ヤフーPPC広告の規約変更と「まを式アフィリ」的なポイント解説

公開:2016/02/01

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

1月27日にヤフーから「広告掲載基準変更のお知らせ」というメールが届きました。

今回は、このヤフープロモーション広告の規約変更(2016年4月25日適用)についてのお話です。

さて、今回の変更を見ると、一部「まを式アフィリ」のノウハウに少しだけ影響がある部分がありますが、特に大きな影響はなさそうでしたね。

質問者のイメージ画像 「PPC広告って、こういう変更多いよね。」

まあ、色々な出稿方法を考える人がいますし、規約も「その人の見方」によって色々な受け取り方ができますからね。その都度対策をしないと市場が荒れるんですよ。

質問者のイメージ画像 「ふ~ん。日本語って難しいね。」

確かに。(笑)

今回は、このヤフープロモーション広告規約改定について、「まを式アフィリ」に関係する部分に着目しながら解説していきましょう。

規約変更についてポイントを解説

なお、今回の変更は、YAHOO!プロモーション広告「広告主様へのお知らせ」のページからご覧いただけます。

2016/01/27 広告掲載基準変更のお知らせ(2016/4/25適用開始)
参照:http://promotionalads.yahoo.co.jp/support/announce/2016/0127.html

まず、最初に言っておくと、今回の変更で「まを式アフィリ」で稼げなくなるといったことはないと思います。

変更ポイントをヤフー側がリリースしたPDF資料を見ながら、詳しく確認してみましたが、それによれば大きな影響を受けることはなさそうです。

質問者のイメージ画像 「よかった!ちょっと気になってたんだよね。」

もちろん、確実にOKと言えるかどうかは、期日を過ぎてみないとわかりませんが、多分大丈夫だと思いますよ。

ただし、1つだけ「まを式アフィリ」に影響する部分があるので、そこだけは知っておく必要があります。

規約変更のポイント

まずは今回のヤフープロモーション広告の規約変更について、解説していきましょう。

「まを式アフィリ」のノウハウで影響を受けるのは1つ。

今まで「運営者情報」と「連絡先メールアドレス」の表示のみでアフィリエイト活動ができましたが、この規約変更で、それがNGとなります。

4月25日からは、新しく「住所・電話番号」の表示が義務化される予定です。

質問者のイメージ画像 「本名も必要になるの?」

いえ。そこは変わらないようです。今まで通り「運営者情報」の場所に、あなたのサイト名を記述すればOKだと思います。(まを式アフィリで教えている方法です)

なお、「まを式アフィリ」のノウハウでは、ページを見て最短距離でリンク先の広告主ページに飛んでいくので、「運営者情報・特定商取引法における記述」のページを見る人はほとんどいません。

記載したところで電話が来ることは、まずないと思うので、今回の変更によって大きな影響はないと思います。

私は「まを式アフィリ」のノウハウを実践して6年になりますが、未だ問い合わせをもらった経験がありません。

これだけ稼いでいる私でも、こんな感じですから、あまり気にしなくてもいいと思います。

広告とサイトの関連性が重要

質問者のイメージ画像 「他の変更ポイントは?」

色々とありますよ。でも、「まを式アフィリ」のノウハウには直接影響がなさそうです。

影響がありそうな人は、広告とサイトの関連性が薄いタイプのアフィリエイトをしている人でしょう。

要は、広告で書いている内容が、サイトに行くと書いていないような場合です。

具体的な商品名で広告を出しているのに、サイトを見ると口コミだけだった・・・などの場合は今後審査には通りません。

他にもいくつか変更ポイントはありますが、「まを式アフィリ」には大きく影響がなさそうなので、説明は省きます。

まあ、期日が来るまでに、修正ポイントについては変えておいてくださいね。

アドバンスドURLは「なりすまし広告」への対策

実は、これら変更は、昨年からある程度の予想がされていました。

昨年に「アドバンスドURL」を導入するというお知らせが届いたことを覚えていますか?

質問者のイメージ画像 「そういえばメールで見た気がする。」

アドバンスドURLは、「なりすまし広告」でアフィリサイトへ誘導するのを禁止するための処置です。

これまでヤフー側では、「表示URLは自由に変えてもOKですよ!」というスタンスだったんです。

要するに「表示URL」は広告の一部という考えで、アフィリエイターは自由に「表示URL」を広告ごとに変えることができていたんです。

でも、それが今度は禁止になる予定です。

質問者のイメージ画像「どうして禁止になるの?」

「表示URL」で公式サイトそっくりにドメインを偽装し、サイトまで公式そっくりに作って、ユーザーを誤認させたままアフィリエイト先へ誘導する人が出てきたからです。

これを「なりすまし広告」と言っています。

でも、これは正直「やりすぎ」です。こんなことをしなくても正攻法で稼げます。

こんなユーザーを騙す行為をしなくても、「まを式アフィリ」では、最短距離で顧客を広告主サイトへ誘導して稼げていますからね。

違反行為には厳しい措置が待っている

この「なりすまし広告」は、現時点では明確な規約違反というよりは「ギリギリなグレー手法」という感じでしたが、今後はヤフープロモーション広告的には「完全NGな行為」となります。

質問者のイメージ画像 「まあ、アイデアは凄いけど・・・みんな色々考えるんだね。」

そうですね。規定の隙間を狙って稼ごうと考える人は多いですね。

もちろん、それが正攻法なら全然OKなんですが、悪い方向に考えてしまうと、色々な所で問題が起こります。

「まを式アフィリ」の手法は、騙しや規約の裏を突くようなことを一切行いませんし、PPC広告にて商標で出稿する場合は、完全に「商標OK」の案件にしか出しませんので、完全にクリーンな正攻法で稼ぎます。

ですが、そういうクリーンな正攻法をやる人ばかりじゃないんです。

ここ最近は、PPCアフィリエイトの市場が「悪質なアフィリエイター」によって荒らされる事例が増えてきていました。

例えば「商標NG案件」に対して、地域限定を使ってこっそり出稿したり、あえて深夜だけこっそり出稿したりするような行為は、非常に多く見られるんですよ。

質問者のイメージ画像 「そんな悪いことする人がいるの?」

そうなんですよ。でも、こういった行為は詐欺行為ですから、ASPや広告主から厳しい措置が待っています。

※ASPによる規約違反へのペナルティー等については、以下記事もご参照ください。

ペナルティーに怯えるより、正攻法でガンガン稼ぎましょう

稼ぎたいという気持ちは、稼げなかった時期が長かった私は痛いほどわかります。

でも、違反行為に手を染めてしまうと、ペナルティーを食らった時に我に返り、必ず後悔するでしょう。

だって、悪質な違反行為をしたアフィリエイターには「永久追放」という厳しい措置が待っていますからね・・・。

要するに「ブラックリスト」に入ってしまうということです。

一度ブラックリストに載ると、もうアフィリエイト活動ができません。リストは大手ASPで共有されていますから。

せっかくアフィリエイトという素晴らしいネットビジネスに出会えたんですから、一時的な小銭を稼ぐためだけに重大なペナルティーを食らって欲しくありません。

身に覚えがある方は、この機会に正攻法のアフィリエイトを身につけて、楽しく大きく稼ぎましょう。

ペナルティーに怯えながら生活するよりも、正攻法でガンガン稼いで、しかも楽しく生活した方が幸せですからね!

まずは、このブログで完全公開している「まを式アフィリ講座」をご覧ください。

「まを式アフィリ」は初心者がゼロから正攻法で稼ぐアフィリエイト方法です。

非常にシンプルですが、規約を順守しながら月100万円を目指せます。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

このブログで完全公開中ですので、ぜひ詳しく見ておいてくださいね。

あなたの心配事は、このブログと「まを式アフィリ」が解決!

今回の変更も「まを式アフィリ」には影響が薄い可能性が高いです。

でも、もしかしたらあなたは、心配事があるのかもしれませんね。

「今後大きな変更があって、まを式アフィリが使えなくなったらどうしよう」・・・と。

でも、ご安心ください。「大きく影響がある何らかの事例」が発覚した場合には、このブログ上で詳しく解説しますから。

私は様々な変更や改変を想定しており、それに対応する解決策について、すでにある程度の用意ができているんですよ。

ですから、今後「まを式アフィリ」に大きく影響がある「何らかの変更」があった場合は、まず私のブログにご訪問ください。

全てを想定して、この「まを式アフィリ」のブログを立ち上げていますから、何らかの変更に対し、何かしらの解決策は提示できると思いますからね!

質問者のイメージ画像「頼もしいことを言ってくれるじゃん!」

「億」を稼いだ私を見くびってはいけませんよ。(笑)

あなたの心配事や悩みは、このブログと「まを式アフィリ」のノウハウが解決してくれるっていうことを忘れないでくださいね。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ