イーサリアム・ビットコインキャッシュ・他アルトコインの将来性

公開:2018/10/31

[仮想通貨(暗号通貨)で稼ぐ特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

※前記事→リップル/XRPは近い未来に大暴騰する?その大きな実力と将来性

前回の記事ではXRP(リップル)が持つ実力や将来性について、細かく解説しましたね。

で、今回は、イーサリアムとビットコインキャッシュ、その他コインの将来性について考察していこうと思います。

ただ、実は私・・・今持っている仮想通貨の中にイーサリアムとビットコインキャッシュは入っておりません。

以前はある程度多めに所有していたんですが、利確してXRPに変えてしまいました。

・・・と言っても、イーサリアムとビットコインキャッシュがダメという訳ではなく、あくまで私が見た個人的見解でXRPが一番魅力的に見えたというだけです。

という訳で、今回はイーサリアムとビットコインキャッシュについて私ができる範囲で解説していこうと思います。

人気のイーサリアム・ビットコインキャッシュについて

ちなみにですが、私も仮想通貨資産の全てがXRPという訳ではなく、ここでは明かしませんが「複数の仮想通貨」を所有しています。

ちなみにビットコイン(BTC)は当然ながらXRPに次いで多く所有しています。

質問者のイメージ画像 「ビットコイン持ってるんだ!」

もちろん。だって結局は最も強い仮想通貨ですからね。仮想通貨の基軸でもありますし。

また、たとえばイーサリアムクラシック(ETC)やトロン(TRX)というマイナー通貨も所有しています。大暴落して価値がなくなってしまったワウビット(WWB)も持っています。(涙)

これらを持っているのは、内容を見ると「長い目で見れば、非常に大きな価格上昇が見込めそう」と判断したからです。(ワウビットはダメでしたが)

・・・まあ、イーサリアムクラシックに関しては、何となく買ってみたというのが正解かもしれません。(笑)

質問者のイメージ画像「全然知らない仮想通貨の名前だけど。」

トロンはエンターテイメントシステムの分野で活躍することを目的として作られた仮想通貨であり、その明確な目的と将来性で、ある程度の期待はできる銘柄なんですよ。

提携企業も多いですしね。

ワウビットはシンガポールで開発されている仮想通貨で、日本のOKWAVEが出資していることでも有名でしたし、一部の仮想通貨インフルエンサーが煽っていたので、ついつい投資してしまいました。

1通貨あたり約60円で購入して、今は5円・・・。ある程度まとまった額を投資したので、かなり痛い損失となりました。

イーサリアム(ETH)とは?

そして仮想通貨の中で時価総額的に見ても、実質的なNO.2はイーサリアム(ETH)です。

次のビットコイン最有力候補とも言われ、2017年にはドミナンスでビットコインに大きく近づいたことでも有名ですね。

イーサリアムはスマートコントラクト(自動実行の電子契約)を実装したブロックチェーンのプロジェクト。自由にアプリケーションを開発することができるプラットフォームです。

詳しい内容はここでは列記しませんが、このスマートコントラクトによってイーサリアムを軸にしてビジネスを行おうとする人が増え、大きな躍進を遂げたんです。

私的にもイーサリアムは、期待を持てると感じています。

ただ、私はXRPに最大の魅力を感じているため、イーサリアムを今後大きく買うことはないと思います。

ちなみに、XRPについてもリップル社がスマートコントラクトの実装が可能な「Codius」を発表しましたので、今後はこの「Codius」にも大きく注目していこうとも思っています。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

次にビットコインキャッシュ(BCH)。

ビットコインと名が付いていることからもわかる通り、この仮想通貨はビットコインからハードフォークして生まれた通貨です。

ビットコインの最大課題は、その送金時間の遅さと送金手数料の高さです。ビットコインは仮想通貨なのに、送金に向かないのが最大の問題なんですよ。

その最大の問題点を解決したのがビットコインキャッシュ(BCH)。ブロックサイズを大きくし、スケーラビリティの問題を解消するべく作られました。

要するに、早く安く送金ができるようになったということですね。

しかしながら、イーサリアムの所で言及したように、私はXRPにこそ大きな魅力を感じているため、今後ビットコインキャッシュを大きく購入することはないと思います。

ちなみに時価総額で言えば、ビットコインキャッシュは4位。XRPの次に時価総額が大きいことでも有名です。

細かく情報を精査し、慎重な購入をしましょう

質問者のイメージ画像 「仮想通貨って色々あるんだね。」

そうですね。他に有名どころで言えば、ライトコイン(LTC)も時価総額が大きくてメジャーな通貨の1つです。

コインチェックのハッキング被害によって、その名称が有名になったネム(NEM)も、時価総額的に大きな仮想通貨の1つですが、あの事件以来時価総額が大きく下落しています。

本当に様々な仮想通貨がありますが、ぜひ細かく情報を精査し、慎重な購入をするようにしましょうね。

そして、以前にも言及しましたが、ぜひ自己資産の「20%」以下の投資額に抑えることを忘れないでください。

ギャンブルはいつか身を滅ぼします。失敗しても再起できる程度の投資額にしておけば、いくらでもやり直しが効きますからね。

さて!ここまでの解説で仮想通貨についての基本知識は大丈夫でしょう。

次回は仮想通貨を購入するステップを解説します。

矢印次回記事→お勧めの仮想通貨取引所(交換所)と、購入後の保管方法

矢印仮想通貨の特集記事一覧はこちら→「仮想通貨特設カテゴリー」

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ