分狙えますからね!

・・・といっても、これはやり方次第。ビジネス手法によっても、参入するジャンルによっても、収益は全然変わってきます。

悩みが深くないジャンルだったり、客単価が低いジャンルだったりすると、月10万円程度しか狙えないこともありますし。

質問者のイメージ画像 「何だか、本当に色々だね。」

・・・ねっ?収益って本当に「やり方次第」なんですよ。難易度も違いますしね。

ただ、大事なのは、ユーザーニーズを理解した上で、ちゃんと収益率が高い仕組みを構築することです。

そして、様々な数値的なデータを出し、改善するための対策を行いましょう。

効率が高い仕組みを作り、トライアンドエラーで改善していくことこそが、ホームページのアクセス数が少なくても、大きな収益を狙える最大のポイントとなりますからね!

集めたアクセスを「効率よく収益化」することが大事

なお、大事なことですが、アクセスを集める手法についてもポイントがあります。

これはジャンルによっても違いますが、ハッキリ言って集められるアクセス数には限界があるんです。

ただし、クエリを増やしたり、大きなジャンルでコンテンツを書いたりして、ユーザー層を広げる対策を行えば、アクセス数の分母は大きくなっていきます。

また、広告やSNSを使うこと、そしてファンを増やして指名検索を勝ち取るような施策を行うことで、さらに安定して大きなアクセスを狙うことができるんです。

質問者のイメージ画像 「色々と“やり方”があるね!」

そうですね。アクセスの集め方は色々とあります。

でも、肝心なのは集めたアクセスを効率よく収益化することです。

今回説明したように、ホームページのアクセス数、そして目標達成のための「目安的な数値」をしっかりと把握して、それを“最大限に活用”することで、大きな成功を勝ち取っていきましょうね!

私の手法は、このブログの講座で完全公開中!

さて、今回はホームページのアクセス数と、その数値を元に「効率的な収益化」を行うための重要ポイントを具体的に解説させていただきました。

私は計画的にビジネスを組み立てて、手順通りに実践し、そこで出た問題を数値化して考え、トライアンドエラーで「稼ぐ仕組み」を整えています。

聞くと難しいように感じるかもしれませんが、手順通りにやれば凄く簡単!

質問者のイメージ画像 「私のその方法を知りたい!」

ぜひ知ってください。私がやっている方法は、このブログの講座で完全公開していますからね!

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

あなたもこの「まを式アフィリ」を使って、毎月100万超えのアフィリエイトを実現させてみませんか?

ネットの世界には夢があります。だって、「やり方」次第で大きな収益を狙えるんですから。

ぜひ、ホームページのアクセス数に依存しない「本物の稼ぎ方」を学んで、あなたも私以上の収入を実現されてください。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ