ヤフープロモーション広告(スポンサードサーチ)の規約と注意点

公開:2015/05/20 更新:2018/01/09

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

ヤフープロモーション広告(スポンサードサーチ)で、アフィリエイトをする際の「重要ポイント」としては、広告の規約や禁止事項を知っておくことが第一に挙げられます。

「出してはいけないジャンル」や「使ってはいけない表現」など、さまざまな制約があるんです。

ここは「ある程度」知っておかないと、いくら広告を作っても「掲載不可」になったり、「掲載停止」になったりしてしまうため、作業効率が非常に悪くなります。

また、繰り返して悪質な行為(出してはいけないジャンルへの出稿を繰り返すなど)をすると、強制的にアカウント停止になることもありますので、ある程度の知識は付けておくことが大事です。

質問者のイメージ画像 「アカウント停止は避けたい!」

今回は、ヤフープロモーション広告(スポンサードサーチ)を行う際に覚えておくべき広告規制と規約について解説しようと思います。

ヤフープロモーション広告の注意点

ヤフープロモーション広告(スポンサードサーチ)は、最短だと即日で広告掲載されるため、狙ったキーワードで簡単にプロモーションが可能です。

稼げると判断したアフィリエイトプログラムがあれば、すぐにサイトを作り、一気に広告掲載を行って、すぐに稼ぐということもできます。

質問者のイメージ画像「イケイケな感じで稼げるんだね!」

ただし、広告掲載には色々な規約があり、この規約に反した行為を行うと、広告が掲載停止になることがあります。

また悪質だと判断されると、アカウント自体が強制的に停止することもあるんです。

禁止事項や規約を知っておく

質問者のイメージ画像 「そういうことを防ぐにはどうしたらいい?」

そういうトラブルを防ぐためには、ヤフープロモーション広告(スポンサードサーチ)の規約や禁止事項についての知識を持つことが大事です。

質問者のイメージ画像 「けっこう難しそうね・・・。」

広告規約は長文ですし、覚えるのは難しいですね。

でも、自分が行うアフィリエイトの重要ポイントだけを、しっかりと理解すれば大丈夫ですからご心配なく。

ビジネスモデルによっても注意するポイントは異なりますが、ここでは「まを式アフィリ」に関することで、どうしても押さえておきたいポイントに厳選して解説しましょう。

スポンサードサーチで注意したいポイント

まずは、「まを式アフィリ」的に覚えておくべきポイントをざっと書き出しておきましょう。

矢印 広告表現の規制

  • 誇大広告(誇大表現)
  • 断定表現
  • 記号の連続
  • その他

矢印 掲載できないジャンル

  • ギャンブル系
  • アダルト系(出会い系も)
  • 犯罪系
  • その他

矢印 注意するべきこと:その他

  • 酒類の場合
  • 薬機法(旧薬事法)
  • 特定商取引
  • 景品表示法

矢印 コンテンツ不足の問題について

  • コンテンツ不足

ざっと挙げてみましたが、「まを式アフィリ」だけに絞って解説していても、けっこうポイントが多くなってしまいました。

ただし、これらは私が広告掲載する際に「最低限」気をつけているポイントです。

では、これらの項目を1つ1つ簡潔に解説していこうと思います。

広告表現の規制について

誇大広告(誇大表現)

これはそのままの意味です。サービスや商品を誇大にアピールすることは禁止されています。

ただし、事実であり、それを証明する「証拠」がある場合は掲載できる場合があります。

アフィリエイトの場合は、広告主の商品について誇大に表現した「広告文」を作らないようにすることが大事です。

なお、プログラムによっては、広告主サイト自体が誇大表現を使っていて、審査に通らないケースもあります。こういった場合は仕方がないので、さっさと諦めるべきです。

断定表現

断定表現(絶対・確実など)は使用できません。

例えば「絶対に稼げます!」や「確実に痩せます」などは断定表現です。(誇大表現とも取れますね)

また、「100%」などの表現も使うことができません。

記号の連続

記号の連続はNGとなります。(!!など)

また、同種記号を3回以上使うことも禁止となります。記号を装飾目的で使うこともできません。

※これら規約・広告規制については、ヤフーの「マーケティングソリューション ヘルプ」で詳しい情報が確認できます。

掲載できないジャンル

アフィリエイトで掲載できないジャンルとして、

  • ギャンブル系
  • アダルト系(出会い系も)
  • 犯罪系

を覚えておけばいいでしょう。もっと数多くのジャンルが掲載できないのですが、アフィリエイトで考えると、最低限これだけを知っておくことで、大半はカバーできます。

なお、掲載OKのジャンルでも規制が厳しいジャンルもあります。例えば「占い」や「結婚相談」などのジャンルです。

※詳しくはヤフーの「マーケティングソリューション ヘルプ」で詳しい情報が確認できます。

注意するべきこと:その他

「注意するべきこと:その他」については、以下4点を知っておくべきと考えます。

  1. 酒類の場合
  2. 薬機法(旧薬事法)
  3. 特定商取引
  4. 景品表示法

では、1つずつ順番に解説していきましょう。

1・酒類の場合

酒類の広告に関する規制については、1つ大事なポイントを覚えておきましょう。

簡単に言えば、よく店先で「お酒は20歳を過ぎてから」という表示を見ることがあると思いますが、これをネット上でも行ってくださいということです。

2・薬機法(旧薬事法)

医薬品・化粧品などは薬機法で規制がされています。

私たちアフィリエイターが気にするのは「誇大表現」や「治癒効果を謳う表現」をしないことです。

医薬品や化粧品については「効能的なアピール」はしないような広告表現やサイト構成にすることが大事ということですね。

3・特定商取引法

これは、訪問販売や通信販売等などの形態のビジネスに対して、事業者が守るべきルールを定めた法律です。

PPCアフィリエイトを行う場合は、ヤフープロモーション広告に掲載する際にこの項目(ページ)を作成する必要があります。

詳しくは、アフィリエイトサイトの作り方「まを式アフィリ・入門編-6」を見ていただければ、詳しい方法が記載されていますので、ご参照ください。

4・景品表示法

景品表示法は幅広いテーマですが、優良誤認表示や有利誤認表示についてが有名です。

情報商材の「誇大表現」も問題になっていますね。

詳しくは消費者庁の景品表示法関連の「よくある質問コーナー」をご参照ください。

コンテンツ不足の問題について

なお、いろいろなプログラムで広告掲載していくと、「コンテンツ不足」という理由で広告が掲載停止になることがあります。

掲載停止の理由は、「広告主の商品やサイト構成によるもの」という場合が大半です。

「まを式アフィリ」のようにペラサイトの構成で出稿していると、「広告主の商品・サービス」との関係性によって掲載停止が起こることがあります。

これらは広告主側の問題ですから、再審査に出しても通すことは難しいです。

「コンテンツ不足」による掲載停止になった場合は、その案件はすっぱりと諦めて、別のプログラムに注力することが効率がいい方法です。

今回の内容は「まを式アフィリ」的な重要ポイントです

さて、長々と解説しましたが、これらを基本的な知識として頭に入れておくことをおススメします。

なお、これらの知識は、私の経験上知り得たノウハウが多分に含まれていますので、私独自の見解や解釈に基づいて重要ポイントを導き出しています。

私の場合は「まを式アフィリ」に対応したノウハウという視点で書いていますので、その点はご理解ください。

ただ、「まを式アフィリ」で稼ぐことをお考えの方は、ぜひ詳しく見ていただき、実践に反映させることをおススメします。

実際に大きな金額を稼げるアフィリエイト方法

なお、「まを式アフィリ」の詳しい方法については、このブログで完全公開していますので、隅々までチェックしておいてください。

まをのアバター画像 「まを式アフィリ講座」はこちら!

実際に講座通りに進めていけば、月100万円オーバーを狙えるアフィリエイトサイトを構築することができます。

非常に簡単でシンプルなノウハウですが、稼ぐ力は非常に高く、効率も高い方法です。ぜひ身につけていただき、大きな金額を稼いで、金銭的な成功を手に入れましょう。

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ