投資のHODL(ガチホ)で稼ぐ!貧乏から金持ちになる秘策を解説

公開:2018/11/02 更新:2019/03/03

[「お金の稼ぎ方」特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

※この記事は「手っ取り早くお金を稼ぐ方法とは?貧乏から億万長者になった私が教えます」からの続きです。

前回は「庶民からセレブになるほど圧倒的に稼ぐ」というコンセプトで、あなたの現在地を知っていただきました。

今この誌面を見ている「あなた」は、お金を稼ぐ「強い決意」は持っているけど、実力は「ほぼ素人」というレベルであると思います。

じゃあ、現段階でほぼ素人レベルのあなたが、どうやって大金を稼いでセレブリティになるか?今回はその答えを解説していこうと思います。

ガチホ/HODL戦術でセレブリティを目指す!

前回の記事では、マインド的な部分の説明で誌面が終わってしまいましたが、今回は実際の「お金を稼ぐ方法」を解説しようと思います。

ということで、まず第一に。お金を稼ぐには大別として「ビジネス」と「投資」という2つの手法に分けられますよね?

今回解説するのは、投資という戦術です。

ではお聞きしますが、あなたは投資についてどういうイメージを持っていますか?

質問者のイメージ画像 「一気にスッカラカンってイメージかな。」

一気にマイナスでロスカット・・・というイメージでしょうか。でもこういう状態を招くのは、ただのギャンブルとして投資を行った結果だと思います。

世間的に投資って言うと、どうしてもドル円のFXトレードや仮想通貨ビットコインのFXトレードを連想するようですね。

でも、あれはレバレッジ(倍率)をかけて「まとまった利益」を狙うハイリスクハイリターンのトレードです。

もちろん、しっかりとした理論を持ち、勝てるポイントを見つけたプロフェッショナルは、トレードでも自分のルールを順守して資産を増やしています。

しかしながら、そんな人間はほんの一握り。大半は勝者の養分となってお金を溶かしているだけです。

「待つ」投資法・ガチホ戦術とは?

私が言いたい投資はこちらではなく、将来性が高い銘柄を厳選して購入し、一度保持したら成功まで待つという方法です。

質問者のイメージ画像 「待つ戦法?」

はい。これは素人でも年月をかければ大きな成功を勝ち得ることが可能な「最大の戦術」なんです。

この手法は、世間一般的には「ガチホ戦術」とか「バイアンドホールド戦術」、さらには「HODL戦術」(ホドルと読みます。HOLDではありませんHODLです)と言い表しています。

このブログでは分かりやすく「ガチホ」と言い表しましょうか。

人間は「今すぐお金が欲しい」という欲求で生きているので、このガチホ戦術を嫌います。だからこそ、投資界隈では「ガチホ」を行う人間をバカにする風潮が多いんですが、実は大成功する人間って、この手法をしっかりと行っているんです。

成功者は5年先、10年先を見て投資を行っている

あなたもご存知の有名人で言えば、ウォーレンバフェット(現在最も有名なアメリカの投資家)や与沢翼さんなどがこのガチホ戦術で巨万の富を築いています。

質問者のイメージ画像 「それは興味あるかも!」

実際にこの手法を実践するのであれば、スタートアップ企業の有望株を購入するのがセオリーです。

事業内容から本当に将来が期待できると感じた銘柄を買って保持すればいいだけです。

また、私がお勧めしているのは仮想通貨の優良銘柄(時価総額上位の通貨に限る)をガチホするという選択です。

この手法の最大ポイントは、買う前に投資戦術が決まっているという点ですが、しっかりと銘柄を選んでガチホしていれば、後は時間が解決してくれます。

多くの人間は、「今すぐお金を得る方法」だけに目を向け、「待つ」ということができないからこそ失敗するんです。

成功者は5年先、10年先を見て投資を行います。今を見て行動する人は、それ以上の資産を持つことはできません。

まずはこのあたりをしっかりと理解しておいてくださいね。

今すぐお金を稼ぐ方法は?

質問者のイメージ画像 「5年先、10年先かぁ・・・。今お金が欲しい場合はどうするの?」

そうですよね。やっぱりいくら投資戦術を覚えても、今お金の問題を抱えている人はそこが大問題でしょう。

しかしご安心ください。このガチホで将来の圧倒的な資産を期待しながら、今も稼ぐ方法・・・いわゆる二刀流で稼ぐ方法があるんです。

ということで、次回の記事ではこの続きとして、投資ではなく「個人起業」という形で今からセレブになり、ガチホ戦術で将来的には圧倒的資産を狙うという、庶民が大金持ちになる現実的で最も簡単な方法を解説しようと思います。

矢印次回記事→アフィリエイトで個人起業して稼ぐ方法を徹底解説!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ