副業禁止規定がある会社で副業を大成功させる方法とは?

公開:2017/11/25

[「会社員が起業・副業」特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

サラリーマンの方は、色々とお金がかかって大変ですよね!

質問者のイメージ画像 「どうしたの?唐突に。」

いや、私の友人が愚痴ってきたんですよ。「部下の結婚式」と「会社の飲み会」が重なってしまい、かなり厳しいらしくて。

サラリーマンって、給料以外に稼ぐ手段がないからこそ、いきなり「まとまったお金が必要になった時」って、本当に大変なんだなあ・・・と、つくづく思います。

・・・まあ、優良企業に勤務していて、ある程度お金に余裕がある人であれば、そういった心配も少ないのかもしれませんが、大半のサラリーマン世帯の人は、毎月の生活に余裕なんてないということですね。

質問者のイメージ画像 「今のあなたじゃ、そういう苦労は分からないかもね。」

いえ、そうでもないですよ。今は億万長者の私ですが、以前はブラック企業に勤務する超貧乏サラリーマンでしたから。

規定に引っかからない方法で稼ぐ!

だからこそ、正社員という立場で「月の生活に余裕が欲しい人」は、休日や仕事帰りの空いた時間に「バイト」や「内職」を考えます。

でも、勤務している企業によっては「副業禁止規定」が社則にある可能性がありますので、もしバイトなどをしようと考えている人は、社則をしっかりと見ておくようにしましょう。

質問者のイメージ画像 「えっ!会社に副業禁止規定なんてあるの?」

はい。大きな企業には定められている所が多いと思います。公務員は副業禁止ですしね。

質問者のイメージ画像 「・・・そうなんだ。知らなかった!」

でも、この「副業禁止規定」って、会社側の立場で考えれば、その理由がわかると思いますよ。

質問者のイメージ画像 「どういうこと?」

会社は「社員の時間とスキル」を賃金を支払って買っています。そして、「よい仕事」をしてもらうために福利厚生に気を使い、社員の生活に手厚い保障を行っているんです。

しかし、社員が空いた時間に「他の仕事」をされてしまえば・・・当然ながら仕事の能率は下がり業績に影響してしまいますよね?

ですから、副業禁止規定は、当然と言えば当然の決まりなんです。

アフィリエイトでの副業

ただし、そういった副業禁止規定がある会社でも、「やり方次第」で副業は行えます。

もちろんバイトは無理です。しかし、アフィリエイトでの副業なら、副業禁止規定に触れずにナイショで活動できます。

・・・よく言う「週末起業」というビジネススタイルですね!

質問者のイメージ画像 「でも、会社にバレたらヤバくない?」

まあ・・・これはその会社の判断にもよりますから、なんとも言えませんね。グレーゾーンという所でしょうか。(笑)

でも、私の知人は「奥さん名義」でアフィリエイトを行っており、ASPや広告の登録名義も「奥さん」にしているようです。(奥さんは専業主婦です)

確かにこの方法だと、いくら規約に厳しい会社でも、全く問題ありませんよね。

デメリットがない「ずるい戦法」

なお、アフィリエイトならば、最初は副業的に稼いでいって、ビジネスが軌道に乗ってきたら「独立開業」というパターンもスムーズに狙えます。

サラリーマンという立場を利用して、独立開業を「安全な立場」から狙えるんですよ。

質問者のイメージ画像 「それって、どういうこと?」

サラリーマンって、福利厚生や将来の賃金もある程度保証されていますよね?

だからこそ、その立場のままネットビジネスに取り組んで、「ビジネスが軌道に乗れば独立開業、うまくいかなければサラリーマンのまま」という、非常に堅実な戦法を取ることもできるんですよ。

質問者のイメージ画像 「それ・・・ずるいけど確かに堅実かも!」

確かに「ずるい方法」ではありますよね。でも、この方法ならば、あなたにデメリットが1つも出てこないんです。

ビジネスに失敗したとしても今の立場を守れますし、ビジネスが軌道に乗って「本当にいける!」と確信できた場合には「独立開業」が選択できますから。

もっとも、月100万円以上稼いでいても、独立開業せずに会社勤めのまま・・・という人もいますので、これはあなたの考え方やライフプラン次第ということです。

今後、副業がしやすい世の中になる可能性も

ちなみに、中小企業庁が平成14年度に調査した結果によれば、企業の85.3%が副業を認めていないとのこと。

しかしながら、政府が2017年3月にまとめた「働き方改革」の実行計画では、副業や兼業の推進を掲げており、つい最近「厚生労働省」が副業を認める就業規則のモデル改正案を有識者会議に提出したそうです。

※参考資料:副業認める就業規則 厚労省がモデル改正案(2017年11月20日掲載:日本経済新聞)

こうした動きが政府主体で出ているということは、今後は副業禁止規定をなくす企業が増えてきて、正社員の副業自体がスタンダードになっていく可能性がありますね。

ただ・・・この流れを逆に捉えると、それだけ「日本企業全体の給料事情が厳しい」という表れですから、今後はますます生活が大変な世の中になっていくのかもしれません。

いずれにしても、この時世を豊かに幸せに暮らしていくために、「ネットで安定的にお金を稼ぐ方法」をマスターしておくことが大事だと思います。

あなたには「大きな可能性」がある!

最後に。今の時代ならば「副業禁止規定がある会社」に勤務していたとしても「やり方次第」で簡単に稼げます。

副業アフィリエイトで「月10万円程度」なら簡単に狙えますし、本気の取り組みで月100万円オーバーだって、このブログで公開中の「まを式アフィリ」を駆使すれば十分可能ですからね。

一番知って欲しいのは、あなたには「大きな可能性がある」ということです。

いくら今ブラック企業に勤めていようと、いくら忙しい立場であろうと「やり方次第」で、あなたの未来は大きく変えられるんです。

売上画像

実際に、私は年収250万円の超底辺サラリーマンでしたし、休日も満足にないほどでした。でも、そんな私も今では億万長者です。(私の収入実績は「稼いだ実績ページ」をご覧ください)

学歴もコネもスキルもない私でも、億万長者になれたんです。あなたにできない訳がありません!

そして、そんな私が毎月100万円を安定的に稼いでいる方法は、このブログで完全公開しています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

もう、あなたが「出来ない理由」なんてないはずです。あなたの人生を変えるために、今すぐ行動を起こしましょう!

では、講座でお会いしましょうね!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ