2021年実績公開②実績公開を今年からリニューアルします!

  • follow us in feedly

公開日:2021/02/08

前回記事⇒2021年実績公開①世間的なピンチも関係ない「まを式」

さて、前回の実績公開記事では、私がこのコロナ禍の中でも、変わらずに高い位置で安定した収益を稼ぎ続けていることをお伝えしましたね。

質問者のイメージ画像 「相変わらず絶好調に稼げていることは分かった。」

そうです。私はここまで9年間という「ありえないほど長い期間」の実績を、証拠画像付きで公開してきました。

その公開した実績画像の合計額は、なんと1億5千万円以上。これは私が実際に稼いだ3億円以上という収益の中から、ネタバレにならない部分だけを厳選して公開したものです。

また、近年は「まを式アフィリ」を実践中の方(YUさん)に協力をしていただき、その実践者の立場から実績公開もしてきました。

こうして9年にもわたる実績公開や、本ブログでの情報発信のクオリティが話題となって、「まを式アフィリ」はかなり多くの人に金銭的成功をお届けできています。

質問者のイメージ画像 「それは凄いね。」

ええ。・・・ハッキリ言えば「運」で稼げる人っているんですよ。でも私は違います!私は「まを式アフィリ」というノウハウを駆使して、長期安定的に稼ぎ続けているんです。

もちろん「今」この瞬間も。

そのノウハウを私は秘密にすることなく、このブログで公開しているんですから、大きな話題になるのは当然だと思っています。

矢印 「まを式アフィリ講座」はこちらから!

実績公開を今年から一新します!

今回もバッチリ解説します!

ただ、もう5年以上前から言っていることなんですが、証拠画像をあまりに多く掲載してきたことで、サーバーが容量的にもう限界をとっくに超えているような状態。

最近はブログ更新に凄く時間がかかりますし、不具合が頻発するようにもなってきています。

ブログに入れているテーマが古いことも原因の1つなのは分かっているんですが、テーマを最新版に更新するにも色々な部分でカスタマイズをしていることもあって、かなり難しいというのが本音です。

・・・で、そんな中、今年はコアウェブバイタル(Core Web Vitals)が検索エンジンのランキング要素として追加されることが決まっています。

実は、これが大きな問題なんですよ。(汗)

質問者のイメージ画像「コア・・・何それ?」

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)は、WEBサイトにおけるユーザー体験の指標です。

「LCP・FID・CLS」という3つを数値化しており、値が少ないほどいいという感じ。

  • ページの表示速度の指標「LCP」
  • ブラウザの反応速度を示す指標「FID」
  • レイアウトの“ずれ”を示す指標「CLS」

簡単に言えば、あなたのWEBページを見ようとしたユーザーがどれだけ快適に閲覧できるかを数値化して、これを検索ランキングに組み込んでいくということですね。

今後は数字とデータを駆使した実績報告で「超リアルな情報」を提供!

さて、もうお分かりの方もいるかもしれませんが、ハッキリ言うと「このブログ」(まを式アフィリのブログ)は、あまりにも実績画像が多すぎるのと、テーマの古さが大きな要因で、このコアウェブバイタルの指標で大きな問題が生じているんです。

色々と対策は取ってみたものの、やはりサーチコンソール上では「改善が必要」という表示が出続けたままの状態。

まあ・・・5年以上前からお伝えしていた「心配」がまさに目の前に差し掛かってしまったので、今後は画像数を大幅に節約しなければなりません。

そこで一番の問題となるのが実績記事。私のブログで圧倒的に多いのは、実績記事で掲載している証拠画像ですからね。(汗)

よって、今回を最後にして、今後の実績公開の記事では証拠画像を掲載せずに、数字とデータを主とした報告に切り替えさせていただこうと思います。

質問者のイメージ画像 「まあ、これは仕方ないよね。」

ええ。これまで9年間の実績画像を公開し、ブログを公開してからは6年間もの間、ずっと実績と証拠画像を掲載し続けたことによって、「まを式アフィリ」が圧倒的に稼げることは、すでに周知の事実となっています。

それに2020年度においては、YUさんの実績公開によって、「まを式アフィリ」実践者側のリアルな収益も公開することができました。

なので、数字とデータを駆使した報告でも、今までと同じく「超リアルな情報」を提供できることは確実なんですよ。

より具体的なノウハウをお届けします!

なお、私やYUさんが今も変わらず大きく稼いでいることを証明してから、数字とデータの実績公開に移ることで、「あなた」を含めた読者様も納得していただけると思い、あえて前回は私の証拠画像を含めた実績のご報告させていただいた次第です。

本来は、もっともっと色々な証拠画像の掲載をしたいんですが、この公式ブログは「新しい読者様」が期待と夢を持って訪れる場所。検索エンジンに掲載されなくなってしまうのは本末転倒ですから、ここで決断いたしました。

もちろん、会員サイトなど他の場所では、色々と掲載するかもしれません。しかしながら、この公式ブログでは「数字・データ」の実績を元にして、今後の実績公開を行わせていただきます。

なお、実績の画像を出さないようにするって実はマイナスじゃありません。すごく大きなメリットが1つあるんですよ。

質問者のイメージ画像 「どういうこと?」

・・・当然ながらネタバレに係わる実績画像って、これまでも公開していませんでしたよね?

しかしながら、数字だけの実績報告ならば、そうした部分の深いところまで、この誌面で情報提供できるようになるのは確実なんです。

だからこそ、今後はよりセンシティブなノウハウを、ブログで公開することが可能になってくると思います。

質問者のイメージ画像 「それは期待できるね!」

はい。せっかく変えるなら、このブログを今より「もっと読者様にとって素晴らしいコンテンツ」にしたいんです!

だからこそ、実績画像の掲載を控える分、今後は「より具体的なノウハウ」を、数字やデータからリアルにお届けしようと考えています。ぜひご期待くださいね!

あなたに大成功してもらうことを第一に考えて

圧倒的に稼ごう!

最後に。

実は最後まで悩んでいたのは、過去実績を消去して、常に新しい実績をここで掲載していけばどうか?・・・ということでした。

でも、これをやると、今までやってきたことを「消し去る」ことになるんですよね。

「まを式アフィリ」の名をメジャーにし、多くの人の支持を得た理由は、今まで9年間ず~っと実績掲載を積み重ねて、しかも最新の情報をマジメにお届けしてきたから。

そして、その歴史は過去の実績記事を見れば一目瞭然となっています。

この歴史って、9年間ず~っと私が稼ぎ続けてきた「積み重ねた事実」があるからこそ実現したことなんです。

お分かりでしょうか?

この「積み重ねた事実」って、たとえ誰かが「1億円出してもいいから欲しい!」って思っても、絶対に入手することができない「私だけの財産」なんですよ。

そんな「超貴重」な財産を捨てて、新しい実績だけを公開したとすれば・・・今まで私が積み重ねてきた「リアルな成功実績」までも、全部捨ててしまうことになります。

afbで新たにゼロから「まを式アフィリ」をスタートさせ、アッサリと月792,030円という実績を叩き出したり、世間のアフィリエイターが悲惨な状況の中で独占的に稼いでいる証拠を出したり、1つの優良案件で驚くべき実績を叩き出している実例を公開したり。

まだまだ色々とありますが、こうした大成功の実績は、1つ1つがド派手な成功実例であり、あなたが稼ぐための大ヒントにもなっているので、その点においても消すことが絶対にムリな超濃い情報となっています。

質問者のイメージ画像 「確かに、これは絶対残しておかなきゃダメだね!」

はい。もちろん今後もこうした記事を書き続けることをお約束いたしますが、この歴史こそが「まを式アフィリ」なんですよ。

こうして成功し、私は3億円以上(実際は4億超えているかもしれません)を稼いだんですから、これは「あなた」を含めたユーザーにとって、絶対に必要な情報だと思います。

それに、圧倒的な実績証拠を9年分も掲載してきた人間なんて、多分私だけでしょう。その意味でも「この事実」を消すのは、私が完全引退するか死ぬ時と心に決めています。それ以外にはありえません。

「まを式アフィリ」で大成功を実現されてください

なお、今回決断した「今後の実績公開」の方法ですが、詳細を決定し次第、改めて説明させていただく予定です。(今回書いたことが“ほぼ全てですが)

今後は画像を掲載しない分、もっと核心に踏み込む内容を中心として「リアルな収益ポイント」を、より具体的にご説明できるように頑張ろうと思います。

ただ、そうは言っても毎月の報告は面倒ですし、YUさんにも負担がかかるので、3か月に1回程度の報告にさせていただくつもりです。その点はご了承ください。

YUさんも画像提供の負担がなく、3か月に1度程度「実績をヒアリングするだけ」であれば、今までよりも格段に負担は少なくなりますしね!

2021年は、まさに勝負の年。この「まを式アフィリ」で多くの人を成功に導こうと思っています。

また、そのための仕組みも色々と考えていますので、ぜひこのブログにご注目くださいませ!

ではまた!

  • follow us in feedly

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ