アフィリエイトで物販系が情報商材系より稼ぎやすく成功しやすい理由とは

公開:2015/07/28 更新:2017/04/03

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

アフィリエイトをスタートする際には、「情報商材系」と「物販系」のどちらを行うべきか悩む方も多いと思います。

冒頭からいきなり結論を言ってしまうと、初心者や今稼げていない人ならば「物販系」を選択するのが無難だと思います。

質問者のイメージ画像 「それはどうして?」

「情報商材系」は難易度が高いからですよ。報酬額に釣られて選んでしまうと、大失敗してしまいます。

質問者のイメージ画像 「物販系のアフィリエイトは簡単なの?」

もちろん「やり方次第」です。でも、「稼ぐ方法」を知って正しい実践を行えば非常に稼ぎやすいと言えるでしょう。

物販系が稼ぎやすく成功しやすい理由

質問者のイメージ画像 「でも、もう少し詳しく話を聞きたいな。」

そうでしょうね。いきなり結論を聞かされても、まだ心の中では「情報商材アフィリエイト」に大きな魅力を感じているでしょうからね。

でも、私は「情報商材系がダメ」と言っているわけではないんです。

初心者や、今稼げていない人がいきなり参入するには、ハードルが高すぎると言っているんです。

逆に、物販系は難易度の割に「稼げる金額の期待値が大きい」です。

わかりやすく言えば、稼げるケタが情報商材系よりも1つ大きいレベルですから、月100万円の壁は、情報商材系と比較すると「かなり低い」と言えるでしょう。

質問者のイメージ画像 「えっ!物販系ってそんなに稼げるの?」

先ほども言いましたが、やり方次第です。でも、「稼ぐノウハウ」を身につけて、正しく実践すれば「かなり稼ぎやすい」というのは事実です。

要するに、物販アフィリエイトは、「稼ぎやすく・大きな金額を狙える」からこそ、ここまで大規模なビジネスに成長したということなんですよ。

中には「物販アフィリエイトは稼げない!」と言っている方もいますが、それは本当に稼いだ経験がないからだと断言できます。

そこで今回は「アフィリエイトで物販系が情報商材系より稼ぎやすい理由」と、アフィリエイター視点でのメリットとデメリットについて解説します。

消費者目線でのメリット・デメリットは?

まずは、それぞれの販売商品についての特徴やメリット・デメリットを消費者目線で細かく探求してみましょう。

1 情報商材系

特徴:何らかの目的についての成功法を売っている(商品は情報・ノウハウ)

メリット

  • 優良なノウハウを購入すれば再現性が高い
  • 成功難易度が高い分野での成功率を上げることができる
  • 情報によっては独占的な利益を得られる

デメリット

  • 総じて高額
  • 詐欺的な商材が多く訴訟問題になるケースも
  • 高額塾の販売手法が問題になっている

2 物販系

特徴:主にネットショップ系店舗での物販商品の販売。サービスやコンテンツの販売もあり。

メリット

  • 市販されている商品類が安価で購入できる可能性がある
  • 探して見つからない商品もネットなら見つかる
  • キャンペーン情報をいち早く知って、お得に入手することもできる

デメリット

  • 保証や不良品の際に迅速対応がされない
  • 一部の悪質業者による問題が懸念されている
  • サポート・サービスが実店舗よりも低いケースが多い

どうでしょうか?これらは実際に消費者が一般的に考えているメリット・デメリットです。

アフィリエイター目線でのメリット・デメリット

次に、アフィリエイター目線でメリット・デメリットについて考察してみましょう。

1 情報商材系

メリット

  • 報酬がかなり高額
  • ASP(インフォトップ)で活動するのにサイト審査がない
  • アフィリリンクを自由に張ることができる
  • 比較的活動制限が少ない

デメリット

  • 難易度が非常に高い
  • 業界自体の社会的信用度が低い
  • 売れるジャンルが限定されてしまう
  • 商品数がかなり少ない

2 物販系

メリット

  • 案件数が膨大な数
  • 稼げるケタが情報商材よりも一段上のレベル
  • 比較的難易度が低い(稼ぎやすい)
  • 安定継続している案件も多い
  • さまざまな手法で報酬が狙える

デメリット

  • 規約が非常に厳しい
  • サイト審査がある
  • アフィリリンクは審査通過サイトにしか張れない
  • 厳しい制限事項がある

これらはアフィリエイター目線で考えた、アフィリエイトを実践する上でのメリット・デメリットです。

情報商材アフィリエイトは難易度が非常に高い

さて、どうでしょうか?それぞれのアフィリエイトでメリット・デメリットが散見されますが、あなた的にはどちらに魅力を感じますか?

質問者のイメージ画像 「これを見ると物販アフィリが良さそうだね。」

そうですね。それが正解でしょう。情報商材アフィリエイトは上級者でも失敗例が多く、非常に難易度が高いアフィリエイトです。

詳しくは「インフォトップの情報商材アフィリエイトで成功する方法」の記事を見ていただければと思いますが、情報商材アフィリエイトで成果を出すには、まずは自分のサイトやメルマガなどの媒体でファンを作るなどの信用度を高めることが必須になります。

顧客を教育してファンになっていただければ、顧客がコンテンツに魅力を感じた時に、アフィリエイトリンクを経由して商品を購入してくれますが・・・非常に難しいんですよ。

また、情報商材アフィリエイトの難しさは、情報商材を購入しようとする人がアフィリエイトの仕組みを知っている人が多いということも一因しています。

物販系の商品を購入する人は、アフィリエイトという言葉自体を知らない層が多く含まれますが、これが情報商材の顧客層になると、アフィリエイトを知っている層が非常に多くなるんです。

アフィリエイトを知っている層は、なかなか「あなたのアフィリリンク」を経由して商品を買ってくれません。そこにメリットや理由がないと、行動を起こしてくれないんです。

物販アフィリエイトは非常に売りやすい

さて、ここで物販アフィリエイトに話を移しましょう。

物販系は、先ほど言ったようにアフィリエイトの言葉すら知らない層がほとんどですから非常に売りやすいんです。

また、健康食品のアフィリエイト案件などで言えば、ターゲットになる年齢層が高いので、シンプルな構成で誘導してあげると、非常に確率高く商品をあっさり購入してくれます。

年齢層が高い顧客は、大手メーカーなどの「商標が強い商品」などについては特に、ネット販売の仕組みについて不安視することなく購入に至るんです。

ですからTVCMなどでプロモーションした商品などは、ネットでうまく連動させてあげるだけで、非常に効率よく売れていくんですよ。

質問者のイメージ画像「それはいいこと聞いた!要チェックだね!」

※詳しくは「アフィリエイトで健康食品ジャンルがなぜ熱い?「初めて特集2」」の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

物販アフィリエイトは難易度が低く数がさばける

そして、物販アフィリエイトの大きなメリットとして挙げられるのが「案件数の多さ」でしょう。

さまざまなジャンルの数多くの案件があり、大手メーカーの信頼性のある商品も多数紹介することができます。

信用性がある商品を紹介できることは「かなりの強み」になります。「やり方次第」ですが、かなり購入率を高めることができるんです。

アフィリエイトで商品を売ることについては、物販系と情報商材系とでは、天と地ほどに難易度が違うんですよ。

質問者のイメージ画像 「でも、物販系は1個あたりの報酬が少ないイメージがある。」

確かに情報商材アフィリエイトと比較すれば、物販アフィリエイトは1つ当たりの報酬額が低めですが、難易度が低く数がさばけますので、結果的にはかなり儲かるんです。

例えば、以下の画像をご覧ください。

超高額な売上データ実例

これは私のバリューコマースでの売上のキャプチャ画像ですが、半年で「32793件」も売り上げています。

これほど多くの件数を獲得すると、月に100万円程度の報酬額なら簡単に実現することが可能です。

売上画像

私は、こういった仕組みを複数のASPで構築することで、非常に効率よく利益を上げることができているんです。

私がリアルタイムで稼いでいる方法とは

もし、あなたが今アフィリエイトでうまく稼げていないのならば、まずは物販アフィリに挑戦してみましょう。

もし、すでに物販アフィリエイトにチャレンジしているのに、成果が出ていないのならば、それは「やり方」が間違っているだけです。

だって、すでに見ていただいた通り、物販アフィリはかなり稼ぎやすく、大きな利益を上げやすいんですから。

質問者のイメージ画像 「物販アフィリって、どうやればいいの?」

ご安心ください。私は先ほど「稼いだ証拠画像」をお見せしましたが、あの売上を上げているアフィリエイト方法は、このブログで完全公開しています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

「まを式アフィリ」は、今私がリアルタイムで稼いでいるアフィリエイト方法です。

先ほどお出しした証拠画像の成果は、全て「まを式アフィリ」での成果なんです。

まずは、講座を見ていただき、そのノウハウの全てを身につけてください。そして、大きな収益を得るスーパーアフィリエイターになってくださいね。

ちなみに、物販アフィリエイトで稼ぐ方法については、以下記事でも解説していますので、ぜひご覧ください。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ