コピーライティングの基礎と基本(第2回)

公開:2016/11/08 更新:2017/04/03

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

※この記事は「初心者がネットで稼ぐために(第1回)」からの続きです。

さあ、ライティング講座の第2回目を始めます。

2回目の今回は「コピーライティングの基礎と基本」について、細かく解説していこうと思います。

質問者のイメージ画像 「基礎か。・・・ショートカットしちゃダメ?」

基礎を「おろそか」にする人は、成功できませんよ。全てに大きな意味がありますので、ぜひポイントを見逃さずにお読みください。

こういった初歩的なポイントをしっかりと学べる人は、後々大きな成功を掴めますからね。

勉強でもビジネスでも同じ。ベースが強固ならば軸がブレず「成功まで真っすぐ突き進む」ことができるんです。

質問者のイメージ画像 「基礎や基本って大事なんだね。」

やっと理解していただけましたか!では、本題に移っていきましょう。

コピーライティングが持つ力とは?

WEBビジネスの最大のメリットは、個人が資本をかけずに作り上げた小さなメディア(サイトやメルマガなど)が、大きな収益を生み出す可能性があるということです。

小さな個人が大企業のサイトと勝負できるのも「WEB環境特有のメリット」ですからね。

質問者のイメージ画像「個人が大企業と勝負できるの?」

もちろん。・・・と言っても、ただ闇雲にサイトやメルマガなどを作り出すだけでは、当然ながら全く勝負になりません。

ターゲットユーザーを明確にし、ユーザーが心から欲している商品やサービスを、ユーザーが望む形にプロモーションして、期待とともに申込みなどのアクションを引き起こさせるという「仕組み」を、ネット上に再現しなければならないのです。

その仕組みを作る上で、大きなアドバンテージとなるのが「ライティングスキル」です。

ユーザーを収益ポイントまで誘導し、アクションを引き起こさせてしまう「魔法のようなライティングスキル」を会得できれば、あらゆるWEB媒体で活用することができます。

文章を書く・構成を作るというのは、WEBビジネスにおける基本ですが、この基本的なスキルを追求した先に「莫大な収益を生み出すセールスライティング」があるんです。

難易度は高めだが、やる気さえあればできる

質問者のイメージ画像 「何だか凄く難しそう・・・。」

そうですね。コピーライティングとは、ターゲットユーザーの心を引きつけて、最終的にユーザーにアクション(購買や申込み)を引き起こさせるための手法ですから、やはり簡単ではありません。

ただ、時間をかけてコツコツと学ぶ気持ちさえあれば、スキルは身に付いていくと思いますよ。

しかしながら、もしここで「自分には無理!」と思った方も、ご心配なく。ビジネスの目的は収益を上げること。その目的は別の形で実現させれば問題ありませんからね。

質問者のイメージ画像「どういうこと?」

実は、このブログでは初心者がゼロから月100万円を稼ぐための「まを式アフィリ」を完全公開しているんです。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

この講座をご覧になっていただき、大きな収益を短期間で実現させていただければ、コピーライティングのスキルを会得せずとも「大きな収益を得る」という目的は達成できます。

ですから、本気でスキルを身につける「気持ち」を持たない方は、この先を読み進めるのではなく「まを式アフィリ講座」を見ていただき、もっと楽に稼ぐという選択をされた方がいいと思います。

「まを式アフィリ」を成功させた後に、改めて今回の講座をじっくりと読み進めていただいてもいいですしね。

トライ&エラーを繰り返す「しつこさ」こそが最大のポイント

さて、ここから「さらに先」を読み進める・・・ということは、あなたは難易度が高いスキルを本気で身につけたいという方ですね。

正直な話、ライティングノウハウは、今すぐにマスターできるというものではありません。トライ&エラーで「自分の型・パターン」を作り出していくことが、最大のポイントとなります。

質問者のイメージ画像 「それって私にできるかな?」

もちろん、それはあなた次第ですが、要は「やる気」を持っていて、トライ&エラーを繰り返すことができる「しつこさ」を持っていれば、問題ないと思います。

質問者のイメージ画像 「しつこさは・・・あると思う!」

それは素晴らしいですね!じゃあ、そんなあなたのために、次回は「圧倒的に心をつかむ究極のセールスレターの書き方」を解説します。

セールスレターは、ライティングスキルを集約させた「お手本」のようなものです。次回記事では「私の書き方」についても、かなり具体的に解説させていただきますので、ぜひご期待くださいね!

では次回の記事でお待ちしています。

矢印 圧倒的に心をつかむ「究極のセールスレター」の書き方(完全保存版)へ

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ