ディスクリプションでSEO効果アップ!大幅アクセス増を狙う方法

公開日:2020/06/28

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

あなたは「ディスクリプション」を適当な感じで終わらせていませんか?

私の知人は、ディスクリプションを「いちいち記事ごとに考えるのが面倒」という理由で、ワードプレスのテーマが自動入力するものを「そのまま」利用していました。

でも、このディスクリプションって、実は「SEO的に大事なポイント」が満載なので、テーマが自動的に入力する文字列を使うなんて、絶対に止めた方がいいです!

今回は、ディスクリプションをしっかりと指定して、SEO的に大きな効果を狙う方法・・・要するに濃いアクセスを多く獲得する方法を解説いたします。

ディスクリプションでSEO効果を倍増させる!

今回も詳しく解説します!

質問者のイメージ画像 「そのディスクリプションって何なの?」

ディスクリプション(description)とは、「検索結果のタイトル下に出ている説明文」と考えていただければ大体合っています。

正確には「メタディスクリプション」(meta description)という名称で、WEBページの内容をまとめて簡潔に表している文章のことを指しているんですが、基本的には上記で説明した意味合いでとらえた方が分かりやすいでしょう。

これで分からない方に「もう少し細かく解説」すると、たとえば「私たちが普段使っているネット検索」では、検索結果にタイトルと説明文が表示されますよね?

下記はヤフー検索で「ダイエット」と検索した際の検索結果です。

タイトルとディスクリプションの図解説明

・・・どうでしょうか。すごく簡単ですよね。

ちなみに、細かく言うと、いくらディスクリプションを私たちがブログ記事を書いた際に設定したとしても、それが全部検索結果で採用されるってワケじゃありません。

タイトル自体は100%そのまま掲載されますが、タイトル下の説明文については、ディスクリプションとして設定した文章か、もしくは本文中からグーグルが抜粋した文章が載ります。

質問者のイメージ画像 「えっ!それはWEBマスターが選択できないの?」

ええ。グーグルのシステムが選んだものが表示されますので、私たち側で指定することはできません。

でも、わたしが運営しているブログ(複数)の検索結果を見ていくと、ディスクリプションとして設定した文章が採用される確率ってかなり高めになっているので、ちゃんと設定していくことが大きなSEO効果につながると思いますよ。

ディスクリプションがなぜSEO的に大事なのか?

質問者のイメージ画像 「何でディスクリプションがSEO的に大事になるの?」

ここはすごく大事なポイントになるので、もう少し細かく説明していきましょう。

まず、ちょっと考えてみてください。ディスクリプションは「タイトルと共に検索結果に表示されることが多い」ってことを、先ほど解説しましたよね。

指定したディスクリプション全てが採用されるわけじゃなく、場合によってはグーグルが勝手に本文中から抜粋した文章を検索結果に表示してしまいますが、それは確率的に仕方がないこと。

・・・ただ、多くの場合に、「ディスクリプションが説明文として採用される」ってこと自体がポイントなんです。

たとえば、あなたが普段「ネット検索」を使うケースを想像してみてください。

この場合、あなたが自身が興味あるキーワードを入力し、そして普通に「検索」すると思いますが、その際に表示された検索結果から、あなたは「何を基準にして」閲覧するWEBページを選びますか?

質問者のイメージ画像 「あっ!そうだ。タイトルと説明文を見て選ぶ!」

ねっ?ほとんどの人は、検索結果の一覧から「タイトル」と「説明文」を見て、自分が見たいページを選んでいるんですよ。

だから、ここに適当なディスクリプションを入れてしまうと・・・お分かりですよね?クリック率が大きく下がってしまうんです。

クリック率が下がれば、当然ながらアクセス数も下がります。また、クリック率が低いと順位にも影響します。

1つ1つの記事にディスクリプションを設定するのって、けっこう面倒に思うかもしれませんが、ここまで解説したように、SEO的には大きすぎるほどの影響力があるんですよ。

これって、無視できるレベルの話じゃありませんよね?

ファーストインプレッションで魅力を演出する

ディスクリプションがSEO的に大きな影響力を持つ「真の意味」については、ご理解いただけたでしょうか?

なお、「ディスクリプションをどう書くか?」についてですが、これは記事で書いている内容を端的に表すとともに、どうしてもクリックしたくなるような説明文にすべきです。

「その記事を読むことでユーザーが得られるメリット」を、魅力的に書いておけばいいと思います。(ウソはダメですが)

質問者のイメージ画像 「魅力を演出して記事に誘導するってことね。」

その通り!ファーストインプレッションで魅力を演出するのが、タイトルとディスクリプションの意味だと考えてください。

ここをしっかりと対策しておくことで、後に大きな結果となって返ってきますからね。

これは、単純に「アクセス数や検索順位」にとっての意味・・・というだけではありません。

ディスクリプションで魅力ある説明文を見せておくことで、見込み客自体が、あなたの記事内容をあらかじめ把握してくれるとともに、最初から期待を持って訪問してくれることにもつながります。

だからこそ、記事本文に書いてある内容について、期待を持ちながら読み進めてくれることになるんです。

こうなれば、収益率にも「モロに影響する」んですよ。

質問者のイメージ画像 「それは凄いね!」

でしょう?だからこそ、面倒でもちゃんとタイトルとディスクリプションを作りこみましょうね。

あなたは本物のアフィリエイトを知るべき

さて、今回の記事はいかがだったでしょうか。

ディスクリプションをちゃんと作りこむ重要性を、この記事を読むことで理解していただければ幸いです。

・・・まあ、この記事をここまでマジメにお読みくださったあなたは、多分「サイトの収益化」に対して凄く真剣に取り組んでおられる方でしょうね!

そんなあなたには、ぜひ爆益を獲得できる「本物のアフィリエイト」を知っていただきたいと強く思います。

質問者のイメージ画像 「本物のアフィリエイト?」

はい。本物のアフィリエイトとは、私が今リアルに実践し、圧倒的に稼いでいる手法のことです。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

マジメで真剣にノウハウを進めることができる「あなた」なら、私を超える成功も実現可能でしょう。

ハッキリ言うと、私は累計で3億円以上をネットで稼いだという「本物の成功者」です。

そして、この「まを式アフィリ」は、そんな私が今リアルに実践して毎月100万円を超える金額を稼ぎ続けている方法「そのもの」。

まずは講座をご覧ください。そして、これからのあなたの人生を激変させてください。

あなたには、その力があると思いますからね!

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ