インターネット広告市場が急伸!アフィリエイトが稼ぎやすくなった

最終更新日:2019/10/25

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

景気回復が起こると、広告市場にも大きな活気が出てくるのは必然ですよね!

・・・といっても、今の日本は不景気の真っ最中。景気回復は夢の話のように思えてくるような状態です。(汗)

業種や地域によって「格差」が激しくなっているのが正直なところだとは思いますが、今の時代は「お金を持っている人」と「持っていない人」の差が大きくなっているようですね。

でも、実はそんな中で広告業界が急伸しているのをご存知ですか?

質問者のイメージ画像 「えっ?それって本当なの?」

もちろん、本当です。ハッキリ言って、今はアフィリエイトを行っている人にとって、大チャンスといえる状態なんですよ。

そこで今回は「広告市場が急伸している中で、どうアフィリエイトで稼ぐか?」について解説します。

「今」アフィリエイトが稼げる理由

ここで、「少し前の資料」を見ていただこうと思います。

「2014 年 日本の広告費」(電通)によると、2014年は総広告費が6兆1522億円と、前年比で2.9%増で4年連続で増えている・・・となっています。

質問者のイメージ画像 「へえ~っ。2014年はまだまだ景気がよかったのか。」

では、2018年はどうだったか?・・・これも同じく電通の報告を見てみましょうか。

実は、2018年においても同じように電通が発表したニュースリリースがあります。そのニュースリリースによると、2018年は総広告費がなんと6兆5300億円!(前年比で2.2%増)

※参照:2018年 日本の広告費|インターネット(電通)

しかも驚くことに、なんと8年連続での増加となっているんですよ!

質問者のイメージ画像 「えっ!ここず~っと増加傾向なの?」

そうなんです。・・・お分かりでしょうか?これほど不景気といわれている中でも、広告費は8年連続で増加中ということなんです!

インターネット広告費がとうとうテレビと並ぶ!

しかも、これには続きがあります。

・・・というか、これは今までネットビジネスに関わってきた人間には「衝撃的なニュース」でした。

2014年に「インターネット広告費が初の年間1兆円突破!」というニュースが出た際には、界隈で大きな話題になりましたが、2018年には1兆7589億円にまで成長!

さらに細かく見てみたら、なんと毎年の2ケタ成長を続けており、圧倒的王者だったテレビ広告費とほぼ並ぶところまで来ているんですよ!(2018年度の地上波テレビ広告費は1兆7848億円)

質問者のイメージ画像 「ネットって凄いことになってるじゃん!」

そうなんです。もう、鈍い方でもお分かりだと思いますが、これはハッキリ言って「ネットビジネスに大きな波が来ている」ってことなんです。

目の付け所を間違えず、この「稼ぐ流れ」に乗ろう!

質問者のイメージ画像 「何だか特定の場所だけ潤っている気がするけどね。」

一般目線で見ると、そう感じるかもしれません。

でも、市場全体として「お金」が流れるようになっているということは「売れやすくなっている」ということですから、目の付けどころさえ間違えなければ、今までよりも稼ぐチャンスがめちゃくちゃ大きいんですよ。

質問者のイメージ画像「目の付けどころ?」

要するに「稼げる市場」に「稼げる方法」で挑むということです。

見当違いのところで、見当違いの方法をしても、顧客の求めるものを提供できていなければ、いくら「稼ぎ時」になったとしても全く稼げませんから。

こういう稼ぎやすくなっている時期に、成功できるのは「稼ぐ流れ」に乗った人だけです。

ただし、その「稼ぐ流れ」には運や努力では乗れません。

しっかりと「稼げる市場」を見つけて、その市場に「稼げる方法」を使う必要があるんです。

質問者のイメージ画像 「・・・難しい話だね。」

説明すると難しく感じるかもしれませんが、実際に覚えることと、やることはシンプルで単純です。

詳しい方法については「まを式アフィリ講座」で詳しく解説していますので、ご参照ください。

ネット広告の一人勝ち状態!

さて、広告費が年々増加していると冒頭でお伝えしましたが、どう増えているか気になりませんか?

質問者のイメージ画像 「気になる!」

ハッキリ言ってしまうと、4媒体(4マスメディア)と言われている「新聞・雑誌・テレビ・ラジオ」の広告費は前年度比で全て減少しているんですよ。

これら4マスメディアについては、影響力がどんどん弱まってきている印象ですね。

逆にネット広告費はどうかというと、これが一人勝ち状態!とうとうテレビとほぼ並ぶ規模に成長していますからね。(1兆円規模はテレビとネットだけ)

なお、2005年度のネット広告費は3777億円でしたから、ここ10年超で5倍近い伸びを記録しているということです。

質問者のイメージ画像 「ネット広告費だけ伸びてるってこと?」

その通り。8年連続で広告費が増えているといっても、4マスメディアはすべて減少なので、要はインターネット広告費が激増していることにより、全体的に見ると成長しているということですね!

2018年の段階で、テレビとインターネットの広告費が並んだ状態となりましたが、まあ、この流れで行けば、すぐにネット広告費がトップになりそうですね。

インターネット業界を見ても急成長中

質問者のイメージ画像 「ネット広告って凄く伸びているんだね。」

はい。超ハイペースでの成長ですね。

こうしてハッキリとデータに表れているということは、私たちアフィリエイターにとってもいいニュースと言えるでしょう。

先ほどお伝えしたように、不景気の中でも市場にお金が流通している現状は、「稼げる市場」に「稼げる方法」で挑めば、非常に稼ぎやすいと言えるからです。

またインターネット業界の規模は、平成25年度の段階ですでに2兆円規模まで拡大しており、今後さらに拡大傾向にあると言われていますので、今後はアフィリエイトという広告形態がさらに一般化することで、サービスも拡大し、より稼ぎやすくなることが期待されているんです。

※ネット界の成長については「ネットで起業して1億円稼ぐ方法とは?その具体的な答えを教えます!」の記事でも解説しています。

アフィリエイトにも「格差」が出始めている

しかし、いいことばかりではありません。

ここ数十年に渡る日本の失策と諸外国の躍進により、日本の景気が大きく低迷したのは記憶に新しいところですが、これが国民に大きな「格差」を生みました。

そして、この格差ですが、実はアフィリエイトにも顕著に出始めているんです。

質問者のイメージ画像 「どういうこと?」

「大きく稼げる人」と「全然稼げない人」という格差が、かなり激しく出ているということです。

もちろん、以前から「稼げない人は1円も稼げない」というのは同じです。

しかし、ここ最近は、月100万円以上を稼ぐ人がどんどん増えているんですよ。

しかも、サラリーマンや主婦が片手間の副業で稼いでいたり、専業主婦がアフィリエイトで稼ぎすぎて「法人化」したりと、さまざまなところで景気のいいニュースを耳にします。

あなたはどうでしょうか?この波に乗り遅れていないですか?

質問者のイメージ画像 「うっ・・・。乗り遅れてる。」

大丈夫ですよ。今からでも全然遅くないですから。

というか、今からが本番だと思いますので、これを機に本気で稼いでみませんか?

質問者のイメージ画像 「やってみたい!」

でしたら、このブログで公開している「まを式アフィリ講座」をご覧ください。

アフィリエイトで「稼ぐ波」に乗るために

講座では、アフィリエイトで月100万円を初心者がゼロから稼ぐための方法を、完全公開しています。

私は、あなたよりも先に「ネットだけで」累計3億円以上稼いでいますが、その私が「実際に今でも行っている」アフィリエイトの手法を完全公開してしまったのが「まを式アフィリ講座」です。

ですから、あなたがアフィリエイトで短期間で簡単に稼ぎたいのなら、ぜひ講座を見てください。

正直に言って、これ以上に簡単に稼げるノウハウはないと自負するほど、シンプルな方法なのに、短期間で成果が出てきます。

さまざまな仕掛けがあるので、このブログで公開して多くの方が実践したとしても、問題なく稼げます。

また、市場規模が大きいので、今後はさらに稼げる金額も増えてくると感じています。

アフィリエイトで月100万円を稼ぎたいなら、「今すぐ」講座をご覧くださいね。

まをのアバター画像 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ