4:ペルソナマーケティングでターゲットとする人物像を具体化

公開:2018/10/29

[億を稼ぐマーケティングを基礎・基本から解説]

  • follow us in feedly

※前回記事→「3:セグメントマーケティング(細分化)でターゲットを明確にする」

もうすでに、前回までの記事で月100万円稼げるアフィリエイトの解説は済んでいます。

要するに「まを式アフィリ」を実践する基礎知識は、前回までのステップにて付けていただけたはずなので、本当に大きな収益を最短距離で実現させたいと思う方は、講座を見て実践に移ってください。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

ここから解説するのは、もっと難しいアフィリエイトの仕組みを構築し、「まを式アフィリ」のサイト以外に「別の収益の柱」を作る方法です。

基本的には、ここから先のノウハウを知って実践するよりは、「まを式アフィリ」のノウハウを実践し、成功したら「さらにその精度を上げていく」方が収益も高いでしょうし、儲かるスピードも早いと思います。

だからこそ、ここから先は、「まを式アフィリ」サイトの最適化をやるだけやって、大きな収益も稼いでいるという人向けです。

そういう人が、さらなる新しいアフィリエイトにチャレンジすることを前提として解説しようと思います。

ターゲットが引き込まれるコンテンツを作るために

さて、今回お教えするのは、ペルソナマーケティング。

「まを式アフィリ」で成功したあなたが次に構築するのは、サイトのコンテンツで顧客の興味をひき、そこにアフィリリンクを入れ込んで収益を上げる「コンテンツ型アフィリエイト」です。

質問者のイメージ画像「何それ?」

コンテンツ型アフィリエイトは、別名ブログアフィリエイトとも言います。

1つの大きなテーマでブログを作り、そこにそのテーマで紹介したい商品・サービスのアフィリリンクを入れ込んで稼ぐというやり方です。

この手法で大事なのは、検索エンジン対策で集客を行うということ。要するにSEO対策でアクセスを獲得するということです。

かなり難易度が高い方法なので、そう簡単には稼げませんが、しっかりと計画的にサイトを構築することで、超安定的に収益を得ることができます。

ペルソナが一番興味を持ちそうな形のブログにしよう

このアフィリエイトを成功させるためには、「顧客となる具体的なペルソナ像」を知る必要があります。

たとえば、テーマがダイエットサイトであれば、ダイエットに興味がある人物像をネット上の各データから試算して、「ターゲットとする人物像」(ペルソナ像)を具体的に決定し、そのペルソナに対して記事を書いていくんです。

ペルソナは適当に決定するのではありません。グーグルのキーワードプランナー・ブログ・口コミ情報、さらにはヤフー知恵袋などを1週間以上かけて読み込んで、あなたがテーマとしたいダイエット商品に対して、どんな顧客層が興味を持っているのかを特定するんです。

ペルソナ像は、性別・年齢・職業・家族構成などなど、ある程度細かく絞って作り上げていきます。出来上がったら、そのペルソナ像が欲している理想形のブログ(コンテンツ)を作っていきましょう。

結婚して子供がいる専業主婦というペルソナ像が作り上げられたとしたら、かわいいブログで、テーマ色はピンクや黄色にするとか。

そして、ペルソナ像が男性であれば男性向けの口調で記事書きを行いますし、若い女性であれば、やや若向けの口調で記事を書くんです。

要するに「ペルソナ像が一番興味を持ちそうな形のブログ」にしていくということですね。

魅力あるコンテンツは自己修正した目で見てくれる

質問者のイメージ画像 「でも、ペルソナにマッチしない人が見たら反応悪いんじゃない?」

サイトって、絶対的に「誰か」に向けて特化したコンテンツを作った方が、注目されやすいんですよ。

しかも、魅力あるコンテンツの場合、検索ユーザーは自分の環境から少しずれていても、自己修正した目でサイトを見てくれます。

一回強く信じたモノは、ちょっとずれていても、そこは見逃して、自分にマッチした所だけをすくい上げて共感するのが人間心理なんです。

だからこそ、ペルソナにマッチした形のコンテンツを、集中して作り上げることが重要なんです。

質問者のイメージ画像 「さらっと凄く大事なこと言ったね!」

次回はコンテンツマーケティング

さて、ここまでの説明で「あなたのアフィリエイト」はかなり具体的な形になったと思います。

次は、コンテンツのお話。実際に検索ユーザーが目を奪われ、あなたのブログのファンにしてしまう圧倒的なコンテンツはどう作るのか?について解説します。

矢印 次回記事→「5:お金を稼げる圧倒的なコンテンツマーケティングを仕掛ける方法」

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ