広告掲載基準変更に過敏な反応をせず、増収・増益を考えよう!

公開:2016/04/28 更新:2016/05/05

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

4月25日から、ヤフーの広告掲載基準が変更されましたね。

以前の記事「ヤフーPPC広告の規約変更と「まを式アフィリ」的なポイント解説」でも言及したように、今回の掲載基準変更は「まを式アフィリ」にとっては、それほど影響がありません。

ただ、こういった規約変更があると、必ず「ペラページが終わる!」などと不安をあおる人が出てきますね。

今回もそういった情報をどこかで耳にしたのか、規約変更で「まを式アフィリのノウハウが使えなくなりませんか?」という質問を多々いただきました。

でも、当然ながら「まを式アフィリ」のノウハウが使えなくなるなんてことは一切なく、特に影響は出ておりませんので、心配されずにガンガン稼いでくださいね!

規約変更とアドバンスドURLについて

質問者のイメージ画像 「でも、こういう大きな変更って心配になるよね。」

そうですね。私もPPCアフィリエイトを始めた頃は、何らかの変更があると「すごく不安」になりましたから、その気持ちはわかります。

でも、私は「まを式アフィリ」を実践して6年以上になりますが、1度もノウハウに影響を受けた変更は経験していません。

ですから、あまり過敏に反応しなくてもいいと思いますよ。

もちろん、規約変更の内容について「しっかりと把握しておく」というのは大原則ですが、ほぼ影響がない規約変更に対して過剰な心配をするのは、ハッキリ言って「時間の無駄」ですからね。

余計なことを考える暇があるなら、「まを式アフィリ」のノウハウを進めて収益を増やすことを考えましょう。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

「まを式アフィリ」のノウハウを進めていけば、月額100万円の収益が見えてきます。

月100万円を達成したら、さらなる大きな収益を目指して「収益の柱を増やす」ことを検討しましょう。

※収益の柱を増やすノウハウについては「毎月100万稼ぐ方法(本気で稼ぎたい人のため)」の記事で詳しく解説しています。

審査基準の変更はユーザーのために行っている

でも、今後もこういった審査基準の変更は年に数回はあると思います。

質問者のイメージ画像 「何でそんなに審査基準を変えるんだろう?」

審査基準の変更は、検索結果を検索ユーザーが求める形へ最適化するために行うんですよ。

質問者のイメージ画像「・・・どういうこと?」

PPC広告は、検索結果に有料で掲載する検索連動型の広告ですが、実際にその広告をクリックして見てくれるのは「検索ユーザー」です。

ですから、まずはその検索ユーザーが、より多く「ヤフー」という検索エンジンを使ってくれないと、このPPC広告というビジネスモデル自体が成り立たないんですよ。

そういう理由から、常に検索ユーザーが求める形へと最適化する必要があるんです。

検索ユーザーのニーズを無視してしまうと、検索ユーザーがヤフーの検索エンジンから離れてしまい、PPC広告のビジネス自体が成り立たなくなってしまいますからね。

質問者のイメージ画像 「そういうことか!」

何かあれば、すぐブログで対処法を公開するのでご安心を!

私たちのように正攻法でPPC広告を利用していれば、こうした規約・審査基準の変更で、それほど大きな影響を受けることはありません。

でも、もし仮に「まを式アフィリ」に影響があるような「非常に大きな変更」が行われた場合には、このブログで対処法を公開しますので、ご安心ください。

これは、ヤフープロモーション広告に限った話ではなく、ASPが行う変更などの「アフィリエイトビジネス全体」においての話です。

私はネットだけで「3億円」近い収益を上げた実績があり、今もアフィリエイトを不労所得化して、毎月100万円以上の収益を発生させ続けています。(詳しくは「稼いだ実績ページ」をご覧ください)

売上画像

そんな私は、現状の2歩、3歩先のアフィリエイトビジネスを行っておりますので、様々な変更や改変は、実は「想定済み」なんですよ。

ですから、冒頭でもお伝えしましたが、余計な心配をするよりも「まを式アフィリ」のノウハウを進めることに専念されてください。

次回は「アドバンスドURL」について解説します

さて、今回は4月25日に行われたヤフープロモーション広告における掲載基準変更について解説しましたが、もう1つの大きな変更をご存知ですか?

質問者のイメージ画像 「えっ!何それ?」

アドバンスドURLですよ。すでに4月13日よりアドバンスドURLの提供が開始されているんです。

次の記事では、このアドバンスドURLについて、「まを式アフィリ」に必要な解説をしようと思います。

では、次の記事「アドバンスドURLでの広告出稿と移行作業(まを式アフィリ的解説)」でお会いしましょう!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ