飲食・グルメ系アフィリエイトでガンガン稼ぐ方法とは?

最終更新日:2019/10/25

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

最近は、本当に便利な世の中になりましたよね!

だって、全国の有名な「おいしいもの・特産品」などを、ネットでお取り寄せすることができるんですから。

質問者のイメージ画像 「お取り寄せ通販か!私もよく使うよ。」

そうでしょうね。私もよく「季節の旬な食品や食材」をネットで探して、お取り寄せしています。

また、私の知人はお中元やお歳暮などのギフトを、ここ最近はネット経由で注文するようになったと言っていました。

ネット上で注文して、配送先も個別に指定することができる便利なサービスがあるので、わざわざ店舗に出向くよりも効率がいいんだそうです。

飲食・グルメ系で稼ぐためのポイントとは?

このように、最近は「ギフトや自分用」など、色々な用途でネット通販の飲食商品を買う人が多くなってきましたね。

・・・で、私たちアフィリエイターとしては、当然ながら「これら飲食・グルメ系の案件で大きく稼ぐことはできないか?」と考えるところです。

質問者のイメージ画像 「実際はどう?稼げるの?」

結論から言えば稼げますね。

ただし、当然ながら「やり方次第」「狙い方次第」ということになりますが。

ということで今回は、飲食・グルメ・お取り寄せ系のアフィリエイトで大きく稼ぐためのポイントについて、詳しく解説していきます。

飲食・グルメ系のアフィリエイトはポイントを押さえれば稼ぎやすい

飲食・グルメ・お取り寄せ系のネットショップは、非常に多く存在しています。

そして、実際に購入するユーザーも非常に多いので、飲食・グルメ系のアフィリエイトは稼ぎやすいと言えるでしょう。

お取り寄せが趣味になっている「ヘビーユーザー」も数多く存在していますからね。

ただし、いくら市場規模が大きく、稼ぎやすい市場でも、ポイントを押さえたアフィリエイト展開をしていかなければ、なかなか大きな収益に結び付けることができません。

質問者のイメージ画像 「ポイントを押さえることが難しいんだけどね。」

そうですね。飲食・グルメ系と「ひとくくり」で言っても、その中には色々なジャンルがあります。

そのため、それぞれ販売戦略も違ってきますからね。

それらのポイントを見極めた上で、上手にアフィリエイト展開をしていくことは、難しいと感じるかもしれません。

しかし、飲食・グルメ系の案件は、広告主のマーケティング手法によって「売れる案件・売れない案件」の差が大きく出るんです。

ここが「大きな攻略ポイント」になるんですよ。

質問者のイメージ画像「広告主のマーケティング手法?・・・どういうこと?」

では、ここをもう少し詳しく解説していきましょう。

「広告だとわからない形」でTV番組を使った広告を行っている商品

飲食・グルメ系の商品だけに言えることではないんですが、小売業では広告主のマーケティング手法によって「売れる案件・売れない案件」の差が大きく出るんです。

質問者のイメージ画像 「どんな案件が売れるの?」

広告宣伝を上手に使っているような「プロモーション戦略に長けた広告主の商品」は、ほぼ例外なく売れています。

特に、広告だとわからない形でTV番組を使った広告を行っている商品は、爆発的な売上を上げていることが多いです。

質問者のイメージ画像「広告だとわからない形って?」

例えば、芸能人がいかにも「自分が毎回買っていておススメですよ!的に商品を紹介するバラエティー番組」ってありますよね?

質問者のイメージ画像 「うん。それは私もよく目にする。」

もう知っている方も多いと思いますが、これって広告宣伝の一種なんですよ。

いかにも芸能人が個人的に使っているということにして、番組スポンサーの商品をTV番組内でPRしているんですね。

ああいう広告宣伝をすれば、やはりTVの影響力は強いので、紹介された商品はかなり売上が伸びるんです。

TV・雑誌などとネットを連動させて、大きなプロモーションを行っている広告主の商品などは、かなり狙い目ですので注目しておきましょう。

誰もが知っているような定番商品の有名商標に着目!

もう1つ、飲食・グルメ系のアフィリエイトでは「大きな着目ポイント」があります。

それは有名商標です。「○○といったらこれ!」という「誰もが知っているような定番商品の商標」に着目すれば、当然ながら安定的に売れてくれます。

質問者のイメージ画像 「それはわかりやすそうだね!」

そうですね。こういった有名商品は固定ファンが多いので、1年を通して安定的に売れてくれることも多く、狙い目と言えるでしょう。

ただ、仮にPPC広告を使ったプロモーションを考えているならば、有名商標の商品については「リスティング条件が厳しい」ことが多いので、トラブルを避けるためにもリスティング条件を忘れずに確認しましょうね。

・・・さて、ここまで飲食・グルメ系の案件で稼ぐための着目ポイントを2つ解説しましたが、ご理解いただけましたか?

質問者のイメージ画像 「うん。でも、それを実際にどう売ればいいの?」

これは「ユーザー目線」でコンテンツを構築していくしかありません。

たとえば、比較系のコンテンツを掲載したブログなど大きな収益を上げている例もありますし、レビュー系のコンテンツを作って成功している例もあります。

比較やレビューは王道ですが、飲食系商品に悩んでいるユーザーにとっては、ドンピシャな情報を構築できる方法なので、やり方次第で収益性が高い仕組みを作ることができます。

繰り返しますが、大事なのは「ユーザー目線」です。

検索ユーザーが求めている情報を入れ込んで、ユーザーを広告主のサイトまで誘導する仕組みを作り上げることができれば、収益性が高いサイトが完成します。

そこで集客するキーワードですが、関連性が深い目的キーワードと共に、先ほど言及した商標キーワードに着目してください。

商標キーワードは、「今すぐ客」(すぐに購入などのアクションを起こしやすい客)を集めることができるので、非常に売りやすいと言えますからね。

・・・どうでしょうか?具体的な稼ぎ方についてご理解いただけたでしょうか?

質問者のイメージ画像 「うん!すごくわかりやすかったよ!」

大きな収益を稼ぐアフィリエイト方法

さて、ここまで非常に細かく飲食・グルメ系のアフィリエイトの稼ぎ方を解説してきましたが、ここまでの情報を元に「自分の力」でコンテンツを作り上げる必要って、実はありません。

質問者のイメージ画像 「どういうこと?」

ビジネスの目標は、少しでも多くの収益を得ること。

その目標は、できるだけ簡単で最短距離であるべきなんです。

だからこそ、自分でゼロから稼ぐ仕組みを構築するのではなく、圧倒的に成功しているノウハウを真似て、自分もその収益を再現することが一番効率がいいんです。

素人がいくら色々な情報を集めて努力しようとも、強者がひしめくビジネスの世界では、大きな収益を得ることは至難の業ですからね。

質問者のイメージ画像 「でも、“真似る”って何をどうやればいいの?」

ご安心ください。このブログでは、ネットで3億円以上稼いだ実績を持つ私が、今リアルに稼いでいるアフィリエイト方法を、完全公開していますからね!

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

この「まを式アフィリ」は、1つのジャンルに特化したノウハウではなく、幅広いジャンルにて大きな収益を狙える方法となっています。

一般的にアフィリエイトでは、月100万円以上稼ぐ人間を「スーパーアフィリエイター」などと呼んでいますが、この手法ならば、その「スーパーアフィリエイター」という地位を短期間で目指すことが十分可能です!

そんなアフィリエイト方法が、今ならこのブログで完全公開されているんですよ。

非常にシンプル・簡単な方法ですので、ぜひ今すぐ実践されてくださいね!

季節商品やギフト系の商品の狙い方で大きく稼げる!

おっと!1つだけ「飲食・グルメ系のアフィリエイト」のことで言い忘れていたことがありました!

実はここまで解説してきたこと以外にも、大きな狙い目ポイントがあるんです。

それは「季節商品やギフト系の商品」に着目して仕組みを構築する方法。

質問者のイメージ画像 「お中元やお歳暮のこと?」

そうです。お中元やお歳暮は「ギフト商品」ですね。

その「ギフト商品」と共に、シーズンによって売上が上昇するような「季節商品」という2つが狙い目ポイントです。

これら時期的に爆発する可能性がある商品については、その時期になる2,3か月前から露出強化の対策をしておくことで、クッキー効果も手伝って、いざシーズンになると「バカ売れ」することが多々あるんですよ。

時期的な需要はかなり強力なので、こうした「イベント」を利用したアフィリエイトも考えると収益が伸びやすいかと思います。

やり方次第で大きな収益をたたき出すことが可能!

最後に。アフィリエイトでは「やり方次第」で、大きな収益をたたき出すことが可能です。

それらのヒントは、以下記事でも解説していますので、ぜひご参考にされてください。

アフィリエイトには様々なジャンルがありますが、「稼ぐノウハウ」を着実に実践していくことで、大きな収益を狙えます。

その「稼ぐノウハウ」は、このブログの「まを式アフィリ講座」の中で全て明かしていますので、まずは講座をじっくりとご覧いただき、月100万円以上を狙うスタートを切りましょう!

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ