仮想通貨(暗号通貨)とは?億り人を目指すために知っておきたい基礎知識

公開:2018/10/31

[仮想通貨(暗号通貨)で稼ぐ特設カテゴリー]

  • follow us in feedly

いきなりですが、あなたは仮想通貨と聞いて何を連想しますか?

質問者のイメージ画像 「ビットコインのことでしょ?」

確かにビットコインは仮想通貨の代表的な銘柄ですが、ビットコインだけが仮想通貨ではありません。

インターネットの技術を利用し、決済手段として世界中で取引できるのが仮想通貨です。要するに国と国の垣根を超え、異なる国に住む同士が瞬時に取引を行えるということですね。

また、仮想通貨は暗号化技術を使ったデジタル通貨なので、円やドルのような法定通貨(FIAT)と違い実体を持ちません。紙幣や貨幣などの実物がないということです。

そのため、仮想通貨は「暗号通貨」という名称で呼ばれる場合があります。

そして仮想通貨の大きな特徴は、特定の国家によって管理されていないということです。

質問者のイメージ画像 「・・・あれっ?今回は仮想通貨のことを解説するの?」

はい。このブログはアフィリエイトノウハウを解説するブログですが、今後発展が予想される「仮想通貨」については、以前から改めて記事にしておきたいと思っていたんですよ。

だって、アフィリエイトで得た収益の一部を仮想通貨に投資し、将来的に大きなリターンを狙うという「やり方」は、あなたにとっても非常に有効だと思いますからね!

そういうことで、今回から9回に渡り「仮想通貨」というものについて詳しく解説していこうと思います。

仮想通貨で億り人!失敗しないための基礎知識

質問者のイメージ画像 「じゃあ、あなたも仮想通貨持ってるの?」

もちろん。将来性が非常に高いと思っていますし、インターネットがこの世に登場した時と同じレベルで、今後は爆発的な普及が進むと確信しているので、資産の何割かは仮想通貨に変えています。

質問者のイメージ画像 「そうなんだ!私も買おうかな!」

ちょっと待ってください。投資は自己責任。単純にイナゴ買いしたところで、「損失を出して退場」・・・という未来しかありませんよ。

仮想通貨は変動幅が極大。だからこそ、適当買いをしてしまうと、価格の変動に胃を痛めながら狼狽売りをしてしまい、その損失を埋めるためにFXトレードに手を出してしまいがちです。

そして、当然ながらその末路は悲惨です。全財産を失う人もいれば、大きな借金を抱えてしまう人もいます。

一部には「爆益トレーダー」も存在しますが、あれは絶え間ない努力と失敗経験をくり返して成功を勝ち取った猛者(もさ)です。

初心者が簡単に稼げるものではない・・・ということを最初に知っておきましょう。

甘い夢を見るのではなく現実を把握しよう

質問者のイメージ画像 「でも、寝て起きたら増えてるって聞いたけど。」

それは2017年に起こった仮想通貨バブル時期のことですよ。あの時期はビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)などを買って放置しておくだけで、倍々ゲームで高騰していましたから。

「億り人」なんてフレーズが流行した時期でもありました。

時価総額上位の通貨ではない「草コイン」と呼ばれる通貨を購入して、暴騰して大儲けという人もいましたしね。

・・・しかし、そんな「億り人」って、現在はどうなったかご存知ですか?

質問者のイメージ画像 「裕福にセミリタイアとか?」

いいえ。当然ながら手堅く利確し、大きなお金を得てセミリタイアした人もいるんですが、それはごく少数。資産価値を大きく減らすか、借金を抱えているような状態の人が沢山いらっしゃるんですよ。

質問者のイメージ画像 「えっ!何でそうなるの?」

例えば、私の知人「Yさん」のケースを、本人に承諾を取ったので、ここで書いておきましょう。

Yさんは、2017年年末に仮想通貨のXRP(リップル)を30万円ほど購入したところ、暴騰して100万円超えになりました。

気を良くしたYさんは、1月上旬のXRPが300円の時に、大勝負ということで貯金全額である「約1000万円」という大金をXRPに投資します。

合計1030万円ほどを投資し、XRPを「約36000枚」保持することとなりました。

質問者のイメージ画像 「Yさん凄い!で、どうなったの?」

なんとすぐにXRPは大暴落。でも、すぐに値を戻すだろうと考えていたYさんはそのままホールド。でも、2月にさらに大暴落。3月にも。

その後は上がったり下がったりを繰り返し、現在は50円あたりをウロチョロ。

・・・もうお分かりですね。1030万円の投資金額に対して、Yさんの持つ仮想通貨は現在の所「200万円弱の価値」しかなくなってしまったんです。

Yさんはショックでボロボロですが、今さら売ることもできずに今もホールド中。まあ、仮想通貨の市場が上昇トレンドに転じれば、XRPも再度300円超えする可能性は十分あると思いますが、未来は誰にも分かりませんからね。

Yさんは今、私の「まを式アフィリ」で損失を穴埋めしつつ、再起途中という状態なんです。

冷静に考えないと一生の後悔となる大惨事に

質問者のイメージ画像 「うわぁ・・・。それはひどい。」

いや、こんなの序の口ですよ。私の知人には「もっと悲惨な人」がいますから。

あまりにも悲惨なので、詳しくは記事に書けませんが、ある方はビットコインで「億り人」になり、有頂天で利確。・・・これが2017年の冬でした。

確か1BTCあたり200万円以上に暴騰した時期であり、この時期に利確した知人は「俺って天才かも!」とこの世の春を満喫していましたね。(BTC=ビットコイン)

その後にちょうどビットコインが下落したので、この知人は「最高のタイミングで利確した俺って天才!」という感じで、自分のトレードに大きな過信を持ってしまっていました。

そして2018年になって、この知人もYさんと同じく「XRPはこれから大暴騰するぞ!」と言って、資産の大半をXRPに突っ込んだんです。

この時期リップルのXRPはいいニュースが目白押しで、誰もが大暴騰すると確信していましたからね。

実際に12月から1月上旬までの暴騰は、本当に衝撃的でしたし。

質問者のイメージ画像 「・・・で、その知人はどうなったの?」

もう結果はおわかりでしょう。この知人はXRPが320円の時に大量購入していました。

それが1月に起こったセリングクライマックスにより一時100円を割り込むまで落ち込んだ時、資産が雪崩のように減っていく様子を見た知人は、大きく狼狽して全て「損切り」してしまったそうです。(損切り=マイナスポジションで決済すること)

平均価格で言えば150円ぐらいで損切りを行ったとのことで、さすがに周囲も近づけないほどに落ち込んでいましたが・・・。

恐ろしいのはこの後。2月は確定申告があったんです。この知人は利益が消し飛ぶどころか、税金支払いでギリギリの状態。億り人から一気に無一文レベルの資産状態になってしまったんです。

知識を持って長期目線で投資することが大事

でも、この知人はまだ「あのタイミング」で損切りして正解だったと思います。だって借金せずに済んだんですから。

逆に夢を捨て切れず、「BIGニュースが目白押しのXRPは、ここからもう1回400円超えする!」と豪語した別の知人は、そこからずっとXRPを持ち続けていますが、一時は20円台にまで落ち込むという大暴落で「うつ状態」になっていましたからね。

質問者のイメージ画像 「・・・仮想通貨って恐ろしいね。」

こうしたマイナス点を聞くと、そう感じてしまうかもしれませんが、実は正しい知識を持ち「もっと長期目線」で考えれば、仮想通貨って非常に有望なんですよ。

ただ、多くの人が短期目線で「上がった下がった」と狼狽するからこそ、資産を焼かれてしまうんです。

今回覚えておいてほしいのは2つ。

  • 長期目線で考えること
  • 余剰資金で売買すること

これです。

なお、資産の大半を仮想通貨に突っ込む人がいますが、これはNG。

天才トレーダーでなければ「長期目線で待つ」のが資産を大幅に増やすためのセオリーであり、それを着実に実行するためには、自分が持つ資産の「最大でも20%以下」の投資額に収めることが重要です。

そして、さらに大事なのが「知識を持つ」ということ。

・・・ということで、さらにあなたが深い知識を持ち、正しい銘柄を長期目線で持ち、最終的に大きな利益を得られるための方法を、次の記事でもレクチャーしようと思います。

矢印次回記事→基軸通貨ビットコイン(BTC)とその他アルトコインの将来

矢印仮想通貨の特集記事一覧はこちら→「仮想通貨特設カテゴリー」

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ