過去のGoogle会社情報の中にあったアフィリエイト成功への大ヒント

最終更新日:2019/09/10

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

アフィリエイトでの収益は順調でしょうか?

これは時事や季節にも影響されるので、胃が痛い時期もありますが、基本的には「稼ぐノウハウ」を正しく実践していけば、収益が伸び続けていくのもアフィリエイトビジネスの特徴ですね。

ただ、アフィリエイトは「顧客の動線を一直線にする」ということができていないと、大きな収益を上げにくいです。

この「顧客の動線を一直線にする」ことについては、このブログにて何度も解説していますが、実は以前のGoogleの会社情報にも、これに類似した記述があったのをご存知でしょうか?

質問者のイメージ画像 「そうなの?」

はい。世界のGoogleでも基本目線は「顧客(ユーザー)に焦点を絞っている」ということですね。

Google会社情報に成功へのヒントが!

Googleの取り組みは「検索ユーザー」第一という姿勢に表れており、ユーザーニーズに合致する情報・サイトを、優位に表示する「最適な検索エンジン」を完成させるために、日々研究しています。

ですから、Googleの姿勢は一貫しており、常に「検索ユーザーにとって最適で有益なのは何か?」ということを念頭に考えたビジネスを推し進めているんですよ。

私たちWEBマスターは、このGoogleが考える「未来」をしっかりと頭に入れて、顧客が「何を知りたいのか?何を提供すれば喜ばれるのか?」を第一に考えたサイト作りをしていくことが要求されているんです。

なお、冒頭でも言いましたが、こういったGoogleの姿勢については「Google が掲げる 10 の事実」というページが過去にあって、実はそこに詳しく書かれていたんですよ。

なお、すでにこのページは消されており、今は見ることができません。

でも、その中に書いてあったことって、実はGoogleが中心に回っているネットビジネスにおいて「凄く大事なこと」だと改めて思ったので、ここで記事として執筆させていただきました。

私的には、この「Google が掲げる 10 の事実」の中でも特に、

1 ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

6 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

Google会社情報より一部抜粋(現在はページがリニューアルされています)

この2項目を見て「なるほど!」と思いました。これは私たちアフィリエイターの「稼ぐための重要ポイント」の根底を表しているからです。

ユーザーに焦点を絞る

このGoogleの姿勢は、一般の人々に広く自社の姿勢をアピールするという意味合いだけではなく、ビジネスの本質を教えてくれているものだと思います。

先ほど出した「1 ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」という項目ですが、まさにこれは私たちアフィリエイターにビジネスの本質を教えてくれていますからね。

質問者のイメージ画像「どういうこと?」

「ユーザーに焦点を絞れば収益を上げることができる」というのは、アフィリエイトだけではなくビジネスの常識でもあります。

冒頭でも言ったように、私はこのブログでよく「顧客の動線を一直線にする」と言っていますが、これは顧客の心を知って、その動線を一直線にするということです。

要するに顧客に焦点を当てて、その心・行動を理解した上で、顧客が欲することに対して最適化を試みているんですよ。

このノウハウに特化させることで、私はアフィリエイトで大きな収益を上げることに成功しています。

詳しくは「全く稼げない人のアフィリエイト月収を一気に引き上げる秘策とは?」の記事で解説していますので、ぜひご一読ください。

ユーザー目線で満足度を高めること

要するに、アフィリエイトで稼ぐためには、SEOや広告などのテクニックよりも大事なことがあるんです。

それが「ユーザーに焦点を絞る」ということ。

ビジネスは、誰かの役に立つために行うべきものです。誰かのお悩み事を解決し、その対価として報酬を得るのがビジネスですから。

そして、検索エンジンでの集客を主とするネットビジネスでは、その報酬を支払ってくれるのは、誰でもなく「検索ユーザー」なんです。

ですから、私たちが焦点を当てるべきは「検索ユーザーが何を欲しているか?」を明確にして、その希望をかなえるシステムを構築することなんですよ。

これが、Googleが「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」と言っていることの意味だと思います。

また、「悪事を働かなくてもお金は稼げる」というのも同じ。ユーザーの希望を叶えるために行うべきことに「悪事」が入るはずはありません。

ユーザー目線で満足度を高めることこそが、ビジネスでの長期的な成功が望める秘訣です。

質問者のイメージ画像 「そういうことか!」

1つをとことん極める「一蓮托生型」がベスト

ちなみに、今は見ることができないGoogle会社情報「Google が掲げる 10 の事実」の中には、これら以外にも私たちアフィリエイターにとって興味深い記述があります。

例えば、

矢印 「1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番」

この記述は、私がネットビジネスで成功した秘訣と完全に一致しています。

私がネットビジネスを始めたころ、成功者には2通りの人間がいました。

  1. 「さまざまなことに手を出して、多くの利益を上げようとする者」
  2. 「1つのビジネスに焦点を絞り、最大限の成果を出そうとする者」

結果的に残ったのは「1つのビジネスに焦点を絞り、最大限の成果を出そうとする者」でした。

もちろん、会社組織として大きなビジネスを動かすような人は、1の方法でも大成しましたが、それはほんの一部。ほとんどの人はネットビジネス界から姿を消しました。

ビジネスは、星の数ほどいるライバルとの勝負です。その勝負には不特定多数の中途半端なサイトを持つよりも、1つのこだわったサイトを持つことが大事です。

「一蓮托生型は失敗するとゼロになる!」という人がいますが、実はこれ正しくありません。一蓮托生型の「1つに特化したビジネス」は、その1つに集中して作り上げるため品質が非常に高くなります。

一時的な失敗はあっても、諦めなければ成功確率は不特定多数型の比ではありません。

また、成功時の報酬額についても、不特定多数型よりも「稼ぐ金額の桁が1つ多い」傾向があるんです。

質問者のイメージ画像 「何でもできるよりも、1つの専門家ってことね!」

その通りです。Googleが言う「1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番」は、まさにビジネスの成功鉄則を言っているんですよ。

Googleの動向にはビジネス成功へのヒントが多い

要するにGoogleの姿勢や、考え方にはネットビジネスで成功するためのヒントが隠されていることが多いんですよ。

また、グーグルが行うアップデートなどの施策も、詳しく観察すればネットビジネス成功へのヒントが多分に隠されています。

あなたもネットビジネスで大きな成功を目指しているのでしたら、ぜひGoogleの動向に目を離さずに、Googleが発する内面的なメッセージを読みとるようにしてみてください。

きっとビジネスの大きな成功への強力な武器になると思いますから。

ユーザーに焦点を絞って、ユーザーの欲するモノを提供する

ちなみに、私はGoogleの信条を参考にしてビジネススタイルを構築したわけではありません。

でも結果的に、私が大きな成功を収めた方法は、Googleが信条としていることと根幹部分が同じなんです。

「ユーザーに焦点を絞って、ユーザーの欲するモノを提供する。」・・・本当に大きな金額を稼ぐことができる方法は、顧客第一の視点で考えればいいということですね。

なお、私が大成功したアフィリエイト方法「まを式アフィリ」ですが、このブログで完全無料で公開中です。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

当然ながら、ここまで解説してきた通りユーザーに焦点を絞った方法ですので、多くの報酬を獲得できています。

売上画像

まずは、あなたも「まを式アフィリ」を見て大きな金銭的成功を勝ち取ってみませんか?

「悪事を働かなくてもお金は稼げる」という実践的証拠を、今度はあなた自身の手で再現してみてください。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ