「な行」(なにぬねの):まを式関連のIT用語

最終更新日:2019/10/25

[「まを式アフィリ」に関連したIT用語辞典]

  • follow us in feedly

「まを式アフィリ」の講座や記事に関連したIT用語「な行」です。

一般的な解説・「まを式」での解説・関連記事などで構成されています。

まをのアバター画像 このページの使い方

このブログの記事内(講座も含む)で、意味のわからない語句があれば、ここで検索してみてください。

記事を書いていって「構成上わかりにくいかな?」と私自身が判断した語句についてのみ解説しています。

あくまで私の個人的な判断に基づいた解説になっておりますことをご了承ください。

※このページは随時更新されていきます。

ニッチ

マーケティング用語では「隙間や適所」という意味で使われます。

ニッチビジネスというと「隙間ビジネス」という意味で、多くの参入者がいない分野での独り勝ちを狙うという意味や、独自の視点で隙間開拓をするという意味で使われます。

ある意味、今では世間的に認知されているビジネスモデルも、最初はニッチなビジネスだったということですね。

そのニッチビジネスが一般的に受け入れられると、最初に始めた人は「大きな財を築くことができる」というわけです。

そして、それがトレンドになる前に参入(マネ)して、大きな利益を狙うのも、ビジネスの常套手段です。

ネットせどり

インターネットを使った「せどり」を行うビジネスを「ネットせどり」(電脳せどり)と言います。

ただし、「ネットせ取り」は、アフィリエイトと比較するとリスクが高い割に稼げる金額が少ないので、あまりおススメできません。

女性のイメージ画像 関連記事

ネットせどり・アフィリエイト!どちらが簡単に月100万円稼げるか検証

ネット通販

インターネットを使った通信販売のことを指しています。

以前は悪質業者の話題も多かったのですが、最近は大手モールの規制強化により、悪質な販売を行う業者が少なくなっています。

経費がかからないので、一般的に「実店舗」よりも販売金額が安い傾向があり、ネット通販の業界自体は成長を続けています。

逆に最近はTV通販やラジオ通販、雑誌通販などの分野が、ネット通販の台頭によって、収益を下がげているようです。

ネットビジネス

インターネットを使ったビジネスのことを指します。

ネットビジネスの種類は多岐に渡り、ネットショップ・ネットせどり・情報起業・アフィリエイトなど様々ですが、初期投資額が少なく、リスクが低いビジネスモデルとして注目度が高い形態です。

ここ最近は、スマホなどのモバイル環境が整って生きていることで、さらに成長度が増してきており、非常に有望なビジネスモデルです。

女性のイメージ画像 「当ブログ内」のノウハウとの関連性

このブログでは、ネットビジネスの中でも「リスクが少なく大きく稼ぐことができる」アフィリエイトの手法について詳しく解説しています。

女性のイメージ画像 関連記事

「まを式アフィリ講座」

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ