仮想通貨FXトレードの難易度と稼ぐための具体的な戦術とは?

公開:2018/10/31

[仮想通貨(暗号通貨)で稼ぐ特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

※前記事→仮想通貨の現物ホールド(ホドル/HODL)で稼ぐ!ガチホ戦術の手法

まず最初に。FXは危険と隣り合わせのハイリスクハイリターンの手法です。

気軽に参加するのではなく、まずは小額でスタートしましょう。雰囲気トレードは絶対に行わないようにしましょうね。

質問者のイメージ画像 「そんなに怖がらせなくても。」

実際に私の周囲には追証で大変な目にあった人間がいるんですよ。だから注意喚起しているんです。

質問者のイメージ画像 「追証って何?」

追証(おいしょう)とは、FXトレードで急激な値動きが起こりロスカットが発生した際、値動きが急激過ぎてロスカットで決済された値が想定よりも深くなってしまったケースに起こる追加発生のお金のことです。

簡単に言えば、値が一気に動きすぎてロスカットが間に合わず、想定よりもマイナスの値で決済されたので、追加でお金を払ってくださいと取引所からお願いされることですね。

仮想通貨FXトレードで勝つための戦術とは?

質問者のイメージ画像 「うわあ・・・追証って超怖い。」

為替のFXでも仮想通貨のFXでも、レバレッジ取引ではリスクは付き物ですからね。

ハイレバレッジで取引を繰り返していると、いきなり来る暴騰や暴落で、大きな損失を出してしまい、しかも追証が発生することは決して珍しくないんです。

FXトレードって難易度が高いんですよ。

質問者のイメージ画像 「そんなに難しいの?」

今は大学生などが安易に手を出すケースも多々ありますが、しっかりとした知識と経験、そして冷静な視点がないと、いきなり地獄を見ることもありえます。

以前から言っているように、私も仮想通貨FXを実践しているんですが、半年間ずっとチャート研究して、大きな資金を溶かしながらトライ&エラーで、つい最近ようやく収益をプラスに持ちこめるまでになったぐらいに、難易度は高めです。

一応私はアフィリエイトというジャンルで大きな成功を勝ち取っており、会社を運営して10年超経っていますが、そんな私でも難易度が高いと感じたのが、FXトレードなんです。

トレードは非常に難易度が高い!

ハッキリ言えば、本当の実力者じゃない限り、裁量トレードでは失敗する可能性が高いと思います。

私はチャートパターンを過去現在で徹底研究し、テクニカルやローソク足だけではなく、様々な指標を使ってトレードを日々研究したにもかかわらず、スタート当初は大きな損害を出していますしね。(汗)

そこで行き着いたのが、私が独自に発見した「あるパターン」(数種類あります)になった時だけエントリーするという手法です。

そのパターンにならない限り絶対にエントリーしませんので、トレードを行う場合は数日間チャートを見ているだけという日々もあります。

類似パターンが出ても、確証が持てるパターンにならなければエントリーしません。

逆に類似パターンでエントリーしてしまうと、歯止めが効かなくなり、極端に勝率が下がることがわかったため、こういう手法を徹底しています。

質問者のイメージ画像 「それなら忍耐力があれば簡単にできそう!」

いいえ。聞くと簡単そうに感じるかもしれませんが、実際にやると非常に難易度が高いことがわかると思います。

また、自分が確証を持てるエントリーポイントを見つけること自体も、非常に難度が高い作業なので、初心者は手を出さない方がいいでしょう。

それよりは「まを式アフィリ」を実践し、月100万円の収益を出して、その余剰資金を仮想通貨に投資して、数年間塩漬け(ガチホ)する手法が一番収益率は高いと思います。(自己責任でお願いします!)

※ガチホ戦術については「仮想通貨の現物ホールド(ホドル/HODL)で稼ぐ!ガチホ戦術の手法」の記事をご覧ください。

私のトレード戦術について

ここまで解説したように、私的にはガチホ戦術がお勧めなんですが、どうしてもFXトレードを実践したいという人に向けて、ポイントを書いておきましょう。

ここは少々難易度が高いので、中級者以上の知識を得てからご覧ください。

初心者では、意味がわからない部分もあると思いますが、そこはあえて中級者以上だけが理解できるように専門用語を入れて書いていきます。

まず、チャートで発生する基本的なテクニカルの形は絶対に頭に入れます。

ここでは詳しく解説しませんが、ダブルトップや三尊型などの天井テクニカルやダブルボトムや逆三尊型などの底値テクニカルが代表例ですね。(これ以外にも多々あります)

そして、チャートは様々な足がありますが、時間帯による見方も研究材料です。

主にどの時間帯のチャートを見るのかは、非常に重要なポイント。実践するトレード手法によっても合致する時間軸は異なりますから。

また、サブ指標としてオシレーター系を利用したり、ボリンジャーバンドなどを利用するのもいいですが、大事なのは自分が実践する指標に合ったサブ指標を合わせて見ることです。

あまりに多くの指標を合わせ見ると、混乱するばかりで明確なエントリーポイントが見えてきません。

私が実践している手法は秘密ですが、私はサブ指標は利用せずローソク足を様々なポイントから見ています。(以前はMACDとRCIを利用していました)

もちろん、色々な指標をチェックしましたが、ベストは長い時間足のチャートをメインに自分でレジスタンスラインとサポートラインを引き、別視点でラインの強度や信頼性をチェックし、自分が想定したパターンになった際に、未来予測を含めてエントリーするという方法です。

読み違えた際にも、明確な損切りラインを定めていますので、そこで逆方向への強い値動きがあれば「ドテン」することもあります。

ちなみに私が使っているチャートはトレーディングビューです。非常に使いやすいので、今後トレードを行う方には必須なアイテムだと思います。

「まを式アフィリ」で稼ぎ、余剰資金で現物売買がベスト

質問者のイメージ画像 「・・・全く意味がわからない。」

上記の言葉の意味がわからないのであれば、やはり仮想通貨のFXトレードは止めておきましょう。よく安易に勧める方がいますが、1回のミスで取り返しがつかなくなることもありますからね。

なお、話は全く変わりますが、私はブログで自分のアフィリエイト手法である「まを式アフィリ」を完全公開しています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

以前から言及している通り、この「まを式アフィリ」を愚直に実践すれば、月100万円の収益は目指せます。

安定的にアフィリエイトで収益を得られるようになれば、その余剰資金で仮想通貨の現物を購入し、長期目線でガチホするのがベストですからね。

また、これが最も簡単で安定的に高水準の資産を得られる方法でもあります。

一攫千金を夢見て、FXトレードに活路を見出す方もいるかもしれません。しかし、そこには大きすぎるリスクがあることを忘れないようにしましょうね。

・・・さて、ここまでである程度の知識については解説できました。

詳しく言えばキリがないので、トレード解説はこの程度で抑えておいて、次回は仮想通貨投資における知っておきたい知識を解説していこうと思います。

矢印次回記事→歓喜で売り悲嘆で買う?仮想通貨における知っておきたい知識

矢印仮想通貨の特集記事一覧はこちら→「仮想通貨特設カテゴリー」

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ