アマゾン・アソシエイトプログラムは稼げるのか?の検証

最終更新日:2019/08/02

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

アマゾン・アソシエイトプログラムは、ネット通販の大手Amazonのアフィリエイトプログラムです。

いきなりですが「アマゾン・アソシエイトプログラムで稼げるか?」というと、正直に言って私は「ある程度の実績」は上げています。

しかし、かなり特殊な条件が多いのがこのプログラム最大の難点です。

今回は、このアマゾン・アソシエイトプログラムについて「どう稼いでいけばいいのか?」「どういうメリット・デメリットがあるのか?」ということについて詳しく解説していきましょう。

アマゾン・アソシエイトプログラムは稼げる?

アマゾン・アソシエイトプログラムは、ネット通販では日本で3本の指に入るアマゾンの商品のアフィリエイトですから、売れないはずがありません。

また、楽天やヤフーショップのアフィリエイトはかなり料率が低く、ほとんどのショップが1%に対して、アマゾン・アソシエイトプログラムは、以前から高めに設定されています。

このように1つの商品の販売に対しての報酬額が高くなる期待が持てるため、一見かなり条件がいいように見えます。

アマゾンアソシエイトには3つの落とし穴がある

しかし、アマゾンアソシエイトには3つの大きな落とし穴があります。

  1. 報酬額は最大で1080円(これ以上にはならない)
  2. クッキーはたった24時間
  3. ビデオ・ギフト券は成果対象外

これを見ると、かなり報酬条件が厳しいかがわかると思います。

例えば他の一般的なアフィリエイトプログラムの場合、下記のように高額商品が売れた場合は、かなりの高額報酬が発生します。

報酬画面

しかし、アマゾン・アソシエイトプログラムの報酬額は高くても1080円が上限です。わかりやすいように最近の私の報酬額を掲載しておきましょう。

Amazonの報酬データ(1080円)

この画像を見ればわかりますが、139,626円の商品を売っても、報酬額は1,080円ですね。

質問者のイメージ画像 「やらないほうがいいじゃん!」

そうですね。アマゾンの集客力は業界随一ですから、非常に報酬が上がりやすいという最大のメリットは見逃せない部分ではありますが、やはりデメリットの方が多いので、私的にはお勧めしていません。

アマゾンアソシエイトは条件が厳しすぎる

正直言って、先ほど言った報酬の発生条件が厳しいという部分がネックではないんですよ。

だって、報酬額上限が決まっていることは大きなマイナスですが、アマゾンが持つ魅力と比較したら問題にもなりませんし、クッキーが24時間と言うのも、やり方によっては稼げますからね。

質問者のイメージ画像 「じゃあ、なんでおススメできないの?」

ハッキリ言うと「色々な条件が厳しすぎる」んですよ。あそこまで制限が多いと、なかなか自由度が高いビジネスサイトが構築できないので、私は実践しないんです。

アフィリエイトで稼ぐのであれば、大きな魅力を持つ案件が他にもっとたくさんありますからね!

あえてアマゾンで勝負をするだけの大きな魅力がないというのが私の出した結論です。

初心者には非常に難しい

アマゾンアソシエイトは、初心者の方が大きく利益を上げるのは、かなり難しいと思います。

私のように放置サイトから勝手に報酬が上がっている状態を作り上げているなら、当然そのまま放置しておいてもいいですが、今からあえてアマゾン・アソシエイトプログラムを行うのは、非常に効率が悪いと思います。

また・・・ハッキリ言ってしまうと、アマゾンだけではそれほど稼げません。・・・これもおススメしない理由の1つです。

アマゾン・アソシエイトプログラムを行うのなら、「まを式アフィリ」を駆使して月100万円を稼ぐほうが100倍効率がいいですからね。

もちろん、アマゾン・アソシエイトプログラムは収益が上がりやすいシステムです。

しかし、「まを式アフィリ」で解説しているノウハウの方が「はるかに効率よく」稼げますし、大きな金額を狙うこともできます。だから、私はおススメしていないのです。

まずは、このブログで「まを式アフィリ」をしっかり身につけて、月100万円を実現させましょう。

「まを式アフィリ」はこのブログで完全公開中ですから。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

※「まを式アフィリ講座」が最新のノウハウにアップデートされました!3億円以上稼ぎ、いとも簡単に月100万円以上を稼ぐブログを構築できてしまう「私のすべて」を完全公開中です!

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ