一行のキャッチコピーで反応率5倍!人の目を引くセールスコピーの書き方

公開:2018/11/01

[マーケティング入門:特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

アフィリエイトやネットビジネスで一番活用できるスキルって何だと思いますか?

質問者のイメージ画像 「忍耐力・・・かな?」

おお!ある意味大正解かもしれませんが、今回私がお伝えしたい部分と大きく離れてしまいました。(笑)

当然ながら、メンタル的な部分では、トライ&エラーを繰り返すための忍耐力は必要かもしれません。

でも、もっと本質の部分・・・要するにアフィリエイトで100万、200万と大きな利益を獲得するために必要なスキルは何かということについて、あなたに質問したんですよ。

質問者のイメージ画像「何だろう?分からない。」

正解は「書く技術」です。サイトを構築するにも、広告文を書くにも、メルマガやステップメールを作るにも、全て「顧客の心に響く文章」を書いて、顧客を商品の申込部分へと誘導しなければなりません。

逆に言えば、この「書く技術」がなければ、安定して大きな利益を目指すことは難しいんですよ。

魅力的なキャッチコピーの書き方とは?

私は「圧倒的に心をつかむ「究極のセールスレター」の書き方(完全保存版)」の記事でも書きましたが、色々な方の商品プロモーションを請け負ったことがあります。

月商にして400万円~500万円という金額を達成したセールスレターも書いたこともありますので、書く技術に関してはある程度の自信は持っています。(笑)

質問者のイメージ画像 「私も爆益を狙いたい!」

書く技術は、そう簡単に身につくものではありませんが、やる気があるのでしたら、まずはセールスレターの書き方を学ぶ前に、キャッチコピーの作り方を知った方が効率いいかもしれませんね。

質問者のイメージ画像 「キャッチコピー?」

はい。キャッチコピーと聞くと、少し前ならば「そうだ京都に行こう」という有名なJR東海のキャッチコピーを思い出すかもしれませんね。

また、「i’m lovin’ it」というマクドナルドのキャッチコピーを連想する方も多いでしょう。

キャッチコピーは、文字のごとく「顧客のハートをキャッチするために掲載するコピー」であり、最も目立つ場所に掲載する「いわゆる全ての入口部分」となります。

だからこそ、そこで企業なり商品のPRに関わっていくように「明確なコンセプト」で意図的に作り上げないと、その後の収益に大きな差がついてしまうんです。

どう作れば目的を果たせるのか?

たとえば自社のダイエットサプリを売るサイトを作成するとしましょう。

このダイエットサプリはトマトから抽出した脂肪を燃やす成分を含有しており、口コミで有名コスメサイト1位に輝いた商品で、TVでも特集されています。(超適当です)

そして今、サイトを作って、このダイエットサプリを超魅力的に売り出そうとしており、そのサイトトップに入れるキャッチコピーを考えているとしましょう。

・・・さて、あなたなら、この商品のキャッチコピーをどう作りますか?

質問者のイメージ画像 「あなたの未来を変える逸品・・・とか!」

それじゃダメですね。サイト構成をいくら整えて作り上げても、キャッチコピーが原因となって顧客が流れてしまうでしょう。(キッパリ)

質問者のイメージ画像 「えっ!(怒)プロっぽくていいと思うんだけど何がダメなの?」

その「あなたの未来を変える逸品」というキャッチコピーを見て、サイトに最初に訪れたユーザーが、次の文章に大きな興味を持つでしょうか?

イメージでコピーを作るのは、マクドナルドや一部上場企業のように「ブランド」が浸透しており、そのブランドイメージを高めて自社商品の価値を高める場合においてのみ有効なんです。

何のブランドも力も持たない者が、ブランドイメージをキャッチコピーにしても全く意味がありません。

しかも自社ではなく、自社商品をPRする場合においてはこういったイメージ戦略でキャッチコピーを作るのではなく、商品の魅力をダイレクトに響かせる「直接型のキャッチコピー」を作った方がはるかに反応がいいんですよ。

質問者のイメージ画像 「そういうことか!」

サイトの目的をしっかり考えて作成しよう

キャッチコピーは「目的を達成するため」に入れ込むものです。

大企業やファッションブランド大手が、そのブランドイメージをアップせることが主目的であれば、イメージ戦略でキャッチコピーを作りますが、私たち小規模サイトの運営者であれば、商品の販売促進こそが目的となります。

メルアドなどのリスト取得が主目的というWEBサイトのキャッチコピーだって目的は同じ。

要は、私たちのような個人レベルのサイト運営者にとっての正解は、キャッチコピーで1円でも多く売り上げを大きくすることなんです。

その意味で先ほどのダイエットサプリのキャッチコピーを作れば、「TVで話題!激やせトマト成分で脂肪にサヨナラ!」など顧客が惹きこまれるような文章にして、次のサブキャッチとセールス文章につなげるのがベストだと思います。

ちなみに、先ほどのキャッチコピーであれば、その下にビフォア・アフターの画像とともに、愛用者の声を掲載し、さらにはサブキャッチで「○○コスメサイトで口コミ1位!驚きの声続出!」などと「あおり」を入れて、ダイエットに悩む層に大きくPRするといいでしょう。

これは私の得意技のセールスパターンなんですが、このパターンで私は驚くほど大きな収益を上げています。

ただし、これをそのままモノマネしてもうまくはいかないと思います。

ここに人間心理を応用するセールステクニックを入れ込んで、視点が止まるポイントでセールスコピーをうまく入れ込んでいき、サイトが表示された最初に移りこむ部分に重要要素が入り込む構成を考えれば、相当いい反応を示すランディングページが完成すると思います。

質問者のイメージ画像 「超難しそうじゃん。」

高い完成度を求めればこうしたことは完璧に入れ込んで作り上げる必要があります。難易度は高いかもしれませんが、キャッチコピーの作りは覚えておくといいですよ。

単純にブログの題名でも、ツイッターの書き出しでも、「目を止めてもらえるセールスコピーの作り方」を身につければ、それだけで売上は想像以上に伸びますからね。

しっかりと理解してビジネスにつなげよう!

今回はキャッチコピーに絞って解説しましたが、ここはしっかりとマスターしておくと、ビジネスで圧倒的なアドバンテージを得ることができます。

ネットビジネスでもリアルビジネスでも、ライティングの技術は、ずっと使えますからね!

なお、こういった難易度が高い手法をマスターしなくても、毎月100万円稼ぐアフィリエイト方法が知りたいのなら、私の「まを式アフィリ」を実践されてください。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

この「まを式アフィリ」は、私が毎月100万円以上をコンスタントに稼ぎ続けている方法です。(もちろん今も)

今なら完全公開中ですので、まずは講座を見て学んでみてください。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ