投資のHODL(ガチホ)で稼ぐ!貧乏からの脱出方法を詳しく解説

最終更新日:2021/04/03

[「お金の稼ぎ方」特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

※この記事は「手っ取り早くお金を稼ぐ方法とは?貧乏からお金持ちになった私が教えます」からの続きです。

前回は「手っ取り早くお金を稼ぎ、圧倒的な資産を作る」というコンセプトで、主にマインド的な部分を中心に「あなたの現在地」を知っていただきました。

なお、前回の記事でも確認したように、今この記事を見ている「あなた」は、お金を稼ぐ「強い決意」は持っているけど、実力は「ほぼ素人」というレベルであると思います。

じゃあ、現段階でほぼ素人レベルのあなたが、どうやって大金を稼いでセレブリティになるのか?

今回は、「貧乏からの脱出方法」の具体策として、投資の「ある方法」を使い、貧乏から這い上がってお金持ちになる方法を解説いたします。

ちなみに、今回解説する方法は「投資を使ったノウハウ」なので、リスクもあります。

そのあたりの部分を理解できる方だけ、実践の参考にしていただきたいと思います。

ガチホ/HODL戦術でセレブリティを目指す!

今回も本気で解説します!

前回の記事では、マインド的な部分の説明をメインとして解説させていただきましたが、今回は実際の「お金を稼ぐ具体的な戦術」をお教えしようと執筆しています。

ということで、まず第一に。

お金を稼ぐには、「ビジネスで稼ぐ方法」と「投資で稼ぐ方法」という2つの手法に大きく分けられますよね?

今回解説するのは、冒頭でもお話したように「投資」という手法を使った戦術です。

ここで1つお聞きしますが、あなたは投資についてどういうイメージを持っていますか?

質問者のイメージ画像 「一気にスッカラカンってイメージかなぁ。」

大金をかけて一気にマイナスになってロスカット・・・というイメージでしょうか。

でもこういう事態を招くのは、ただのギャンブルとして投資を行った結果です。

世間的に投資って言うと、どうしてもドル円のFXトレードや仮想通貨ビットコインのFXトレードを連想するようですからね。

でも、あれはレバレッジ(倍率)をかけて「まとまった利益」を狙うハイリスクハイリターンのトレードです。

一部には、しっかりとした理論を持ってトレードを行って、資産を増やし続ける猛者もいますが、そんな人間はほんの一握り。

トレードの世界は「まさに弱肉強食」なので、参入者の大半は「勝者の養分」となって、お金を溶かしているだけなんですよ。

「待つ」投資法・ガチホ戦術とは?

私が言いたい投資はこちらではなく、将来性が高い銘柄を厳選して購入し、一度保持したら成功まで待つという方法です。

質問者のイメージ画像 「待つ戦術ってこと?」

はい。これは素人でも年月をかければ大きな成功を勝ち得ることが可能な「最大の戦術」なんです。

もちろん投資に100%の成功はありませんので、勘違いしないで読み進めていただきたいのですが、この手法は、世間一般的には「ガチホ戦術」とか「バイアンドホールド戦術」、さらには「HODL戦術」と言い表しています。

※HODLは「ホドル」と読みます。HOLD(ホールド)ではありません。

このブログでは分かりやすく、この戦術を「ガチホ」と言い表しましょうか。

人間は「今すぐお金が欲しい」という欲求で生きているので、この「ガチホ戦術」を嫌います。

だからこそ、投資界隈では「ガチホ」を行う人間をバカにする風潮が多いんですが、実は大成功する人間って、この手法をしっかりと行っていることが多いんです。

成功者は5年先、10年先を見て投資を行っている

あなたもご存知の有名人で言えば、ウォーレンバフェット(現在最も有名なアメリカの投資家)や与沢翼さんなどが、このガチホ戦術で巨万の富を築いています。

質問者のイメージ画像 「それはすごく興味あるかも!」

実際にこの手法を実践するのであれば、スタートアップ企業の有望株を購入するのがセオリーです。

事業内容から、「本当に将来が期待できると感じた銘柄」を買って保持すればいいだけ。

この手法の最大ポイントは、買う前に投資戦術が決まっているという点ですが、しっかりと銘柄を選んでガチホしていれば、後は時間が解決してくれる可能性が高いんですよ。(もちろんしっかり選んでも失敗はありますが、確率的に高い・・ということ)

多くの人間は、「今すぐお金を得る方法」だけに目を向け、「待つ」ということができないからこそ失敗するんです。

成功者は5年先、10年先を見て投資を行います。

今を見て行動する人は、それ以上の資産を持つことはできません。

ガチホ戦術の注意点

なお、ガチホ戦術で気をつけたいのは、やはり「高掴み」でしょう。いくら時間が解決してくれる優良銘柄の可能性が高いケースであっても、INするタイミングを間違えると、何年も含み損状態になってしまう危険性があります。

高掴みを防ぐには、やっぱり皆が期待感を持っている時期の投資は行わないということです。

世間がその銘柄に期待している時点で、すでに参入タイミングとしては遅すぎます。

すでに値が上がっている状態の場合、本来の実力よりも大幅に値が高騰しているケースが多いですからね。

質問者のイメージ画像 「なかなか難易度が高そうだね。」

そうですね。投資って、参入タイミングと決済が全てですから、そこをしっかりと見極めることが何よりも重要なんですよ。

イケイケでやったら「とんでもないことになる」のが投資の常識なので、ここで書いたポイントだけで安易にスタートしようとせずに、しっかりと勉強してから行動されてください。

私が「現物投資」で実際にやっている方法

ちなみに、私はこのガチホ戦術を、仮想通貨で行っていて、ある程度の成功を実現しています。

ポイントは日足や週足の長期チャートを見て、レジサポラインを引き、一定ラインを超えた「加熱した時期の購入は控える」ことです。

この手法だと、購入時期は本当に限られますし、その時期を過ぎると「待つ」だけになります。

また、一番難しいのは利確。私の場合は、チャートから一定の目標設定をしておき、そのラインに近づいたら、利確の準備を行います。

そして、そのラインに到達したら一定数量を利確。そして、さらに上のラインで、さらに一定数量を利確というように、一定ずつの利確を行って、投資した原資を回収してしまいます。

あとは、その時のチャートにもよりますが、ある程度のラインで少し多めの数量を利確して、プラス収支を確定させておき、残りは長期保持を楽しむような感じです。

この戦術で、私はかなり成果を出せています。

この投資戦術の重要ポイント

質問者のイメージ画像 「すごくシンプルだけど理にかなっている方法だね。」

そうだと思います。しかしながら、この戦術って、本当に時間がかかりますし、プロの目から見れば、効率的とは言えないかもしれません。

でも、この戦術でも、けっこう大きな額を稼げますので、興味がある方は、仮想通貨の長期チャートを見ることからスタートされるといいと思います。

繰り返しますが、ポイントは加熱期(長期チャートで上昇トレンドの時期)には、絶対に購入しないことです。これを守っていると、加熱期にやることがないので、非常に勿体ないような感覚になりますが、この時期に買うのは自殺行為になりますから、絶対に止めましょう。

また、利確した後に値が上がっても、それは仕方がないことなので、気にしないこと。

未来予想ができる人間は1人もいないのですから、まずは原資の回収が第一。そしてプラス収支の確定が重要なんです。

これさえできれば、残った現物を保持して、後は高みの見物ができますからね。

冷静なガチホ戦術でプラス収支が狙える!

なお、仮想通貨の代表的な銘柄であるビットコイン。

この仮想通貨もガチホ戦術で大きな収益を実現できた銘柄です。

このビットコインは、2017年に圧倒的な上昇があり、一時は1BTCあたり200万超えの値が付きましたが、その後は下降トレンドに転落。その後は長く値が上昇せず、上がってはすぐに大きく値を落とすようなパターンに陥りました。

その後、一時は30万円台にまで落ち込んだビットコインですが、2020年に大きく上昇します。

2021年になると、驚くことに1BTCあたり650万円を超え、圧倒的な上昇を記録しました。

でも、こんなことを誰が確信を持って予想できたでしょうか?

私もBTCで少しだけ恩恵を受けましたが、メインで購入していたのは、あるアルトコイン。しかしながら、仮想通貨会全体の上昇トレンドにより、かなりプラスの展開にすることができました。(笑)

質問者のイメージ画像 「それは羨ましい!」

お分かりでしょうか。高掴みをしないようにして、ちゃんと冷静にガチホ戦術を行えば、勝率は高くなるんです。(絶対ではありませんが)

これが証拠金トレードの場合は、一気に値が変動して、ロスカットになることがありますが、仮想通貨の現物投資なら、ずっと保持して待っているだけなので、そうしたことは一切起こりません。

ただ、時価総額が上位にランクされており、運営が安定していて、詐欺のようなリスクがない「比較的安全な仮想通貨」を選ばないと、大失敗することがありますので、そこだけは注意しましょう。

何度も書くようですが、いくら勝率が高めなガチホ戦術でも、失敗リスクは当然ながらあります。

なので、フルに資産をベットするのではなく、失敗した時のことも考えて、全投資額は資産の20%以下に抑えることも大事なポイントです。

資金に余裕がある方は、リスクを減らすために分散投資を考えましょう。

今すぐお金を稼ぐ方法は?

この方法をちゃんと正しくやっていけば、遅くとも5年・10年で、一定の収益は出せるはずです。

まあ、当然ながら、ある程度の資金を投資に回した場合の話ですが。

質問者のイメージ画像 「でも、これだと全然“手っ取り早い稼ぎ方”じゃない気がする。」

そうですか?普通に考えれば、5年・10年で大きな収益を得られるのであれば、十分「手っ取り早い稼ぎ方」だと思うんですが。

・・・まあ、あなたがいいたことは分かります。ただ、この世の中にリスクなしで大金が簡単に入手できる方法なんてあるわけがありません。

あったら、皆が殺到してすぐに稼げなくなるだけですからね。

ただ、前回の記事でもお伝えした通り、即金で稼ぐ方法もあります。

詳しくは「即金ビジネスのやり方・即金ビジネスを超えた稼ぎ方/徹底解説します!」の記事を見ていただければと思いますが、この手法のマイナス点は、それほど大きな収益を実現できないことでしょう。

だからこそ、手っ取り早く圧倒的なお金を稼ぎたいのであれば、今回解説したように、安全性をキープしつつも、大きな収益を狙える方法を実践する必要があるんです。

トレードで一気に稼ぐ方法は、失敗時に大きなダメージとなる

なお、ハイリスクハイリターンでやりたいなら、やっぱりトレードということになりますが、これは初心者がお金をなくす可能性が高いので、おすすめできません。

実は私、投資の経験がかなり長いので、自分個人では証拠金トレードをやっています。今はある程度安定してプラス収支を出せていますが、最初の時期はくり返し大きな金額を溶かしていました。

もし、トレードで収益を得たいなら、このブログで紹介している「マーケティングFX」をしっかりと学んで実践すれば、初心者からのプラス収支は十分イケると思います。

矢印 「マーケティングFX」のレビューはこちら!

間違っても、素人が分かったつもりでトレードを行ったり、自称プロトレーダーのやり方を真似たりは避けましょう。

マーケティングFXの教材とツールの使い方を確実に学び、デモトレードを繰り返して、利益を出せる準備が整ってから、チャレンジすることをおススメします。

次回は個人起業でセレブを目指す「やり方」

ちなみに、このトレード戦術をやりながら、長期的な視点で「ガチホ戦術」を行うという戦術もあります。

比較的資金が潤沢な方でないと、なかなか難しいとは思いますが、焦らずにしっかりと学び、投資についても、正しい判断ができるようになってからチャレンジすれば、かなり効率がいい稼ぎ方が可能だと思いますよ。

質問者のイメージ画像 「その方法はいいかもね。」

なお、こうした投資戦術って、人によってはNGという場合もありますよね?

だからこそ、さらに別の選択肢として「個人起業」で稼ぎ、そして大きな成功を実現させる方法も提案したいと思います。

この具体的な手法は次の記事で解説させていただきますので、ぜひご覧になってください。

では、次回の記事をお楽しみに!

矢印次回記事→ネットビジネスを立ち上げて稼ぐ!セレブになるための起業手順

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ