商標アフィリエイトでリスティング違反のペナルティーを受けず稼ぐ方法

最終更新日:2019/10/25

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

多くの方が、アフィリエイトで「どうやって稼ぐのか?」について試行錯誤して悩み、日々努力していますね。

そして、よく情報商材などで取り上げられるのが「規約・法律」の穴を逆手に取ったギリギリの手法です。

質問者のイメージ画像 「・・・そういう方法は後で怖いんじゃない?」

普通はそう考えますよね?でも、中には「あえて」そこに金脈を見出す人もいるんですよ。(私は否定派です)

今回は、「こういった方法は避けるべき」という原点に基づいて、「商標アフィリエイトでリスティング違反のペナルティーを受けずに稼ぐ正しい方法」について、詳しく解説しましょう。

ペナルティーを受けずに稼ぐ正しい方法とは?

まず最初に。

今の私はリスティング広告を使ったアフィリエイトをメインで行っていません。

すでにリスティング広告を使うよりも圧倒的に収益性が高い方法を確立しており、今後はそちらをメインで発信していくからこそ、リスティングでのアフィリエイトは今後ブログでもあまり取り上げなくなる可能性があります。

・・・といっても、これまで私は、違反行為を一切行うことなく、リスティング広告を活用した方法で月100万円オーバーを達成していました。(実績証拠もこのブログで掲載しています)

だからこそ、自信が持つリスティング広告を使ったアフィリエイトノウハウにも、未だに圧倒的な自信があります。

だからこそ、今回の記事では「一切の違反行為を行わないで、正当な方法によるアフィリエイトで大きく稼ぐ」ことについて解説していこうと思います。

※ちなみに、新しくなった私の「まを式アフィリ」では、リスティング広告を含めて広告は一切使わず、弱者が強者に勝つ独自の集客方法にて、圧倒的な収益(月100万円以上)を稼ぐ方法です。

詳しくはこのブログで完全公開していますので、ぜひご覧ください。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちら!

リスティング条件とは?

さて、この大前提を理解していただいたところで、今回の「商標アフィリエイトでリスティング違反のペナルティーを受けず稼ぐ正しい方法」について解説しましょう。

ASPでアフィリエイト案件を探す際、リスティング広告に出稿するアフィリエイトを行っている方は、必ず目を通す部分があります。

それが「リスティング条件」という部分です。

質問者のイメージ画像 「リスティング条件?」

リスティング広告に出稿してアフィリエイトするのに、アフィリエイターに対して出稿条件を説明しているのが、この「リスティング条件」なんです。

「リスティング条件なし(OK)」であれば、出稿に関して「法規・法令、そして違法な行為に該当しなければ、特に出稿に関する条件はない」という意味となります。

ただし、リスティング条件が設定されている場合は、その条件を順守することが求められています。

質問者のイメージ画像 「その条件に違反したらどうなるの?」

ここに違反すると、警告を受けたり強制退会を受けたりと、厳しいペナルティーが待っているんですよ。

9割以上のリスティング条件は「商標関連」

さて、このリスティング条件・・・色々な案件の条件を見ていくと、ある共通したパターンが見受けられます。

質問者のイメージ画像 「えっ?よくわかんなかったけど。」

9割以上・・・要するに大半のリスティング条件は「商標に関する条件」なんですよ。

そして、よく考えてみてください。広告主が「商標」のリスティング条件にうるさいのは何故でしょうか?

質問者のイメージ画像「う~ん。何でだろう?」

これって答えは非常に明確なんです。

要するに「商標」をリスティングで利用すると「売れる」からですよ。

質問者のイメージ画像 「商標を使うと何で売れるの?」

ここは重要ポイントとなるので、もう少し詳しく解説しておきましょうか。

商標を利用したアフィリエイト方法

商標とは、その会社を表したり、商品自体を表したり、ショップ名を表したりするものですよね?

・・・で、ここからが重要なんですが、例えばあなたが「まを」というブランドの「まをダイエット」という商品を買おうと決断したとします。

「まをダイエット」はネット通販専売だとすれば、あなたはどうやって購入しようと思いますか?

質問者のイメージ画像 「ネット検索して販売サイトを探すと思う。」

ねっ?ネット検索して「まをダイエット」という商品を販売しているサイトを探すでしょう?

となれば、その検索結果にリスティング広告を使って「あなたのアフィリエイトサイト」を上位に掲載しておけば・・・どうなるでしょう?

質問者のイメージ画像 「そうか!購入してくれるんだ!」

そうです。本来はもう少しポイントがありますが、簡単に言えば、これが商標を利用したアフィリエイト方法です。

正攻法による「リスティングアフィリエイト」で稼ぐには

もっとも、ただ単純にこういう「やり方」を真似ても、広告費が報酬を上回ってしまって利益にならないでしょう。

この手法で大きな利益を上げるには、購入意欲が高い検索ユーザーを集めるための「お宝キーワード」の発掘と、成約率が高いサイト構成、そして低単価で大量のアクセスを集めるための高品質なPPCアカウントが必要です。

これらが全て揃えば大きな利益をガンガン稼ぎ出すことができるんですよ。

これが正攻法による「リスティング」を活用したアフィリエイト方法です。

質問者のイメージ画像 「へえ~っ。難しそうだけど確かに稼げそうだね。」

リスティング違反をするアフィリエイター

ただ、一部のアフィリエイターは、このリスティング条件を逆手にとって、色々と知恵を絞り「ギリギリの線」で稼ごうとするんです。

質問者のイメージ画像 「それってどういう方法?」

例えば、

  • 夜中だけ広告配信する(いわゆる夜回しという手法)
  • ASPと広告主の住所を除外して広告配信する

など、ASPや広告主の目を欺く形で、裏でこっそり商標のリスティング出稿をすることが代表例でしょう。

また、リスティング条件の文言を見て「解釈の相違」を理由に、あえて堂々と商標キーワードを出したり、ちょっとずらしたキーワードを出したりする人もたくさんいます。

最近はASPによる取り締まりで減少傾向

質問者のイメージ画像 「ギリギリって言うより、完全に違反行為じゃん!」

そうですね。でも、ここ最近は総じてそうしたギリギリの線を狙う「リスティング違反」に対して、各ASPが非常に厳しいペナルティーを行っているので、あえてギリギリの線を狙っているアフィリエイターは減少しつつあります。

今後はさらにASPによる締め付けが厳しくなると予想されますので、今後はこういったギリギリの行為は避けるべきでしょう。

ちなみに、最大手ASP2社による規約違反への対応については、以下の記事で詳しく解説しています。

正攻法でガンガン稼ぐのが「まを式アフィリ」

先ほども少し言及しましたが、違反行為などを考えなくても、「まを式アフィリ」なら「正攻法」で大きな利益を稼ぎ出すことができるんです。

逆に言えば「正攻法」だからこそ簡単でシンプルなんです。

質問者のイメージ画像 「正攻法だから簡単でシンプル?」

まったくムダがないノウハウだからです。

しかも正攻法で攻めるのですから、陰に隠れてコソコソ実践しなくてもいいんです。

正々堂々と大きな金額を稼ぐことができます。

まずは「まを式アフィリ講座」をじっくりご覧ください。そうすれば「その意味」がわかると思いますので。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

では講座でお待ちしております!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ