ブログのアクセスが伸びない原因とは?SEO的重要ポイント

公開日:2020/08/05

[「グーグル対策・SEO」特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

ブログのアクセスが伸びない原因について、あなたは知りたくありませんか?

質問者のイメージ画像 「知りたい!実はアクセス伸びなくて困ってたんだよ。」

ああ、「全然アクセスが増えていかない」・・・これはブログビジネスをやっていると頻繁に出くわす「あるある」ですよね!

特に、歴史も力も弱いブログは、グーグルのアップデートに被弾して、簡単にアクセスが吹っ飛びますし。

・・・でも、実は正しい道筋でブログを作っていると、「アクセスが全部吹っ飛んでオワッタ・・」なんてことは起きません。

一生懸命頑張っているのに、「ブログのアクセスが伸びない」というケースは、何らかの問題が隠れていることが多いんですよ。

ブログのアクセスが伸びない原因とは?

今回も詳しく解説します!

昔はグーグルのアルゴリズムも不安定な要素が多く、問題が見られないようなサイトにペナルティを課したケースを、よく耳にしましたね。

ただ、システムの精度が格段にアップした現在においても、そういった「誤爆でのペナルティ」が引き起る・・・なんて怖い噂が、今も話題に上ります。

質問者のイメージ画像 「それはよく聞く!本当なら怖いよね。」

大丈夫です。これは信ぴょう性の低いフェイクニュースの類。実際に今、そうしたケースは「ほとんどない」と考えても差支えないと思います。

今のグーグルの技術は、過去よりも格段にレベルアップしており、検索ユーザーが望む検索結果を表示させることが、私たちが想像する以上の高精度で実現されていますからね。

あなたのコンテンツは本当にユーザーにとって有意義なのか?

質問者のイメージ画像 「でも、今もペナルティみたいなことが起こるじゃん。」

ああ。確かに今も多くの人は、頑張っても自分のブログのアクセスが伸びなかったり、アップデートを機に激減したりして、苦しんでいるようですね。

しかしながら、これらには冒頭でもお伝えしたように、「何らかの問題」が隠れていることが多いんですよ。

質問者のイメージ画像 「何らかの問題?」

ええ。もしかすると「あなた」は「自分がこんなに頑張っていいコンテンツを作ったのに!」という考え方を念頭に持って、検索順位に反映されない自分のコンテンツを擁護(ようご)していませんか?

まずはその考えを捨てて、しっかりと「あなたが作ったコンテンツ」を再確認してみてください。

そして、「本当にユーザーにとって有意義なのか?」と、冷静に自問自答してみましょう。

・・・どうでしょう?あなたのコンテンツは、本当に検索ユーザーが一番に知りたいことを「ちゃんと表現」できているでしょうか?

質問者のイメージ画像 「そう言われると、自信がないかも。」

実は、その部分に関してSEO的に言えば、絶対に自信や確信が持てないとダメなんですよ。

大半のブロガーは、検索ユーザーが欲する情報を書かずに、自分が書きたいことを優先するコンテンツになってしまうのが現状です。

でも、自分が書きたいことを優先した場合・・・コンテンツは自己満足の塊になってしまいます。

こうなると、ユーザーからの評価が高まらないので、結果的に検索順位も上がりません。

大事なのは、「ユーザーがどう感じるか?」ということです。

検索キーワードに対して、本当にユーザーが満足できるコンテンツを実現できているかどうかは、あなたではなく「ユーザー体験」から算出されたデータから決まります。

これは絶対に忘れてはなりません。

「グーグルにやられた!」なんて多くの人が悲観していますが、グーグルって「ユーザー体験」をデータ化し、そのスコアからベストな検索順位を決定しているに過ぎないんですよ。

アクセスが伸びない原因は「あなたのコンテンツ」

コアアップデートでアクセスダウンすると、「やられた!」「運が悪い!」と考える人が多いですが、その考え方だといつまでもブログのアクセスは伸びないと考えるべきです。

あなたのブログのアクセスが伸びない原因は、「グーグルのアルゴリズム」ではなく、あなたのコンテンツに大きな問題があるということに気付きましょう。

まずはこれが成功への第一歩。

基本的にアクセスは、必要な場所に多く流れていくようになっています。昔のようにテクニックでアクセスアップが実現することはありませんからね。

だからこそ地道な形ですが、ブログのアクセスを伸ばすには、「需要あるキーワードを発見すること」「ユーザーが魅力を感じる中身を作ること」・・・この2つが絶対条件なんですよ。

ここが理解できなければ、あなたのブログのアクセス数は「伸びないままになってしまう」と考えてください。

ココはすごく大事!

一番大事なのは、ユーザーの「悩み」が解決につながるコンテンツ!

さて、重要なことなので、ここで再度確認しておきましょう。

「ブログのアクセスが伸びない!」と悩んでいるなら、まず第一にあなたがチェックすべきは、「需要あるキーワードを発見すること」「ユーザーが魅力を感じる中身を作ること」という2点です。

需要がないキーワードで記事を書いても、誰も見てくれません。

また、いくらあなたが一生懸命書いた記事でも、そのコンテンツ自体がユーザーの役に立っていなければ、グーグルは低品質とみなします。慈善事業じゃないので、価値がなければ「切り捨てられる」というのがビジネス。

だからこそ、一番大事なのは、ユーザーの「悩み」が解決につながるコンテンツです。

需要あるキーワードに完全マッチした「ブログ内コンテンツ」を、ライバルよりも良質に仕上げることができれば、ブログのアクセス数が伸びなくて悩むなんてことは絶対にありません。

また、記事の鮮度も大事です。

情報は時と共に移り変わりますので、常に記事を最新の状態にしておくことは非常に大事なポイントとなります。

ここ最近は、ブログの更新頻度も大きなSEO要因となっていますので、できれば週1ペース程度で記事の更新やアップを行いましょう。

その他の重要ポイント解説

質問者のイメージ画像 「その他に気を付けておくべき部分ってないの?」

ありますよ。大事なのはモバイル表示を中心として、「見やすく快適なサイト」を構築することが重要です。

なお、これ以上のポイントについては、ちょっと専門的な解説になるので、初心者の方は飛ばしても結構。

・・・といっても、気になる方も多いでしょうから、一応参考までに色々と書いておきますね。まず、あなたは「モバイルユーザビリティ」っていうキーワードを聞いたことがありますか?

質問者のイメージ画像 「ああ、聞いたことはあるかも!」

これは、モバイル環境において「サイトが最適化されているか?」の指標なんですが、グーグルはマメに「この技術」を向上させてきています。

今グーグルは、「ユーザー体験」という分野に力を入れつつあり、要は検索ユーザーにとって「快適な環境」を推し進めるための施策を、矢継ぎ早に投入しているんです。

これらに対して「適時対応」していくことこそ、今のSEO対策においては大きなポイントの1つとなるんですが、これ以上は難しい部分も出てきています。

「Core Web Vitals」という指標なんて、人それぞれな部分もあるのに・・・なんて個人的には思いますし。(汗)

ただ、ユーザー体験に関連する項目については、グーグルがランキング要素に入れると明言していますので、今後は多少の影響は出てくるかもしれません。

・・・まあ、不確定要素も多いので、今は様子見するのがベストだとは思いますが。

そこに時間を大きく割くよりは、まずはコンテンツに力を入れたほうがいいでしょう。

ブログアクセスを伸ばす「4つの重要ポイント」

さいごにまとめ!

さて、今回は「ブログのアクセスが伸びない原因」について色々な考察をしたんですが、その解決策を簡単にまとめると、主に4つの重要ポイントが浮かび上がってきました。

ブログアクセスを伸ばす「4つの重要ポイント」

1 需要あるキーワードを見つける

2 自己満足じゃなくユーザーが認めるコンテンツを作る

3 ブログの鮮度を保つために常に更新を行う

4 モバイル環境での最適化が重要(今はモバイル中心の時代)

まあ、至って普通のことに見えますが、実はこれが凄く大事。ネット検索が何に使われるか?と考えれば、当たり前ですが「悩んでいることを解決するため」に使われるのですから。

だからこそ、ユーザーの悩みを解決するコンテンツを作れば、結果的に「ブログのアクセスが増える」ということに繋がっていきます。

もし仮に、そのジャンルでユーザーにとって「一番有意義なコンテンツ」を作ることができた場合、アクセスも飛躍的に上昇していくと考えられるわけです。

そうしたブログを作って、そこにお金を稼ぐ仕組みをしっかりと入れ込んでおけば、「金がザクザク」・・ということですね!(笑)

今もし、ブログのアクセスが伸びないことで悩んでいるのであれば、これを「いい機会」と考えて、最初からブログの仕組みを考え直してはいかがでしょう?

もちろん、今回解説した方法って、自分でゼロから構築するのは至難の業です。

でも私は、手順通りに進めていくことで、今回解説したことが全部完成する手法を、このブログ内で完全公開しています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

この「まを式アフィリ」は、ネットで3億円以上稼いだ私の集大成。今私がモロに実践している内容を公開しています。

このノウハウを使って、あなたも大きな収益を実現されてください。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ