英語・英会話系のアフィリエイトは稼げるのか?詳しく解説

公開:2018/11/21

[学習系アフィリエイト特集]

  • follow us in feedly

※前回記事→高校受験・大学受験などのアフィリエイトは稼げるのか?

これまで2回に渡り、子供の学力アップ関連のアフィリエイトについて解説いたしましたので、今回は少し方向を変えて「英語」のアフィリエイトについて詳しく解説していこうと思います。

さて、あなたは英語勉強を「しっかり行った経験」がありますか?

質問者のイメージ画像 「うっ・・・学生時代苦手だったし。」

今の学生は英語が上手ですよ。特にハイレベルな高校の生徒は、卒業時にはペラペラになっていますからね。

英語系のアフィリエイトは稼げるのか?

2020年開催予定の東京オリンピックや2025年開催予定の大阪・関西万博に向けて、日本ではより「コミュニケーション力」に長けた英語を学ばせる教育に力を入れています。

今後はさらに「英語」に関連した商品やサービスが増加していく可能性がありますので、ネットビジネスでも期待されている分野なんですよ。

質問者のイメージ画像 「そうなんだ。」

ただ、昔から英語関連の商品やサービスって沢山ありましたよね?アフィリエイト案件を見ても、非常に多くのラインナップがありますし。

しかしながら、多くのアフィリエイターが行っているアフィリエイト方法では、ユーザーが求めているポイントから「ずれている」ため、収益が期待できないと思います。

質問者のイメージ画像 「えっ?どういうこと?」

ユーザーがどういう状況で、何を考えているのかを考えれば、その答えはハッキリしますよ。

英語関連商品のアフィリエイトでのターゲット層は?

・・・たとえば、英語を「本気で学びたい人」ってどういう人でしょうか?

質問者のイメージ画像 「う~ん。どうだろう?」

一般人であれば「海外勤務で最低限の英語を学ぶ必要性に迫られている」「会社で英語を学ぶ必要に迫られている」などがよくある理由ですね。

また学生であれば「英語教科で点数を伸ばしたい」とか、「受験に合格したい」という理由でしょう。

・・・まあ、他にも色々とあるかもしれませんが、多いのはこうした理由です。

この中で「学力の底上げ」や「受験対応」などで困っているケース・・・要するに学生の場合は、前回の記事で解説したように、学力アップ関連の教材や学習塾などを選択すると思います。

こうした面から考えると、英語関連商品のアフィリエイトでは、ターゲットを別の「何らかに特化させた部分」にした方が稼ぎやすいことが分かります。

本当に必要性に迫られている人をターゲットにする

私的にお勧めなのは、一般人をターゲットにすることでしょうか。

ただし、一般人のどの程度の人間が「本気で英語を学ぶ決意」をしているか・・・結局はここが重要なんです。

実は今、社会で英語能力が必要とされており、実際に会社に入ると英語能力が長けていないと仕事に差し支えがあるケースが多くなってきています。

こうした人は、やはり短期間で英語力を身につけたいと考えており、その必要性にも迫られているため、こういったターゲットユーザーに対してピンポイントでメリットがある英語教材をPRすることでアフィリエイトでは収益を得られやすいと思います。

こういう部分を間違えてピントがずれたアフィリエイトをしてしまうと、英語を学びたい人の心に全く響かないので、全然売れません。

要は、本当に必要性に迫られている人をターゲットにして、そこに対して圧倒的優位性がある商品をメインにしてアフィリエイトのプロモーションをかけると、かなり収益は得やすいと思います。

「まを式アフィリ」で大きな収益を狙うのが最もお勧めな方法

質問者のイメージ画像 「それって凄く難しくない?」

そうですね。これを完璧に仕上げるのは至難の業でしょう。しかも非常に時間はかかると思います。

だからこそ、私はもっと簡単でシンプルにアフィリエイトで成功する方法をあなたに選択して欲しいと思っているんです。

このブログでは、私が実際に今稼いでいるアフィリエイト方法を完全公開しています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

この「まを式アフィリ」であれば、初心者がゼロから短期間で大きな収益を狙うことが可能です。

あえて難しいことにチャレンジしなくても、アフィリエイトやビジネスの最終的な目標は「お金を稼ぐこと」ですから、その目標をシンプルに達成しませんか?

その答えは、今あなたの「目の前」にあるのですから。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ