リップル/XRPは近い未来に大暴騰する?その大きな実力と将来性

公開:2018/10/31

[仮想通貨(暗号通貨)で稼ぐ特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

※前記事→基軸通貨ビットコイン(BTC)とその他アルトコインの将来

まず最初に。

私はリップル/XRPに大きな期待を寄せておりますので、基本的にXRPをポジティブなイメージで捉えています。

しかしながら投資は自己責任。私の考えに左右されず、仮にXRPに魅力を感じても、すぐに購入することは避け、マイナス要因も書いている別の方の記事を探ったり、色々な情報を精査したりして、冷静な目でお考えくださいね。

とまあ、最初から「注意喚起」をしてしまうほどに、大きな魅力を持っているXRP。

どのような仮想通貨なのか、そしてどういった特徴を持っており、将来性がどの程度見通せているのかを、私の独自見解となりますが、解説していきます。

リップル/XRPが近い未来に大暴騰する?

さて。XRPを語る上で最初に知っていただきたいのは、リップル社とXRPの関係です。

質問者のイメージ画像 「リップル社=XRPじゃないの?」

それは大きな誤解です。リップル社はXRPが持つポテンシャルを最大限に引き出すことを事業としている株式会社という立場。

つまり、XRPとリップルは完全に別物ということですね。

ウソのようで本当の話なんですが、リップル社そのものを仮想通貨と勘違いして「REP」という仮想通貨を購入してしまう人がいるほどですから。(汗)

ちなみにREPはオーガーという全く別の仮想通貨なので、お間違えなく。

難しく覚える必要はなく、ここではリップル社とXRPは別物ということだけを知っていただければOKです。

XRP投資は客観的に見て安心度が高い

ただし、リップル社はXRPを実質的に管理しており、XRPを最大数保持している立場でもあります。

これが、ビットコインを支持する層にとっては、「中央集権的である」と大きな批判をする要因になっていますが、実はリップル社が中央集権的にXRPを管理している訳ではないんです。

詳しい言及は話が長くなるので避けますが、リップル社は将来的にXRPが独立して活躍できる未来を想定して動いており、ビットコインなどの他コインと比較しても投資する側の立場で見れば、非常に安心感が高いと思います。

なお、中央集権的と批判するビットコインの方が、一部の大口が大半を保有している現状なので、こちらの方が中央集権的に見えます。こうしたことを踏まえても、XRPに対する批判は的外れにも見えますね。

しかも、「中央集権=悪」というのも、やはり的外れな議論と思いますし。

ちなみにリップル社は自社保有のXRPをロックアップし、売却制限をかけているため、リップル社が勝手に売り抜けるようなこともありません。

リップル社のメンバーが想定外に凄すぎる!

そしてリップル社のメンバーを見ると、本当にビックリですよ。

ヤフーの元上級副社長であるブラッドガーリングハウス氏がCEO、そしてビットコインの開発者の1人がCTOを務めています。

さらに言えば、元ホワイトハウスの経済顧問や元アメリカ国防省や財務省の官僚、元ペイパルの最高財務責任者、スイフトボードのメンバー、経済学者、元モルガンスタンレーの共同社長などなど、本当に大変なメンバーが揃っています。

正直言って、私はそれほど人事に詳しくないので、上記は覚えているのを列挙したに過ぎません。

現在リップルが提携している銀行や企業は多種多様で、XRPが作る未来を「世界が期待している」ことが伺えます。

提携企業の中には、イングランドやサウジアラビアの中央銀行や海外送金の大手であるウエスタンユニオンやマネーグラムなども入っており、日本でも「みずほ銀行」や「三菱東京UFJ銀行」などのメガバンク、そして中小の金融機関がいっぱいです。

あなたも提携企業を見れば、その数と質にビックリするでしょう。

なお、リップルにはあのグーグルも投資しているほどに将来性は期待できるものです。

XRPが高騰?その大きな将来性

XRPの使われ方については、ネット検索すれば情報がいくらでも出てきますので、ここで詳しくは解説しませんが、メインはブリッジ通貨としての役割です。

主に銀行や国際送金の分野で、XRPが持つ送金スピードと信頼性、そして処理能力にて、他の追随を許していません。

仮想通貨の中では、XRPだけが実需で価格を上昇させる可能性があるんです。

質問者のイメージ画像「何だか難しすぎて訳がわからないけど。」

簡単に言えば、XRPは他の仮想通貨よりも性能に優れており、複数の銀行や国際送金業者が実用する可能性が高いということです。

実用化が進んでいけば、投機熱も上がってくるため相乗効果で価格が上昇する可能性もあります。

すでにXRPは仮想通貨としては「初」となる実需がスタートしていますから、これからが正念場といったところでしょうか。

価格予想は難しいが「現実的な目線」が大事

質問者のイメージ画像 「どこまで価格は上がるのかな?」

それは予想が難しいですね。しかしながら、SBIの北尾社長が1000円予想の誰かのツイートをリツイートしていたり、専門家が数年で20ドル予想をしていたり、条件付きで1万円予想をしているところがあったりと、かなりの高騰は以前から予想されています。

質問者のイメージ画像 「そんなに!」

もちろん、未来のことは誰にもわかりませんから、これは鵜呑みにしないで参考程度と捉えてください。

多くの人は実需で価格暴騰という予想をしていますが、正直言って私は実需よりも「投機熱」で値が上昇すると思っています。

なお、価格が一気に暴騰する時は、多分仮想通貨界の法整備が進んで、機関投資家や一般投資家が続々と参入してくるステージだと思っているんです。

その際には、様々な有力仮想通貨が上昇に転じ、XRPも実需と期待の投機で一気に上昇するのではないか?と個人的には予想しています。

ちなみに私の予想価格は500円~1000円程度。もっと上がると予想する人も多いですが、現実的にはこの辺りではないか?と考えています。

・・・といっても、この予想はあくまで個人的な予想であり、これを大幅に上回ることも、下回ることも十分にあり得ることです。

なお、リップル社の取り組みを見れば、XRPがブリッジ通貨だけではなく、もっと様々な実用を見込んでいることがわかるので、今想定できる未来よりも、もっとスケールの大きな未来が期待できることも付け加えておきます。

XRPが抱えるマイナス要因とは?

質問者のイメージ画像「すぐにXRPを投資対象に加えなきゃ!」

いえ、ちょっと待ってください。先ほどもお伝えしなように、いい部分だけを「鵜呑み」にして、理解も知識もないままに購入すると、後で大変なことになります。

ここからはXRPのマイナス部分の考察をしていきましょう。

正直言えば、XRP自体に大きなマイナス部分は見当たりません。ただXRPはここ最近「証券問題」が湧きおこっています。

単純に言えば、「XRPは証券の可能性があるので仮想通貨の枠ではなく証券として規制をしなければならない」という説を唱える人が出てきて、騒がれているという問題です。

リップル社や一部有識者の間においては「XRPは証券ではない」として、明確な理由とともに論破していますので、将来的にはいい方向で解決すると思います。しかしながら、証券であるという結論になってしまった場合には、価格は一時的にでも大幅に下落するかもしれません。

ただ、長期的に見れば、大きな躍進をする可能性が高いので、そこまでの大問題ではないとも考えられますが・・・やはり一時的にでも大きな下落は痛いですよね?

そしてもう1つ。「実需で大きな価格上昇が見込まれる」としても、それがいつになるのかは分かりませんし、これが本当に大きな上昇要因となるかは未知数なんです。

私的には、2022年までには上昇すると見込んでいますが、XRPは「滅多に上がらない通貨」としても有名なので、短期間で大きな価格上昇を期待するのは止めておいた方が無難でしょう。

もちろん、前述したように仮想通貨界全体が盛り上がれば、2017年1月のように暴騰する時もあるかもしれません。

でも、投機で上がった分は一気に下がるのが関の山。勘違いすると、私の知人のように大火傷をしてしまいます。

XRPの底値は、現在のところは40~50円ぐらいで強く支えられているので、一時期のように20円台まで落ち込む可能性は低いです。

いずれは500円~1000円程度の価格で安定してくれることを期待していますが、それが本当になるのか、なるとしてもそれがいつになるのかは分かりません。

もしかしたらプロジェクトが失敗に終わる可能性だって考えておかなければなりませんからね。

XRPに投資するのならば、じっくりと「その時」を待てることが絶対条件と言えるでしょう。

投資は自己責任で

最後に言っておきますが、投資は自己責任です。

今回の記事でXRPに魅力を感じたとしても、購入は慎重に行いましょう。

XRPの将来は100%ではありません。XRPの実力やリップルの動きを見て、私は成功の確率が比較的高いと見て投資しているだけです。

その中には、当然失敗する可能性も見込んでおり、それを差し引いても投資価値が非常に高いと考えているだけです。

失敗した場合に再起ができる程度に自己資金を投資しましょうね。

さて、次の記事ですが、XRPと同じく飛躍が期待されているイーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BCH)についての考察を行いたいと思います。

矢印次回記事→イーサリアム・ビットコインキャッシュ・他アルトコインの将来性

矢印仮想通貨の特集記事一覧はこちら→「仮想通貨特設カテゴリー」

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ