ネット買取り系のアフィリエイトで大きく稼ぐ方法とは?

最終更新日:2019/10/25

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

最近は「ネット買取」のサービスが一般的になりましたね。

なお、「ネット買取」と言っても、そのサービスは多岐に渡り、ゲームに特化した買取り、貴金属やブランド買取りなどなど、様々なサービスが展開されています。

質問者のイメージ画像 「ネット買取のアフィリエイトって稼げるの?」

・・・実は、これがかなり稼げるんですよ!

アフィリエイトには様々なジャンルがありますが、私的には「ネット買取」のジャンルはかなりおススメな市場なんです。

そこで今回は「ネット買取系のアフィリエイトで大きく稼ぐためのポイント」について、詳しく解説しようと思います。

ネット買取アフィリエイトは儲かるか?

以前は、ネット買取自体の信用度に不安がありましたので、店頭買取を行っている実店舗に多くの人が足を運んでいました。

しかし、最近は企業努力が実ってきたのか、ネット買取が一般的に認知され、利用者がかなり増えています。

特に、ここ数年を見ると、大手会社も続々と参入しておりますので、今後はさらに普及が進んでいくように思います。

質問者のイメージ画像 「ネット買取ってメリットあるの?」

ハッキリ言えば、店舗買取よりもネット買取の方が、メリットは断然多いと思います。

以下にユーザー目線からの「ネット買取のメリット・デメリット」をまとめてみましたので、ちょっと見てください。

まをのアバター画像 ネット買取のメリットは?

  • 経費がかからない分だけ買取り金額が高額になりやすい!
  • 人と接する必要がないから気軽に申し込める!
  • キャンセルも気を使わずにできる!

mawo-mini-03 ネット買取のデメリットは?

  • 申込みから入金まで1週間程度は必要・・・
  • ちょっと手間がかかる・・・

メリットが大きいからこそ使われている!

質問者のイメージ画像 「もう少しメリット・デメリットを詳しく知りたい!」

わかりました。ではもう少し詳しく説明していきましょう。

まずはメリットの説明から。

要するに、実店舗が不要なネット買取なら、経費がかからない分だけ査定金額が高額になりやすいんですよ。(もちろん優良店ならですが)

しかも、店頭買取は人と接する必要がありますが、ネット買取は人と接する必要がないので、気軽に申し込むことができます。

また、仮に査定金額が気に入らない場合は、当然ながら無料でキャンセルすることもできますから、かなりメリットが多いんです。

次にデメリットですが、申込みから入金までには早くても1週間程度はかかってしまいますので、その場ですぐお金が欲しいという事情がある人には不向きです。

また、店舗買取よりも手間がかかりますので、面倒に思う人がいることも事実です。

しかしながら、これらメリット・デメリットを合わせて考えても、メリットの方が大きいので、ネット買取を使う人が多くなっているんだと思います。

実際に使ってみると「かなり使いやすい」

わかりやすく言えば「人に気を使わずに申し込めて、しかも店舗よりも高く買い取ってくれるなら、ネット買取を選ぶでしょう!」ってことですね。

質問者のイメージ画像 「うん。私も使ってみたい!」

そうでしょう。あなたのように「使ってみたい!」と考える方が増えていることもあり、ネット買取の市場は需要が高まっているんです。

その証拠に、ここ最近はアフィリエイトのASPで案件を検索してみると、様々なジャンルのネット買取案件がヒットするようになりました。

しかも、私の手持ちサイトにおいても、少し前からネット買取案件の売上が伸びてきているという事実があります。

そういう背景もあって、私はネット買取というサービス自体に大きな興味を持ち、今後のアフィリ活動のためにも「ネット買取」サービスを詳しく知りたいと考えました。

そこで私は、自分の手持ちサイトで収益が上がっているネット買取案件の中で、今一番稼げている「2案件」について、実際に申込んでみることにしました。

質問者のイメージ画像 「そうなんだ!実際使ってみてどうだったの?」

私が実際に使ったのは、某有名ゲーム専門買取サービスと、大手企業の買取サービスでしたが、実際に申し込んでみると「かなり使いやすい」と思いました。

両社ともに、申込みから査定、査定結果の報告、入金までが非常にスムーズでしたからね。

ネット買取の流れは?

質問者のイメージ画像「実際どういう流れで買取りされるの?」

例えば、某有名ゲーム専門買取サービスの場合は、ネットから申し込むと、2日ほどで梱包材と段ボールが送られてきました。

そこに売却希望の商品を入れて、用紙に記入して送ると、やはり2、3日という早い段階で査定結果がメールで届きました。

査定の基準価格はサイト上で公開されていたので大体はわかっていましたが、やはり実店舗よりも査定価格は高額だと思います。

ただ、私自身「億万長者」になってからは、こういった買取サービスを使ったことがありませんでしたので、正直言って最近の買取り事情には「うとい」です。

しかし、実際に使ってみた感覚としては、やはり実店舗で買い取ってもらうよりも、査定額が高額になっているのは間違いないと思いますよ。

さらに言えば、人と接しないネットなら気を使わずに済むので、精神的にも楽だと思いますし。

ほら・・・何となく売りにくいジャンル(大人向け)の商品だって、対面でなければ気軽に売れるじゃないですか。

質問者のイメージ画像 「・・・あっち系の商品ね。」

そういうことです。(笑)

最近は様々な買取サービスがありますが、信頼性が高い大手企業などが行っているネット買取は、今後需要が大きくなってきそうです。

ですから、私たちアフィリエイターとしては、このネット買取系のアフィリエイトでの展開も大きなポイントとして考えてみるといいでしょう。

ネット買取アフィリエイトで稼ぐ方法とは?

質問者のイメージ画像 「で、ネット買取系のアフィリは実際にどう稼げばいい?」

一番楽に稼げるポイントを考えると、やはりある程度の大手や有名サービスの商標キーワードをメインに狙った仕組みを構築することでしょうか。

例えば、以前に私は、ある大手有名買取サービスの案件で、商標キーワードでサイト構成を整えることにより、かなり大きな収益を上げていました。

質問者のイメージ画像 「えっ?それってどういう案件?」

それはちょっと事情があって秘密ですが、かなり大手ですよ。

当時は月に20万円~30万円は楽に稼げていました。・・・といっても、1年ほどでそのアフィリエイト案件が終了してしまったので、今はその案件での収益はありません。

ただ、商標に狙いを定めて仕組みを構築すると、比較的イージーに収益が出るサイトが完成すると思います。

なお、買い取りのジャンルを考え「検索ユーザー」の行動を読めば、商標を狙う手法よりもさらに収益性の高いサイトを構築することができますが、これはかなり難易度が高いので、初心者向けではありません。

収益を狙うために注視するポイント

ネット買取り案件は、1件でかなり大きな報酬が期待できますし、リピート率も高めですから、しっかりと売れるサイト構成を構築してしまえば、安定的な収益が狙えます。

しかも、稼ぐ仕組みさえ整えてしまえば、アフィリエイトというビジネスの性質上、ほぼ放置が可能です。

なお、私がアフィリエイトサイトを完全放置で稼いでいる「不労所得化」のノウハウについては、以下記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

なお、ネット買取り案件のアフィリエイトで注意すべきポイントは、却下率です。

案件によっては「承認率10%」なんていう極悪案件も存在します。

逆に高承認率の案件もありますので、ぜひ注視しておいてくださいね。

「まを式アフィリ」をしっかりと身につけることが重要

ネット買取のアフィリエイトでは、力を入れて行ってみると、意外なほど大きな収益を得ることができます。

質問者のイメージ画像 「そんなに大きく稼げるの?」

もちろん「やり方次第」です。でも、報酬金額が高くて、成果が発生しやすいサービスですからね。

重点的に力を入れてもいいジャンルと言えるでしょう。

なお、自分で売れる仕組みを整える自身がない方、もしくはアフィリエイトで大きな収益を稼げていない方は、こうしたジャンルを自分で狙わずに、大きな成功を実現している人のノウハウを真似るようにしましょう。

質問者のイメージ画像 「その真似る相手はどう見つければいいの?」

目の前にいるじゃないですか。

自分で言うのは気が引けるんですが、私はネットで3億円以上稼ぎ出しただけではなく、今も安定的に毎月100万円以上の収益を出し続けている成功者の1人です。

そして、その私が毎月稼ぎ続けているアフィリエイト方法は、なんとこのブログで完全公開してしまっています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

この「まを式アフィリ」のノウハウを着実に実践されれば、今まで全く稼げていなかった人でも、大きな収益を狙うことが可能です。

ちなみに、「まを式アフィリ」は幅広いジャンルで大きな収益を稼げます。

しかも、非常にシンプル・簡単な手順で、月100万円を超える収益を上げることができるんです。

初心者でも非常にスムーズに実践できますので、まだ実践されていない方は、ぜひ講座をじっくりと進めていただき、大きな収益を狙ってみてくださいね。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ