初めてのアフィリエイトで儲けやすいジャンルとは?「初めて特集1」

最終更新日:2019/10/26

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

アフィリエイトで「利益が出るジャンル」「儲けやすいジャンル」って、意外にわかりにくいですよね。

・・・ただ、これって一言で答えが出るような問題ではありません。

儲けやすい理由は、そのジャンル、その案件によって多種多様だからです。

商標力が強いという理由もありますし、目の付けどころがいいケースもあります。さらには圧倒的な需要が生まれている場合もありますし、何らかの事件によって大注目されているということもあります。

本当に多種多様。だからこそ、私たちアフィリエイターは「目」を養っておく必要があるんです。

と言っても、実際にはこのブログで公開している「まを式アフィリ」の手法を駆使すれば、「目」を養う必要もなく超簡単。ステップ通りにノウハウを進めていけば、本当に初めてのアフィリエイトで最短距離にて儲けることができますからね。

初めてでも儲けられるジャンルって?

ただ、あなた自身に「今後も長くネットビジネスで稼いでいく!」という気持ちがあるのなら、「まを式アフィリ」で狙う月100万円オーバーという収益は通過点となるでしょう。

そして、最終的に1人ビジネスで「億の年収」を目指すのであれば、ネットで「売れるジャンル・ターゲット」についてを、ここで知っておいて損はないと思います。

質問者のイメージ画像 「何だか難しそうな話だね。」

いえいえ。難しいことではありませんからご心配なく!「目の付けどころ」を理解するだけで十分です。

ビジネスは「視点を変えることができる人の勝ち」ですからね!

ということで今回は、「初めてのアフィリエイトで儲けるジャンルとターゲット」をテーマに、この「目の付けどころ」というポイントに特化させて、詳しく解説していきましょう。

初めてでも儲けられるジャンル・ターゲットとは?

さて、まずあなたに質問をさせてください。

あなたは、初めてのアフィリエイトで儲けやすいジャンルとして、一体どのジャンルを連想しますか?

質問者のイメージ画像 「やっぱり化粧品系かな?」

どうしてあなたは、「初めての方が儲けやすいジャンルは?」という問いに対して、最初に「化粧品系」を連想したんですか?

質問者のイメージ画像 「常に買うし、単価が高いから・・・かな。」

すばらしい!かなりいい線まで考えていますね。アフィリエイトでは、そういう考え方が非常に大事なんですよ。

ただ、化粧品の場合は、もう少し突っ込んで考えると、さらに細かいことがわかってきます。

「大手」のターゲットと悩みを限定した商品

ハッキリ言うと、化粧品というジャンルは、やり方次第にて大きく稼ぐことが可能な優良ジャンルです。

と言っても、色々とポイントがありますので、ずれた考え方でアフィリエイトを構築すると全然稼げませんから、ジャンル的な特徴を知って戦うことが大事だと思います。

まず知っておくべきは、化粧品の場合は、「売れるモノ」と「売れないモノ」との差が大きいということです。

質問者のイメージ画像「売れるモノって?」

大手有名メーカーの強い商標のモノはかなり売れやすいと思います。

すでに多くの人が知っていて、しかも愛用者が多い商品は、売るのが比較的容易な部類に入りますから。

また、大手メーカーの「ターゲットと悩みを限定した商品」は非常に反応がいいです。

例えば「50代以上・目じりのシワに特化した化粧品」などですね。

これらはターゲットと悩みに対する目の付けどころが優秀な上に、大手メーカーの知名度と、潤沢な資金による広告宣伝によって、すでに消費者がその商品に興味を示している状態が完成しているケースが多いんです。

質問者のイメージ画像 「そうなんだ!」

ただし、大手有名メーカーの商品は、例外なくリスティング条件が厳しいので、PPCを使ったアフィリエイトを行う際には注意した方がいいでしょう。

シビアに選ぶと売りやすい商品が限定される

逆にあまり有名ではない中小メーカーの商品は、知名度も資金もないので、売れる土台が作られていないことが多いです。

そのため、基本的には「ほとんど売れない」と考えた方がいいでしょう。

中小メーカーの商品で例外的に売れるのは、「目の付けどころが大変優秀」「1つの商品にコストも手間もかけているケース」です。

こうしたケースでは、メーカー自体がその商品に社運をかけて大きくプロモーションをかけていることが多く、アフィリエイトでも「狙い目」になります。

・・・しかしながら、そういった商品はごくわずかです。

一番手を出してはいけないのが、「知名度が低いメーカーが、沢山の商品をボンボン出しているケース」でしょう。

こういった商品は、なかなか成約に持っていくことができず、アフィリエイトしても全然売れないことが多いです。

質問者のイメージ画像 「おお!ここは非常に大事なポイントかも。」

そうですね。ここは覚えておいてほしい重要ポイントなんですが、このように「化粧品というジャンル」だけで見ても、シビアに選ぶと売りやすい商品が限定されてくるんですよ。

逆に言えば、手を尽くしても売れない商品がたくさんあるってことですね。

ここまで解説したことを簡単にまとめれば、広告宣伝にお金をかけている大手・中堅メーカーの化粧品案件は、売れる土台が完成しているため、収益が上がりやすい状態になっていますが、販売力がないメーカーが「アフィリエイター自身の力で売ってください」というスタンスでアフィリエイトの広告主になっている場合、ほぼ確実に売れないということです。

質問者のイメージ画像 「へえ~っ。そういうことか。」

はい。化粧品ジャンルで稼ぎたいならば、今回の記事で解説したことは、ぜひ心に刻んでおいてくださいね。

・・・と、この後にもお話があったんですが、ちょっと解説が長くなってしまうので、続きは次の記事で解説しようと思います。

この続きは「アフィリエイトで健康食品ジャンルがなぜ熱い?・初めて特集2」の記事をご覧ください。

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ