お勧めの仮想通貨取引所(交換所)と、購入後の保管方法

公開:2018/10/31

[仮想通貨(暗号通貨)で稼ぐ特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

※前記事→イーサリアム・ビットコインキャッシュ・他アルトコインの将来性

前回までの記事にて、仮想通貨の基本的な知識は得ていただけたのではないかと思います。

ここで断わっておくと、ここまでの知識は超初心者の方に対して「わかりやすさ」を念頭に解説しているため、細かい部分をあえてぼかして解説しています。

XRPしかり、BTCしかり・・・です。

その大きな理由は、細かいところを書いてしまうと、非常に長くなりますし、また難解な文章になってしまうからです。

そして、専門的な用語が増えてしまうと、その用語の解説に誌面を使うことになってしまうため、真の目的から大きく外れてしまいます。

質問者のイメージ画像 「真の目的?」

はい。私は仮想通貨に大きな可能性を感じているんです。あなたには、このブログで公開中の「まを式アフィリ」で楽に生活できるレベルの収益(月100万円程度)を得てもらい、その余剰資金を仮想通貨に投資するスタイルを構築してもらいたいと思っています。

読者様に対して「まを式アフィリ」で安定的な高収益を得てもらうだけでなく、大きな資産を構築してもらう目的で、このブログを書いているため、その手段の1つとなり得る仮想通貨について、もっと興味を得てもらう・・・これが私の「真の目的」ということですね。

仮想通貨の購入方法

さて、今回ですが、実際に仮想通貨を購入するステップを解説します。

多くの人は仮想通貨を購入するポイントに「手数料」を上げますが、私は信頼性こそが一番だと考えています。

当然ながら、海外取引所はトラブルの際に日本語でのサポートに不安がありますし、電話が通じないなどの側面もあるため、お勧めできません。

私的には、以下の面をポイントとして取引所を選んでいます。

  • セキュリティ面での安心感
  • 運営会社の規模
  • 高額すぎない手数料
  • 多すぎない銘柄

なお、仮想通貨FXをやるならば、イザという時のサーバー強度も重要なポイント。

ロスカットが遅れて追徴金が発生するなどの被害が、2月に起こったセリングクライマックス時には数多く見られましたからね。

※セリングクライマックス(セリクラ):相場が売り一色になり、一斉に売りが重なって暴落を引き起こし、その暴落スピードでFXのロスカットが連鎖、大暴落を引き起こす現象。大底に達すれば、そこから相場が急速に回復しますが、セリクラ時はあまりの暴落スピードに大半の投資家は恐怖し、狼狽して損切りをしてしまいます。

お勧めはGMOとSBI

私的にお勧めできるのは、コインチェックの問題から「厳しい規制に対応している日本国内の取引所」であり、その中でも運営会社の規模が大きい所でしょう。

私の場合は、その点を踏まえて、仮想通貨の現物取引用にGMOコインとSBIバーチャル・カレンシーズを利用しており、FXトレードは海外の取引所を使っています。

なお、初心者が低リスクで仮想通貨投資を行う事を考えると、FXトレードは避けておいた方が無難です。

質問者のイメージ画像 「FXって稼げるイメージがあるんだけどな。」

稼げるということは、損失も大きいということですよ。

一応、後々(別記事)に「FXトレードの解説」もさせていただきますが、投資は最大限にリスクを減らして、長期的な目線で考えることが重要だということを忘れないでください。

さて、話を戻しましょう。

私が仮想通貨の現物売買を行っている2社は、日本の取引所の中では信頼性が高いと言われています。

GMOコインにしてもSBIバーチャル・カレンシーズにしても、グループとしての規模が非常に大きいため、有事の際に自分の資産が守られる可能性が高いのが最大のメリットです。

2社ともに、時価総額上位通貨しか取り扱いがありませんが、私のようにXRPやBTCを購入して保持しているならば、何の問題もありませんからね。

仮想通貨を購入した後の管理面

なお、購入したXRPですが、セキュリティ面を考慮すると、自分で管理することも考えた方がいいかもしれません。

ハードウォレットというモノに入れて管理すれば、ハッキング被害はほぼ受けませんからね。

・・・ただし、ハードウォレットに送金する際に、お使いのパソコンが何らかのスパイウエアに感染していて、送金アドレスが勝手に書き換えられる事例が発生しています。

ハードウォレットでの手順は、最初テストで少額送金、大丈夫なことが確認できたら残りを送金という形で行いますが、ここを悪用して少額送金時には正しいアドレスを表示させ、高額送金時に別アドレスを表示させて仮想通貨を盗むという非常に悪質な手口です。

こういうスパイウエアが出回っていることを考えると、怖くてハードウォレットも使えないという意見も多いです。

今後どういった手口が出回るかも心配ですからね。

質問者のイメージ画像 「それは怖いよね。」

はい。そのため、私の周囲の人間は、やはり取引所にそのまま預けておきたいという人が圧倒的に多いです。

それを考慮すると、やはり仮想通貨の現物購入では、セキュリティ対策と会社の規模から言っても、GMOコインとSBIバーチャル・カレンシーズが一歩進んでいると思われます。

自身でのセキュリティ対策も入念に

ちなみに、セキュリティを考える場合、ヤフーメールやGmailを使うのは避けた方がいいです。

そして2段階認証は確実に設定しましょう。

分かりやすいパスワードは厳禁です。

そして、自宅のパソコンをセキュリティ設定をしっかりと行って使い、外出先でのログインはできるだけ止めておくことが大事。

資産を守る上では、このあたりは必須だと思います。

FXなどのトレードをせず、現物を購入して保持しているだけのいわゆる「ガチホ戦術」であるならば、外出時にログインする必要はほとんどありませんからね。

だって、現在価格やチャートを見たいだけならば、スマホにアプリをインストールしておけば十分ですし。

口座開設は早めにしておきましょう

お分かりいただけましたか?

あと、仮想通貨の口座は早めに開設しておくと便利です。

前述したように、現物売買を最大限安全かつ円滑に行うためには、私はGMOコインとSBIバーチャル・カレンシーズをお勧めしています。

また、FXトレードを安全に行うことを考えると、GMOコインがベスト。

なお、口座開設は無料なので、まずは口座だけを先に開設しておいた方がいいかもしれません。・・・というのも、口座開設には1週間~2週間程度の時間がかかるためです。

口座開設をしておかないと、いざチャンスという時にトレードができませんからね。

さて、次回ですが仮想通貨の投資を、初心者が少ないリスクで行うことができる「ガチホ戦術」について解説したいと思います。

矢印次回記事→仮想通貨の現物ホールド(ホドル/HODL)で稼ぐ!ガチホ戦術の手法

矢印仮想通貨の特集記事一覧はこちら→「仮想通貨特設カテゴリー」

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ