物販アフィリエイトの高額報酬プログラムで高い却下率の案件を避け稼ぐ!

最終更新日:2019/10/26

[「まを」のアフィリ相談室(ノウハウ集)]

  • follow us in feedly

高額報酬を誇る物販アフィリエイトのプログラム(案件)って、凄く魅力的ですよね!

しかし、高額報酬のプログラムで稼ぐためには、注意しなければならないポイントがあります。

それは「報酬の却下率」です。

この重要な注意ポイントを知らずに実践してしまうと、過去の私のように痛い目に遭う可能性があるんです。

今回は「物販アフィリエイトでの高額報酬プログラムの稼ぎ方」とともに「却下率の高い案件を避ける方法」について、詳しく解説してきましょう。

高額報酬プログラムの稼ぎ方とは?

今回は「物販アフィリエイト」の高額報酬に焦点を絞って解説します。

質問者のイメージ画像 「高額報酬ってどのくらいを言うんだろう?」

物販アフィリエイトなら、私的には1件2000円以上の成果報酬で高額だと感じますね。

1件で1万円以上の報酬が支払われるプログラムなどもありますが、これは物販アフィリエイトではかなりの高額報酬と言っていいと思います。

なお、私の経験上、高額報酬であっても「問題なく稼げるプログラム」は多くありますが、注意すべきポイントがあります。

それこそが、記事冒頭でもお伝えした「報酬の却下率」です。

「却下」と「却下率」について

質問者のイメージ画像「却下率って?」

物販アフィリエイトでは、アフィリエイト経由で商品やサービスの成約があっても、その時点では報酬確定ではありません。

定めた期間の中で、広告主が手動で「承認」か「却下」のジャッジを下すんですよ。

そして、その「承認」についてですが、広告主によって「色々な条件」を付けているケースがあります。

例えば「新規顧客のみが成果対象」とか、「5000円以上の購入のみが成果対象」とか。

・・・まあ、これはプログラム(案件)に提携申請をする際に見る「案件の詳細説明の部分」にて、しっかりと記載されていますので、アフィリエイター側は、ほぼ理解して提携申請をされていると思います。

そして、これは当たり前なんですが、この広告主が付けた条件に該当しない場合は、報酬は0円となってしまうんです。

これが「却下」です。

そして、却下率とは、その広告主が「どれだけ却下をするか?」の確率のことを言います。

※なお、却下などを含めた成果の承認については「物販アフィリエイトでの承認率(確定率)と対策」の記事で詳しく解説しています。

高額報酬の場合は会社規模を見る

私は高額報酬のプログラムを選ぶ場合、必ず「広告主の会社規模」を見るようにしています。

そして、名が知れた大手企業のプログラムだったら、その他の条件などを長々と細かく精査せずとも、比較的安心して参加するような感じなんです。

質問者のイメージ画像 「何で?小さい企業はダメなの?」

いや、もちろん中小企業でも問題がないところが大半ですが、高額報酬のプログラムに限っては別。実際に中小企業の中には、「かなり却下率が高い広告主」がいますからね。

逆に大手企業は自社のブランド力を低下させるような悪質なマネをする確率は低いと考えます。

だからこそ私は大手企業のプログラムを選ぶんです。(もちろん大手でも、ギリギリの行為をやるケースはあります)

このように、私が大手企業のみを選ぶに至ったのには、実は「理由」があるんです。私・・・過去に何度か「かなり痛い目」に遭っているんですよ。

20件中たった1件しか承認しない

例えば「ウォーターサーバー」関連の「あるプログラム」は、1件成約で10000円以上の高額報酬でした。

売れそうな商品に魅力を感じた私は、大きく広告費をかけてプロモーションを行ったんです。

その甲斐あって月に5件~10件程度の成約を得ることができて「これはいい案件だ!」と喜んでいたのですが、この広告主・・・なかなか成果を確定しません。

ようやく成果の確定をしたのが2か月以上かかってからでしたが「ほぼ全却下」でした。20件近い成果の中で「たった1件だけ承認」し、それ以外は全て却下だったんです。

当然、広告費を考えると「特大マイナス」の結果で、即日広告を停止し、このプログラムのアフィリエイトを止めました。

大量の広告費をかけて「たった15%」の承認率

もう1つ実例を出しておきましょう。

これは光通信のプログラムでしたが、1件成約で15000円程度。かなりおいしい条件でした。

「これは勝負になる!」と思い、私は強気になって大きな広告費をかけたんです。

その甲斐あって、月に50件近い成約を取ることができました。

・・・しかし、なかなか確定せず「保留」のまま。2か月以上経過して承認したのは15%以下という有様。

ASPの管理画面に「却下」という文字が並ぶ様子は、まさに地獄!!

これだけ成約したのに結果は「特大のマイナス」となったため、広告を停止し、このプログラムのアフィリエイトは止めることにしました。

「高額報酬は大手企業で」というのが1つのポイント

まあ、これは2社とも同じような感じで「特大のマイナス」になった事例でした。

・・・でも、これだけじゃないんですよ。

私は今回挙げた実例の他にも、さまざまなプログラムで却下率が悲惨でマイナスを食らった事例が多数あります。

中には却下率100%という超悪質な広告主もチラホラ。

ただ、私もこういう事態は避けたいので、こうした広告主に共通するポイントはないかと調べました。

すると、これら却下率が常識外れに大きいプログラムの大半は、聞いたこともない会社名の小規模な事業者・・・というのが共通するポイントだったんですよ。

私は、このような実例があり、高額報酬であれば「大手企業」のプログラムに絞って実践するのがベストだと判断したんです。

大手企業のプログラムなら承認率は比較的高い傾向があります。やはり大手は自社のブランドを意識しますから「ブランドを失墜させるような行為」はしないところが多いんです。

もちろん、大手でもやるところはやります。でも、そういった悪質な大手はごく少数派です。

ですから、却下率という視点で見た場合、重要なポイントは「大手企業」かどうかということなんですよ。

アフィリエイターという職業にプライドを持つ

なお、残念ながら広告主の中には「アフィリエイターを軽視する」人間がいるのも事実です。

実際に某ASPの社員は「広告主の中には、未だアフィリエイターを見下している人も少なくないですからね。」と言っていましたから。

質問者のイメージ画像 「えぇ~っ!何かイヤな気分。」

でも、そういう人ばかりではないですよ。誠意ある広告主もたくさんいます。

アフィリエイターをパートナーとして平等に考えてくださる広告主も数多くいらしゃいますので、これはその人間の「資質の問題」かもしれません。

私たちアフィリエイターとしては、自分の立場を卑下することなく、アフィリエイターという職業にプライドを持っていけばいいと思います。

アフィリエイトというビジネスで中心になるのは、当然ながら「アフィリエイター」です。

自分達がネット上で商品を流通させているという自信を持って、今後もアフィリエイターとしてプライドを持ちつつ活動していきましょう。

今回の「まとめ」と稼ぎ方

私的には「高額報酬」の物販アフィリエイトプログラムを、以下の「2つのポイント」で選んでいます。

  1. 「売れるジャンル」のもの
  2. 「大手企業」のプログラム

そして、実際に高額報酬のアフィリエイト商品を販売する方法は、色々とありますが、お勧めなのはやはり「まを式アフィリ」です。

矢印 「まを式アフィリ」講座はこちらから!

まずは「まを式アフィリ」を覚えて、月に100万円オーバーを目指しましょう。

その先は「まを式アフィリ」をベースにして、さらに大きく稼いでもいいですし、ある程度サイト構成を整えてセミリタイアしてもいいんです!

ですから、まずは「まを式アフィリ」の方法を覚えて、大きなアフィリエイト報酬を得られる仕組みを構築しましょう。

「まを式アフィリ」は、今ならこのブログにて完全公開中ですからね!

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ