ニッチ市場・ニッチな商品で稼げるのか?アフィリエイトの実践・検証

公開:2015/06/13 更新:2018/07/29

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

「ニッチな市場を狙う」・・・よく聞く言葉です。

ただ、そう聞いてニッチな商品を「あえてアフィリエイト」しても、なかなか売れてくれませんよね。

実は、ニッチ商品をアフィリエイトで販売するには「適した方法と、適さない方法」があります。

大半の方は、ここを履き違えて「間違った紹介方法」をするからこそ、売ることができないんです。

今回は「ニッチな商品で稼ぐアフィリエイト方法」について解説します。

ニッチ商品で稼ぐための攻略ポイントとは?

質問者のイメージ画像 「いまさらだけど、ニッチってどういう意味?」

ニッチとは、元々は西洋建築で壁面に作る「くぼみ」(花瓶や彫刻を飾るためのくぼみ)を指す用語だったようです。

それが近年では「適所」や「隙間」(すきま)という意味のマーケティング用語として使われるようになったんです。

質問者のイメージ画像 「ニッチは、適所や隙間って意味なの?」

最近では一般的にそういう意味で使われていますね。

ビジネス的には「潜在的にニーズがある小さな市場」や「競争率が高くない未開拓市場」をニッチな市場と表すことも多いですよ。

また、ニッチの後に何らかのキーワードを付けて表すことも多いです。

質問者のイメージ画像 「どういう言葉があるの?」

例えば「ニッチジャンル」といえば「ニーズがあるスモールジャンル」という意味で使われますし、「ニッチビジネス」と言えば「隙間(すきま)ビジネス」という意味で使われています。

意外にあちこちで普通に利用されている言葉ですから、聞いたことがあるのではないでしょうか?

シンプルイズベストで攻略する

さて、今回のテーマは、このニッチな市場で稼ぐアフィリエイト方法についてでしたね。

実はニッチな市場はクセがある傾向が強く、普通にアフィリエイトを行ってもなかなか儲かりません。

もちろん、ニッチな市場には需要が「かなり」あります。

しかし、スモール市場なので「顧客の絶対数が少ない」ということ、そして「顧客層が一般の方と違うジャンルの方」となることから、売り方を間違えると全然売れないんです。

質問者のイメージ画像 「ふ~ん。難しそうだね。」

いいえ、逆ですよ。難しいことを考えるから売れないんです。大半の方は攻略するために「専門的なサイト」を作ろうとしますが、これが失敗なんです。

ニッチジャンルの攻略は「シンプルイズベスト」なんですよ。

質問者のイメージ画像 「シンプルでいいの?」

はい。その理由と、実際の攻略方法について、次から説明していきましょう。

ニッチ商品は本来「売れやすいジャンル」

ニッチな市場は「コアなファンがいるジャンル」や「ビジネス系などの専門ジャンル」という大きく分けると2パターンがあります。

これらニッチ市場の商品は、その扱うカテゴリーによっても違いますが、購買意欲が強い傾向です。

要するに、ニッチ商品は本来「売れやすいジャンル」ということです。

ニッチ商品が売れやすい理由は、

  1. ニッチだから扱う場所が少ない
  2. ニッチ商品は執着性が高いので売れやすい

という2つが挙げられると思います。

ただし、先ほども言ったように「売れやすいが、売り方を間違えると売れない」のがニッチというジャンルの性質です。

知ったかぶりサイトを作ってはいけない

質問者のイメージ画像「どうしてニッチ商品は売り方が難しくなるの?」

ニッチ商品のお客様は、「すでにそのニッチ商品」を詳しく知っている「オタク層」の人たちですし、そのオタク層をターゲットにしないと売れません。

そういうオタク層の情報量と知識量はハンパじゃありません。

例えば、あなたがニッチ商品の「何らかのアニメのフィギュア」のアフィリエイトを行うという想定で考えてみましょう。

あなたは、そのフィギュアについて詳しく調べて、その知識でポイントを絞ったサイトを作るとします。

・・・さて、そのフィギュアに詳しいオタクな顧客層からは、あなたが作ったサイトがどう映るでしょうか?

「何もわかってない素人が適当に作ったサイト」と、オタクな顧客層はサイトを見ただけで判断して、離れてしまいます。

そういうオタク層は「知ったかぶりサイト」が何よりも嫌ですから、そういう専門サイト的なアフィリエイトサイトを作ると、全然売れなくなってしまいます。

シンプル構成で「誘導」だけを考えたアフィリエイト

ですから、ニッチ商品を売るには「専門サイト」を作るのではなく、あくまでも「誘導ページ」と割り切ったサイト構成にする必要があるんです。

質問者のイメージ画像 「誘導ページ?」

要するに「ニッチ商品」に適した販売方法はシンプルな「ペラサイト」の誘導型ということになりますね。

これが先ほど私が言った「シンプルイズベスト」の意味です。

コアなオタク層への商売は、手の込んだ作りのサイトを作ろうとすると失敗します。ですから、シンプルな構成で、「誘導」を考えたアフィリエイトをする必要があるんです。

流れとしては、

1 ニッチなファン層を集客(広告)

2 ペラページで広告主サイト(専門ページ)へ誘導

3 広告主サイト(専門ページ)で顧客が商品を購入

4 アフィリエイト報酬発生

このように最短距離で報酬を得ることを考えましょう。

実は、どのジャンルでも通用するアフィリエイト方法

ニッチな顧客層が望んでいることは、商品を最短距離で探すことですから、あなたが行うことは、できるだけ早く専門的なページ(広告主サイト)へ誘導することなんです。

こうした方法なら、報酬を継続的に発生させることができます。

なお、この方法ですが、実は「どのジャンルでも通用するアフィリエイト方法」だということはお分かりでしょうか?

質問者のイメージ画像 「これって、どのジャンルでも売れる方法なの?」

はい。良く考えてみてください。結局どのジャンルも「全部ニッチ市場みたいなモノ」じゃないですか。

例えば服やバッグのジャンルなら、特定のブランドやショップの商品が好きな人は、そのコアなファン層です。

特定の食品が好きな人も、同じくその商品について詳しい知識があるコアなファン層ですね。

また、特定サイトのサービスが好きな方は、そのサービス内容を熟知していますから、コアなファン層になります。

要するにアフィリエイトで扱う商品・サービスは、どのジャンルについても、ほぼコアなファン層に対して商売することになる「ニッチな商品」に対するアプローチになるんです。

シンプルアフィリで大きな利益を積み重ねられる!

ですから、先ほど「シンプルな構成で誘導する」というアフィリエイト方法を解説しましたが、この方法がもっとも稼ぐためには適しているということなんです。

ここでもう1回、その流れを掲載しておきましょう。

1 ニッチなファン層を集客(広告)

2 ペラページで広告主サイト(専門ページ)へ誘導

3 広告主サイト(専門ページ)で顧客が商品を購入

4 アフィリエイト報酬発生

この単純なアフィリエイト方法を突き詰めていけば、大きな利益を積み重ねることができるということです。

売上画像

超高額な売上データ実例

こんな感じに。

質問者のイメージ画像 「この方法をもっと詳しく教えて!」

すでに、このブログ内で完全公開中です。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちら!

私の「まを式アフィリ」は、このアフィリエイト方法を最大限にシンプル化して、初心者でも短期間で稼げるように構成しています。

しかも月100万円を超える収入を実現させることがコンセプトのアフィリエイトですので、少ない労力で大きな収入を目指せるノウハウです。

なお、月100万円を安定的に稼ぐことについては「毎月100万稼ぐ方法(本気で稼ぎたい人のため)」の記事も参考にしてください。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ