アフィリエイトに外注は必要か?「億を稼ぐ特集・2回目」

公開:2015/03/23 更新:2019/02/27

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

アフィリエイトで安定して稼いでくると、効率アップと利益アップのために、「外注」を使うことを考えます。

私も以前に外注を使った効率化を検討し、サイト量産をお願いするために業者に相談したことがありました。

しかし、結論を言うと私は外注化を見送りました。

「なぜ外注化をしなかったのか?」の理由とともに、今回は「外注化のメリットとデメリット」を詳しく解説します。

アフィリエイトの外注化は本当に必要?

アフィリエイトで稼ぎが増えてくると「効率化」を考え出すのが普通です。

「この作業は自分じゃなくてもできるな・・・。」と思うと、まず頭に浮かぶのが「外注化」だと思います。

単純作業を外注に任せて、自分しかできないマーケティングに専念する方が、収益が上がると考えるからです。

以前に私も「まを式アフィリ」の効率化を考えて「外注」を探しました。私の場合はサイト作成を完全に外注化できないか?と考えたんです。

そこで、知り合いのサイト作成業者に相談してみたんです。

サイトの作成を業者に頼むのは逆効果だった

しかし、色々と話し合った結果、やはり私が求める作業を実践してもらうことが非常に困難だとわかり、契約まで至りませんでした。

質問者のイメージ画像 「何でダメだったの?」

すごく単純なことでした。「まを式アフィリ」の場合、サイト作成にかかる時間は長くても5分です。

でも、外注さんにお願いすると、余計に時間がかかってしまうことが発覚したんです。

例えば、外注さんにサイト作成をお願いする場合、最初にどの案件で出すかをリスト化する必要があり、それをメールに添付して送らないといけません。

そして、せっかく完成させたとしても、結局私が納品時にサイトチェックをしないといけないため、自分でサイト作成した方が早くて確実だとわかったんです。

「まを式アフィリ」では外注化は必要なし

なお、リスティング広告の外注化という手も「まを式アフィリ」では必要ありません。

元々「まを式アフィリ」では広告を「ひな形」に入れ込む形で出稿します。この形にするのは効率もクリック率も高いからです。

しかも、広告を出した後の広告管理も非常に簡単ですから、自分自身で作業を進めていくのが一番儲かりますし、作業効率も高いんです。

「まを式アフィリ」では、究極に作業がシンプルになっているので、他人の手を借りると、逆に効率が悪くなるんです。

※広告の外注化については「アフィリエイトでPPCの外注化は必要?」の記事でも解説しています。

アフィリエイトの外注化は効果がない

「まを式アフィリ」ではアフィリエイトの外注化は一切不要ということが分かったと思います。

では、「まを式アフィリ」ではなく、他のアフィリエイト手法では、外注化で効率を上げることは可能だと思いますか?

質問者のイメージ画像 「それならいけるんじゃないの?」

いや。私はアフィリエイトの外注化については、やはり懐疑的な見方をしています。

実は私は以前、「まを式アフィリ」のサイトではなく、別の運営サイトで、SEOの代行やPPC広告の運用代行など、さまざまな形の外注を試したことがあるんです。

しかし、まったく成果を上げることができず、料金分以上に「大幅なマイナス収支」になってしまいました。

質問者のイメージ画像「本当に全くダメだったの?」

はい。完全なマイナス収支でした。しかもかなり大幅なマイナスに落ち込んでしまいました。

私が失敗から学んだのは、私のような末端のアフィリエイターは、効率を上げるための外注化では効果を得ることができないということです。

稼いでくると、どうしても効率を高めて利益率を上げたいと考えますが、今まで育て上げたアフィリエイトサイトは、あなた自身が運用してきたからこそ稼げているという事実を忘れないようにしましょう。

自分の作業効率を上げればいい

世の中には、外注業者がたくさんありますが、スキルが高い業者ばかりではありません。自分で運用した方がはるかに安全だと思います。

アフィリエイトで月100万円~200万円を稼ぐレベルなら、外注化なんて逆に効率が悪くなります。まずは「稼いで結果を出す」ことだけに集中しましょう。

そして稼ぐ金額が多くなってきたら、外注化を考えるよりも、自分が行う作業の効率を上げる方法を考えるのが、ベストな選択だと思います。

ではまた!アバター画像(笑った表情)

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちら!

矢印 「3億円稼いだノウハウ特集・目次」ページへ

矢印 「まをのアフィリ相談室・ノウハウ集」ページへ

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ