ブログ直帰率の目安とは?3億稼いだ私のリアルな指標教えます

公開日:2020/11/02

[「グーグル対策・SEO」特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

自分のブログにおける「直帰率の目安」って、あなたは把握していますか?

質問者のイメージ画像 「直帰率に目安なんてあるの?」

一般的な目安というのはないですね。でも、「自分のブログにおける直帰率の目安」は、絶対にデータとして把握しておくべきです。

世間の「稼いでいるブロガー」は、こうした直帰率をはじめとする様々なデータを数値にして収益化へ生かすとともに、問題が起こったらすぐ原因を特定できるようにしていますからね。

あなたのブログにおける直帰率の目安は?

今回もバッチリ解説します!

・・・といっても、それほど難しく考える必要はありません。

直帰率とは、その名の通り「あなたのブログに訪問したユーザーが、そのまま別のページを見ずに直帰してしまった確率」を指す言葉です。

この数字を見れば、要するに「あなたのブログを見ずに帰ってしまう人の割合」が分かるわけですね。

しかしながら、この数字はジャンルによっても時事によっても、大きく変動しますので、「一般的な平均データ」・・・というものがありません。

質問者のイメージ画像「どういうこと?」

直帰率って、グーグルのアナリティクスに掲載されているメジャーな指標なんですが、これって実はブログの構成やビジネスの手法によっても、全然数値が変わってくるんです。

だから、たとえば「ダイエットジャンルの平均直帰率データは?」・・・なんて数値を探しても全く無意味ということ。

だって、本当にそのサイトごとに最適な数値が変わりますから。

なので、要は他人の直帰率に興味を持っても無意味ということなんです。自分のブログにおける直帰率データをしっかりと把握することこそ、最大のポイントだと覚えておきましょう。

こうしたことについては「儲かるブログの直帰率平均は?高い直帰率の改善と収益化のテク公開」の記事でも言及しているので、そちらもご覧いただければと思います。

自分のブログにおける各種データを把握しよう!

さて、自分のブログにおける「直帰率の目安」を把握するという今回のテーマですが、実はこの数値をちゃんと把握していけば、収益性を高める上で大きな力になってきます。

質問者のイメージ画像 「大きな力?」

はい。ここは重要ポイントだと思いますよ。

簡単に言うと、自分のブログにおいて「ベースとなる直帰率を含めた各種データ」を知っておくことで、何らかの問題が起こった際に、その原因を特定するのに凄く役立つんです。

質問者のイメージ画像 「ベースとなる各種データって?」

これは、「売れているときの自社ブログ」における「直帰率・滞在時間・離脱率・リピート率」などの各データのことです。

もし、あなたがこうしたデータを計測してエクセルなどに保存していないのであれば、今すぐデータを計測しておきましょう。(1か月ごとに計測しておくとベスト)

グーグルアナリティクスで簡単に見ることができますからね。

そして、イザ売れ行きが悪くなった時や、アップデートで数値が悪化した時などには、このベースのデータと現在を比較して、何が問題になっているかを考えればいいということです。

データは嘘を言わない

私が今まで見てきて、注目に値する数値は、やはり直帰率滞在時間でしょうか。

この2つの数値は、売上データと密接に連動しますからね。

過去に起こったことで説明すれば、パソコンからモバイル(スマホ)に検索ボリュームが変わっていく時期において、これら数値は大きく変動しました。

スマホは画面がパソコンと違って縦長。しかも小さいので、ユーザービリティを考えた構成にしないと、モロに直帰率や滞在時間という数値に影響が出ます。

それを見た私は、モバイルニーズに対応したブログ構成となるように大幅な改良を加えて、数値を回復させたんです。

質問者のイメージ画像 「そういう活用方法か!」

そうですね。データは嘘を言いませんので、これ以外にも色々な活用方法があると思います。

検索結果が変わっただけで数値が悪化することもある

あっ!そうそう。コアアップデートなどで検索順位に変動があった際には、単純にアクセス数が変化するだけではなく、こうした各種データにも大きな変化が起こりますから注意しましょう。

直帰率はもとより、滞在時間が大きく変わったり、新規の顧客割合が極端に増えたりして、慌てることが多くなるかもしれません。

・・・でも、これだって変動が原因で起こっていることだと把握すれば、慌てずに時が過ぎるまで冷静に待つことができます。

なお、検索結果の大きな変動の際には、変動が落ち着いた後に、これらの数値が過去のデータとは全然異なってしまうこともあります。

過去の私の経験で言うと、コアアップデート後に、何と直帰率が10%以上も悪化したことがありましたからね。

質問者のイメージ画像 「一気に10%も悪化?それは凄いね。」

はい。その当時は結構ビックリしました。「何かブログに大きな原因があるのかも?」・・・と、すごく狼狽しましたが、結局何も悪い部分は見つからなかったんです。

まあ・・・これは結論的に言うと、ブログの検索結果が掲載されている場所が、大きく様変わりしたことが原因だったんです。

ただ、こうなると対策しようがありませんよね。

質問者のイメージ画像 「えっ!それじゃあ、やられ損じゃん。」

・・・まあ、問題があるとすれば、ズレた場所に掲載しているように見えるグーグルのアルゴリズムなんですが、こればかりは仕方がないことですから。

それに、私たちが個人的に「グーグルはズレた検索結果を表示してる!」などと感じたとしても、実は全体から見れば間違っていないことがほとんど。

私たちは、個人の意見として、自分のブログにマイナス要因が発生した場合だけ、クレームを付けたくなりますが、グーグルは検索全体を見て改良を加えているので、残念ながらグーグル側の対策は正しいと言わざるを得ないんですよ。

だからこそ、グーグルのシステムを把握して、そこに沿った対応をすることと、SEO以外のアクセス獲得の手段も作っておくこと・・・これが大事なんです。

直帰率の目安についてもそう。しっかりと「自分のブログ的な数値」を把握しておき、高い収益性をキープするようにブログ構成を完成させておけば、後はアクセス流入先を増やすことで、収入は高い位置にて安定しますからね。

逆に言うと、PPC広告やツイッターなどからのアクセスについては、出る場所が様変わりすることがないので、かなり安定したビジネスが行えます。

SEO以外の手段にも力を入れておく

質問者のイメージ画像 「そうか!確かにSEO以外の手段も大事だね。」

そうなんですよ。収入に直結するアクセス流入は、何もSEO経由だけではありませんから。

PPC広告経由でも高い収益率が実現しますし、ツイッター経由でも同様に高い収益率が実現します。これは実践で確認済の真実。

特にツイッターは、直帰率データや購入率データを見ると非常に優秀です。

そして、ツイッターが強いのは、複数アカウントが作れるということ。この特徴を生かせば、非常に大きなアクセスが狙えます。

質問者のイメージ画像 「それは大きいね!」

ええ。ブログのスタート時から1,2年程度まではドメインパワーが弱いので、SEO的な強化策としてコツコツと積み重ねていくことが大事です。ただ、コアアップデートなどの大きな変動に巻き込まれる割合も大きいのが懸念点ですね。

ドメインパワーが弱い時期は、あなたがブログで狙っているクエリに対する評価が定まっていません。

だからこそ変動が起こると、他のサイトよりも掲載場所が大きく変わりやすいという特徴があるんですよ。

もちろんこれは、運営が長くなればなるほど、安定してくるんですが、最初は仕方がないことです。(コアアップデートなどの大きな変動だと、ドメインパワーが強いサイトも、やや大きな影響を受けます)

だからこそ、こうした時期に強いのがツイッターからの流入でしょう。

PPC広告も同じで、売れるブログ構成ができていれば、お金をかけることで効率が高いビジネスを行えます。(審査が厳しいのが難点)

直帰率などの目安データをしっかりと把握していると、こうした様々なアクセスアップ対策を行っても、プラス収支に持っていける数字的な目安がハッキリと分かるので、たとえば広告のクリック単価に対してどれだけの利益が出るかも、簡単に計算できます。

これが広告を使う最大のメリットです。

データを活用して大きな収益を目指そう!

圧倒的に稼ごう!

いかがでしょうか。

今回はかなり細かくて難しい解説だったので、ここまで読んだあなたは優秀だと思います。

でも、直帰率などの目安データは、あなたにとってお宝データとも言える貴重なものです。

今回の記事内容をしっかりと生かして、大きな収益を目指してくださいね!

なお、このブログでは私が月100万オーバーを実現しているアフィリエイト方法を完全公開しています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

ぜひあなたも、この「まを式アフィリ」を利用して、圧倒的な収入を実現させてください。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ