ローン・キャッシング系アフィリエイトは稼げるのか?

最終更新日:2019/04/29

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

突然ですが、あなたは今現在「何らかのローン」をされていますか?

質問者のイメージ画像 「うん。自動車ローンが3年残っているよ。」

そうですか!自動車ローンは多くの人が活用されていますよね。

私も年収250万円のブラック企業に勤務していたサラリーマン時代には、安い中古車を5年ローンで購入していましたから。(汗)

質問者のイメージ画像 「・・・今は車のローンないの?」

はい。私は仮にもネットで3億円近い金額を稼いでいる身ですから、車はキャッシュで購入しています。

質問者のイメージ画像 「うっわ!金持ちはいいな~!」

・・・そうは言っても、あなたが思っているほど高額な車を買う訳ではありませんよ。(汗)

ネットビジネスで成功した当初は、気持ちが大きくなりすぎて高級車をバンバン買い替えていましたが、今は機能と使い勝手、そして趣味を総合して考えて、目的別に「自分の好みに合った車」を2~3台持つようにしているだけです。

質問者のイメージ画像 「・・・それが羨ましいって言ってるんだよ。」

確かにそうかもしれません。年収250万円時代の過去の私が「かつて夢見ていたこと」を、今の私は実現していますからね。

ローン・キャッシング案件は稼げるのか?

さて、ちょっと話題が逸れてしまいましたね。話を元に戻しましょう。

もうおわかりだと思いますが、今回は「ローン・キャッシング系」のアフィリエイトについて解説です。

質問者のイメージ画像 「ラッキー!前からローン案件は気になっていたんだ!」

じゃあ、ちょうどいいタイミングでしたね!

実はローン・キャッシング系のアフィリエイトは、率直に言うと「非常に成約が取れやすいジャンル」と言えます。

質問者のイメージ画像 「成約が取れやすい?・・・稼げるって言わないのが怪しいな。」

おっ!スルドイ指摘ですね。でも、そこは本文中で詳しく解説しますので大丈夫。

そして、その「成約が取れやすい」を「稼ぎやすい」に変えることもできますからご安心ください。

では今回は、この「ローン・キャッシング系の案件」の狙い方とポイントについて、詳しく解説しようと思います。

条件がゆるい案件の中には「お宝的な案件」もある!

質問者のイメージ画像 「ローン系の案件って、広告主が厳しいイメージがある。」

確かにローン系はアフィリエイト条件が厳しいですね。

でも、ジャンル的に、どうしても法規関係が大きくかかわってくるものですので、そこは仕方がありません。

中でも「大手企業のアフィリエイト案件」は特に条件面で制約が多くて狙いにくいですね。

しかし、逆に「中規模企業の案件」の中には条件面がゆるいものもあります。

そうしたアフィリエイト条件がゆるい案件の中には、意外に成約率が高くて「お宝的な案件」も存在するんですよ。

質問者のイメージ画像 「それが狙い目ってことか!」

そうですね。こうした案件を積極的に狙っていけば、チャンスが沢山あると見ていいでしょう。

また、ローン・キャッシング系の案件は報酬額が非常に高額です。

ですから広告単価を高くしてもリターンが大きいので、強気の攻めが可能になります。

質問者のイメージ画像 「要するに、広告費をいっぱい使って沢山稼ぐってことね。」

その通り。ただし、こうした強気の広告戦略は非常にリスキーですから、初心者は避けておきましょう。

ライバルが思いつかず、需要があるキーワードで稼ぐ

ちなみに、こうしたローン・キャッシング系の「リスティング条件なし案件」で、PPC広告を出す場合の話ですが、ひねりなく「商標」そのもので出稿すると、広告単価が非常に高騰しています。

広告単価が高騰しているということは、要するにライバルが多いため、競い合って広告単価が高騰しているということです。

質問者のイメージ画像 「人気ジャンルはライバルも強いってことかぁ。」

そういうことです。ローン・キャッシング系に限った話ではありませんが、こうした高額報酬の人気ジャンルの場合は、誰もが思いつくようなキーワードでPPC広告に出稿しようとしても、すでに広告単価が高騰しており、かなり厳しい状態ということが多いんです。

質問者のイメージ画像 「何か対策方法はないの?」

もちろんあります。簡単に言えば「ライバルが思いつかず、需要があるキーワード」を見つければいいんですよ。

質問者のイメージ画像 「えっ!そんなキーワードがあるの?」

はい。(笑)実際に商品やサービスに申し込もうと思っている人が「どんな状況でどんなことを考えているか?」という実際の場面を想定すれば、非常に需要がある「裏キーワード」が明確に見つかるんです。

実際に私は、そういう「裏キーワード」で主に集客して、月100万円を超える収益を上げることに成功しているんですから。

詳しくは「まを式アフィリ講座の実践編」を見ていただければと思いますが、この「裏キーワードでの集客方法」をマスターすると、非常にアフィリエイトで大きな収益を容易に上げられるようになります。

成果の承認率に注意!

このようにローン・キャッシング系の案件は「チャンスが潜むジャンル」ですが、1点だけ「注意しなければならないポイント」があります。

それは、「成果の承認率」が非常に悪い案件(広告主)が存在しているということです。

質問者のイメージ画像 「えっ!どういうこと?」

大手企業の広告主は、それほど承認率が悪くないのですが、中小規模企業の中に「極悪な承認率」でアフィリエイトを行っている広告主がいるんですよ。

私の実例ですが、20件以上成果を出したのに、承認がゼロという広告主がいました。

質問者のイメージ画像 「20件以上の成果が発生して承認がゼロ?・・・最悪じゃん!」

そうなんですよ。他にも承認率10%レベルの悪質広告主もいました。

ローンやキャッシングを利用するには審査があり、それを通過しないと非承認なのはわかりますが、ここまで承認率が悪いと、いくら高額報酬でもマイナス収支になってしまいますので、ここはシビアに見ておきたいポイントです。

承認率は数字として把握しておき、ダメ案件は早めに切る

私が被害を受けた「承認ゼロの案件」は女性向けキャッシング案件でしたが、学生向けローン案件でも10%以下の承認率のモノがありました。

こうした悪質な広告主を実践前に見つけることは難しいので、発生した成果はこまめにチェックして「承認率」がどれぐらいかを早めに把握しておきましょう。

質問者のイメージ画像 「でも、そういうのってアフィリエイターをバカにしてる!」

その通りだと思います。ローンジャンルという特性上、承認率がある程度下がることは仕方ありませんが、承認ゼロや承認率10%以下は「やりすぎ」ですからね。

でも誤解しないでください。そういった悪質な広告主は全体の中の「ほんの一部」ですから。

大多数の広告主はアフィリエイターをパートナーとして重宝してくれています。

それに悪質な広告主は「売ってくれるアフィリエイター」を自ら切り捨ててしまう行為を行っているのですから、いずれ全然売れなくなってアフィリエイト界から消えてしまいます。

ですから、余計な心配をするよりも「承認率は数字として把握しておき、ダメ案件は早めに切る」ということに注意すれば問題ないと思います。

※物販アフィリエイトの承認率(確定率)については、「物販アフィリエイトでの承認率(確定率)と対策」の記事で詳しく解説しています。

※高額報酬の案件で稼ぐためのポイントについては、「物販アフィリエイトでの高額報酬プログラムの稼ぎ方と注意点」をご参照ください。

まずは講座をご覧ください

なお、ローン・キャッシング系だけではなく、全てのジャンルで大きく稼げるアフィリエイト方法である「まを式アフィリ」を、このブログでは完全公開しています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

この「まを式アフィリ」は、初心者が月100万円を稼ぐためのアフィリエイト方法です。

そして当然ですが、法律やASPの規約の裏をかくような方法ではなく、正攻法で稼ぐノウハウです。

売上画像

※「まを式アフィリ」で稼いだ実績をご覧になりたい方は「稼いだ実績ページ」をご覧ください。

まずは講座をじっくりと読んで、行動に移していきましょう。

あなたの未来は「あなた自身」で変えることができます。

今日を「あなたの生まれ変わる第一歩」にして、お金がある人生を手に入れてみませんか?

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ